実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上(理想300億円以上)、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説! ★特集:企業育成資金、PPPを理解した筆者が日本企業の力でスリランカ経済支援するブログ【自由で開かれたインド太平洋構想】

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

国造りに参加するには、神の許可がいる?

国造りに参加するには、神の許可がいる?

企業育成資金について、グループを作って勉強会をしていますが、なかなかこの案件をクリアーするのが難しいということになります。確かに、國體護持を真剣に考えて、日本の平和維持活動費から選ばれた日本の経済人に資金提供する案件ですが、本来ならば、国家のため、国造りのために資金を活用しますという経営者が出てきていいのですが、特に大企業経営者は、そのようなスタンスの人物が非常に少ないと言えます。確かに、信用されていないので、この案件に関わる事態が怖いと思われていますが、怖がっていれば、国家を守る、国造りができません。

やはり、御霊修行ということになります。

日月神示」で予言されいるように、御霊磨きをしなければ、大変なことになるということを予言しています。大洗濯ということは、御霊磨きをしている人、御霊磨きをしていない人と別れ、人が選択されます。つまり、神の目から見て生き残れる人、生き残れない人というのが、確実に分かれる時代が到来するということになります。

地球レベルから考えたときに、この資金の仕組みは、日本の国造りだけでなく、世界全体を支援できるだけの財源をもっていることになりますので、日本人が御霊磨きをしてこの資金を日本の国家のため、世界のためと活用しようと考えたときに、ある意味、これが、日本が大きく変わる「天岩戸開き」になると考えます。

世界が日本に助けを求めて攻めてくる(やってくる)ということになり、日本は世界に対して資金を開放するのです。それをコントロールしているのが、国常立尊ということではないかと考えています。

八咫烏というのは、金のあるところに案内する仕事をしますが、八咫烏の案内だけでは、最後の金を出していいかの審査は神レベルから見たときに、国常立尊が認めて初めて資金が動くと言えると思います。これは、天皇との関係性が強い資金でもありますので、国造りをする神は、天皇の祖ということになります。
つまり、天皇の祖の神 国常立尊に認められた御霊にのみ、国造りが許されるということになると言うことを考えれば、国家安泰にするには、天皇の祖に認められる御霊であることが重要になります。

それができて、国造り参加できると言えます。