【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

「PPP」を最大限二活用する時代の到来・PPP(割引債)を用いて民間財源を確保して、PPP(官民パートナーシップ:Public Private Partnership)による公共投資をする時代へ

「PPP」を最大限二活用する時代の到来・PPP(割引債)を用いて民間財源を確保して、PPP(官民パートナーシップ:Public Private Partnership)による公共投資をする時代へ

これからの時代は、国家運営は、PPP(官民パートナーシップ:Public Private Partnership)による公共事業がこれから重要になります。

税金や、国債に頼る国家運営では限界が来ますので、公共事業は、PP(官民パートナーシップ)による財源確保が重要になります。

ここで重要なのが、PPP(割引債)による財源確保(免税、免責、免訴、返還不要資金)についてですが、この財源は、民間の個人を対象(東証プライム資本金100億円以上、銀行、信金の預金高3000億円以上)に資金を提供することができる仕組みです。

今、日本の地方自治体などでも今後、5年で自治体破綻が起きそうな地方都市は多数あると言われています。一例を言えば、京都市の財政は、非常に厳しい状況にあるということは言われていますが、その問題を解決する方法も、ちょっと頭を仕えば、簡単に解決することができます。

これは、国家予算外資金と言われる財源(PPP)(割引債)より資金を民間企業の代表者個人が資金を受け取り、地方自治体と官民パートナーシップ(PPP)として事業を行えば、資金調達が容易に可能になります。

米国でも今後、政府財政が厳しいということで、PPP(官民パートナーシップ)による資金調達が言われていますが、日本でも同様のことが言えます。

つまり、金融における(割引債)PPPによる収益モデルは、もともと米国からスタートした制度であります。1930年代のニューディール政策において、PPPによる民間投資が活用され、公共事業を行ったということです。

つまり、究極に財政危機になったときには、PPPの制度をつかって、民間財源を動かし、そして、公共投資するために官民パートナーシップのモデルを用いて、国家の再建を行うというモデルを形成することが重要だと言えます。

特に、地方都市は、このようなモデルを用いて地方都市の公共事業への投資をして、国家の再建事業を行うことが、これからの日本に求められることです。

地方の企業や、地方の金融機関で、PPP(割引債)から資金調達できる企業代表者の名義を使って、資金を調達し、その後、官民パートナーシップ(PPP)による公共事業投資を行うという流れを作ることが重要であり、この必要性を説くことが、今後の課題と言えます。

民間も普通に行えば、収益性の悪い公共事業投資に積極的になることはありませんが、PPP(割引債)における金融案件で資金調達した財源からPPP(官民パートナーシップ)としての事業を展開するのであれば、投資リスクは、ゼロであり、大きな財源が確保出来るということになります。

此のようなスキームについての説明をすれば、非常にスムーズにこの案件を実行できると考えています。

 

msa.tokyo

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。