実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上(理想300億円以上)、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説! ★特集:企業育成資金、PPPを理解した筆者が日本企業の力でスリランカ経済支援するブログ【自由で開かれたインド太平洋構想】

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

天体に宿る精神が、國體護持につながるといえる。

天体に宿る精神が、國體護持につながるといえる。

気付きが有りました。日本の國體護持がなぜ、思うようにできていないのか?それは、國體護持を祈る力、すなわち、太陽神とのコンタクトが足らないということに気付きました。

これは、マニアックな世界の話ですが、興味のない人は、無視してください。太陽信仰、月信仰、北辰信仰(北極星)など星に対して信仰することが世界中で行われています。日本は太陽神ということになります。皇帝というのは、北辰信仰(北極星)ということになります。つまり、皇帝学というのは、北辰信仰の精神が関係しており、北極星はまったく地球から見て北側でブレないで存在していることから、ブレない存在、不動の存在になるということで、皇帝(エンペラー)ということになります。

星の特徴はさておき、星にも生きているという概念が理解できるでしょうか?人間も生命が宿っていますが、宇宙に存在するすべてのものに魂が宿っているという概念があります。つまり、地球にも、太陽にも、月にも、北極星にも魂が宿っているということになります。星も活動がなくなれば、星が死んだという事を言います。地球や太陽は、星が動いています。また、地殻変動なども起こっており明らかに新陳代謝が起こっています。つまり、これは、巨大な生き物であると言えるのです。

星には、次元があると言われています。高次元意識と言われる世界ですが、星によって高次元のレベルが違いが有り、地球より高い高次元であるのが、太陽と言う説明をする人もいます。つまり、太陽は常に地球の表皮を照らし、地球を育てているのです。それによって、人は育てられると考えられます。つまり、太陽との以心伝心をすることによって、太陽からのメッセージを受け取り、太陽神(太陽から高次元エネルギー)による導きを得られると考えられます。

この案件の成約件数を増やすには、常に頭の中、心のなかで太陽をイメージして、自らの目指す目標について心で話しかけると、太陽神が答えを導いてくれるのではないでしょうか?

そんなインスピレーションがありました。悩めば、太陽を心のどこかにイメージして心で囁くと効果があるかと思います。東からのパワー、すなわち、朝日を見て、太陽と一体介した精神で願えば、難しい難題であっても太陽の高次元意識によって、クリアーでくるのではないでしょうか?信じるも信じないもあなたん次第です。試してみてください。