【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

PPPとは、「保健衛生」「教育問題」というのが、重要事項です。

PPPとは、「保健衛生」「教育問題」というのが、重要事項です。

筆者はなぜスリランカとの事業を書いているかを説明します。PPP(プライベート プレイスメント プログラム)は、本来、社会の困ったところに対して資金を活用するための制度になります。

これは、毎年年始に英國、米国で募集されるPPPを見ていても、社会貢献事業ということは、⇒保健衛生、教育問題 ということが重要視される案件になります。


つまり、PPPというのは、人類が生活していく上で一番重要な事柄である「生活環境の改善」⇒「保健衛生」
となり、人間の人格形成⇒「教育問題」

ということになります。

筆者は、スリランカの問題を解決するということは、「保健衛生分野」「教育問題分野」の問題解決をするという点では、これは、PPPが求めている世界ということになります。

企業育成資金の色合いは、産業育成がメインですが、基本は米国や英国が行っているPPPと同じ制度といえます。
よって、世界的に言えば、「保健衛生」「教育問題」ということの解決のためにこの資金を活用することは、理想的といえます。

つまり、筆者は、PPPの制度の活用ということで、このスリランカの問題をブログで書いていますが、いずれ、努力を継続すれば、なにか結果になると思っています。

つまり、PPPを活用する手段を持っているので、条件にあわせて資金調達はPPPから可能であるので、それを実行するだけの話です。

本ブログの読者は、PPPや企業育成資金について学びましたが、そのことを知って、自身が何を実践すれば良いのか?まだ、何も決めていない人が多いと思います。まずは、行動して言語を発することで、何かが生まれます。アクションが重要です。千里の道も一歩から

 

msa.tokyo

Flag Counter