実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上(理想300億円以上)、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説! ★特集:企業育成資金、PPPを理解した筆者が日本企業の力でスリランカ経済支援するブログ【自由で開かれたインド太平洋構想】

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

未来予言から考察するこれからの世界を考える。

未来予言から考察するこれからの世界を考える。

予言書「日月神示」の情報↓

ja.wikipedia.org

 

企業育成資金について金融的側面から説明をしてきましたが、最近、日本の神話レベルから検証しています。

やはり、この企業育成資金は、現実的な話を言えば、米国が日本の平和維持活動費用から天皇家に任命された資金者が日本の条件を満たした個人に企業育成資金の名称で巨額資金を提供するという案件になります。これは、国家の建設をするための民間財源として提供されます。

すなわち国家の建設をするという意味では、この資金は、國體護持をおこなうための財源と言えます。

國體護持をする財源を民間の選ばれし経営者が受け取るには、やはり、神レベルから見れば、表で見える企業人とうよりも、御霊レベルで言えば、神のレベルで、國體護持を依頼出来る人物であるかという選択があるのかということに気付きがありました。つまり、その選択をしている神は、國體護持を守る神である「国常立尊」であるということになります。

国常立尊が認めた御霊の持ち主が初めて、この國體護持をするための財源を手にして国家の建設(国造り)に参加できるという理解をすれば、神話と照合がとれます。

その未来を予見した予言書が「日月神示」といわれる予言書であり、その予言書の中で、神々が大洗濯をするという記載があります。世界中の国が日本に攻めてくる。という文面がありますが、それは、今の日銀の低金利により、欧米の中央銀行がインフレ防止対策のために金利を上げていることで、欧米の債券市場は、低金利である日本円から資金調達をして、外国の債券を買い支えているといえます。

この予見について言えば、世界は、日本を頼って攻めてくるということになります。実は、日本政府の一般会計は赤字がひどいですが、これは、国内借金であるので、さほど問題ではありません。一番の日本の強みは、対外資産や債権国として、世界で一番の金貸し国で、その部分だけ見れば、世界の王者であると言えます。

さて、それらのことを踏まえて、北から攻めてくるなどの記述が有りましたが、たしかに、その予言書は、国際金融の情勢をみて、安全保障の関係などを見ていると、なんだか、理解できてくることがあります。北から攻めてくることが世界の終わりの始まり、つまり、北とは、日本の北側にある国、朝鮮、ロシア、中国と今の状況を見れば、日本の北側からせめてこらられる可能性は、非常に高いと言えます。何らかのきっかけがあれば、大混乱のきっかけが来るのが見えています。

つまり、これは、武力だけの戦いではないということを書いています。御霊磨きをしてください。と、その予言書で書いています。御霊磨きができないと大洗濯が始まる、すなわち、洗濯=選択ということになり、選ばれしもの以外は生きていけない時代になるということになります。つまり、経済崩壊が行われ、政府が崩壊すれば、食えないものがたくさん出てきます。つまり、政府補助によって生きている人は、多くいます。生活保護などをかんげても数百万人、老人介護などの費用も、40兆円を超える負担を政府が行われているので、いざ政府が混乱すれば、機能しなくなると、食えない人は、非常に多く出てくることになり、大混乱の時代になります。(食糧難)

つまり、それを解決するのは、すべて「お金のしくみ」ということになります。

日本が世界から助けを求められる国になるということが可能なのが、日本の平和維持活動資金である企業育成資金の平和活動支援ということになります。

つまり、国家の危機、世界の危機を支援できる財源を有しているのは、日本の平和維持活動資金である「企業育成資金」=天皇からの資金 ということになります。

これは、國體護持をする資金となります。よって、國體護持は、国常立尊であり、国常立尊が選択しているといえます。

また、この財源、國體護持の資金は、世界を救済することが出来る財源ですから、日本が世界の中心として、地軸がひっくり返るような状態が起こり、ポールシフト、経済の軸が日本を中心になるということが言えます。

つまり、日本が今行っていることは、日本には、平和維持活動をする財源は、実は、日本の國體護持(国造り)をする財源を遥かに超えて、世界の国造りをすることができる資金となり、地球護持へとレベルアップするということになります。

つまり、地軸が回るような出来事が起こるという記載を見て、ポールシフトが起こり、1000メートル級の津波が来るのではと解釈している人が居ますが、筆者は、この企業育成資金の仕組みと現在の状況を見ると、この話がぴったりとフィットすると感じています。

日本の國體護持の神である国常立尊は、世界の国造りを支援する神として君臨して、日本の天岩戸開きは、日本が世界を支える国造りを支援する国家として世界の基軸を変えることが出来る仕組みがある。

ただ、このことについては、御霊磨きができていない魂の持ち主では、国常立尊により弾かれて、國體護持する財源を動かすことができない。つまり、企業育成資金が動かすことができなければ、大変なことになるが、御霊磨きができ、国常立尊が認めれば、國體護持をする財源が大きく動くようになり、日本だけでなく、世界を救済することになり、世界の国造りを支援することになるという意味になります。

そのように解釈すれば、「日月神示」による読解の意味が通じると筆者は、感じています。多分、この仮説、間違っていないと思います。

 

「企業育成資金とPPP」についての勉強会の案内

福岡県福岡市 博多駅セミナー会場で開催 参加者募集中

 

開催日時 2022年9月28日 (水曜日) 

午後2時開場(早い目に入室はできません)

午後2時10分からセミナー開始

午後4時 終了

セミナー講師 MSA総合研究所  代表

参加費用 無料

募集人数 12名(定員)

開催場所 博多駅から徒歩5分

名称 :お気軽会議室 ウーブル博多7

住所 :福岡市博多区博多駅前3丁目10―2 ウーブル博多 708

https://goo.gl/maps/QHai9MvZHX8tuRcVA 

申込みフォーム ↓↓↓ 下記のフォームから申し込みください。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=dbd55b6e57a55554