【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

いまから起こるスリランカの最大の危機は、政府が総解雇の時代へ無政府状態に近づく危険性が高まっています。

いまから起こるスリランカの最大の危機は、政府が総解雇の時代へ無政府状態に近づく危険性が高まっています。

スリランカは、デフォルトをして経済が大変ということが世界的に知られていますが、大変だという情報が入ってきています。筆者が文部省の特命全権大使として、日本企業とスリランカをつなぎ、スリランカの再建を依頼されています。その中で、文部省は、スリランカ全国の学校を管轄しているのですが、今スリランカでは、政府の資金不足の結果、建国以来、授業料無料化政策を取っていましたが、財源不足が理由に有料化を目指すということ、それと、学校の職員は、公務員として仕事をしていましたが、職員、教員も民営化をするということの計画を発表したところ、労働組合が2つあるのですが、労働組合の大反発があり、大変な事態になっています。

つまり、スリランカにとって最大の危機は、これから訪れるということになります。スリランカは、今年の7月に破綻をして、前大統領が国外逃亡をして、その後、後任の大統領がIMFに救済を求めて、居ますが、なかなか厳しい状況であり、日本が中心になり、スリランカの債権問題を解決するようにオーダーがあります。中国依存をしていたスリランカ前政権から変わり、日本との関係強化をして、なんとか、解決したいところです。

ただ、問題は一時的な支援は、各国、破綻をした瞬間は、してくれましたが、実は本当の問題は、これからです。文部省の財源も年内の給料を支払えば、もうまったく財源がなくなり、全国の学校が破綻するという事になりかねないということで、文部省のリーダーは、協議をしています。その結果、もう民営化をする以外無いということで、スリランカ独立後、無償教育を行っていた制度を完全に廃止をして有償化、同時に学校は独立採算で行う民営化をするということで議会を通しました。そのことに対して、大反対が起こっているのが、2つある教職員組合という具合であり、まさに、日本が国鉄民営化したときの反対運動と似たようなことが起こってきているということです。

これは、日本では報道されれない事件ですが、スリランカでもメディアでもこのことが取り上げられ始めて、かなりの混乱が起き始めているということです。
日本からの援助も求められるのですが、スリランカ全土で起こっている問題を解決するとなれば、かなり難しい問題といえます。

スリランカ政府もこのような状況になれば、外国からの援助も求めにくいことは理解しているために、スリランカは、このまま行けば、来年度は、政府財源がなく、政府が解散しかねないという状況です。

政府破綻があったからと言っても、一時しのぎの救済は、多少の資金は、日本も送りました。その他、インドや、パキスタンにクレジット・ラインを借りて、資金の借り入れレを起こしてなんとか維持してきましたが、7月から数ヶ月で完全のその資金も底をつきます。

つまり、来年度は、政府破綻をして、政府職員がほぼ全員解雇という状況になりかねないということが起こっています。

なかなか恐ろしいくらい難しい問題に直面しています。

最終手段は、筆者が提案している企業育成資金から人道的支援をしなければ、日本の恩人であるスリランカは、大変なことになります。ある意味、今の時期にスリランカに投資することは、ビジネスチャンスはあります。人は、一番困ったときに誰が支援をしてくれたか忘れないです。また、日本が一番困ったときに、日本を救ったのは、サンフランシスコ講和条約の際の、スリランカ大統領の演説により、対日賠償責任の放棄がされました。その意味を理解して、日本人我愛のある対応ができるかどうか?神が試しているのかと思って思っています。

この状況を救う事ができれば、日本は愛があるということになります。もし、それができなければ、日本は、これから難しい時代に突入することになるという分かれ道ではないかと思っています。

 

msa.tokyo

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。