実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!短期国債★日本国内のPPP全般情報 ★自由で開かれたインド太平洋構想★世界共通通貨・貿易決済を変えるデジタル米国債通貨(DBN)の世界★毎月給料のように給付がある小口PPPの仕組み(発展途上国でブーム)欧州発・ベイシックインカムの世界★MSA総合研究所

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

「PPP」を最大限二活用する時代の到来・PPP(割引債)を用いて民間財源を確保して、PPP(官民パートナーシップ:Public Private Partnership)による公共投資をする時代へ

「PPP」を最大限二活用する時代の到来・PPP(割引債)を用いて民間財源を確保して、PPP(官民パートナーシップ:Public Private Partnership)による公共投資をする時代へ

これからの時代は、国家運営は、PPP(官民パートナーシップ:Public Private Partnership)による公共事業がこれから重要になります。

税金や、国債に頼る国家運営では限界が来ますので、公共事業は、PP(官民パートナーシップ)による財源確保が重要になります。

ここで重要なのが、PPP(割引債)による財源確保(免税、免責、免訴、返還不要資金)についてですが、この財源は、民間の個人を対象(東証プライム資本金100億円以上、銀行、信金の預金高3000億円以上)に資金を提供することができる仕組みです。

今、日本の地方自治体などでも今後、5年で自治体破綻が起きそうな地方都市は多数あると言われています。一例を言えば、京都市の財政は、非常に厳しい状況にあるということは言われていますが、その問題を解決する方法も、ちょっと頭を仕えば、簡単に解決することができます。

これは、国家予算外資金と言われる財源(PPP)(割引債)より資金を民間企業の代表者個人が資金を受け取り、地方自治体と官民パートナーシップ(PPP)として事業を行えば、資金調達が容易に可能になります。

米国でも今後、政府財政が厳しいということで、PPP(官民パートナーシップ)による資金調達が言われていますが、日本でも同様のことが言えます。

つまり、金融における(割引債)PPPによる収益モデルは、もともと米国からスタートした制度であります。1930年代のニューディール政策において、PPPによる民間投資が活用され、公共事業を行ったということです。

つまり、究極に財政危機になったときには、PPPの制度をつかって、民間財源を動かし、そして、公共投資するために官民パートナーシップのモデルを用いて、国家の再建を行うというモデルを形成することが重要だと言えます。

特に、地方都市は、このようなモデルを用いて地方都市の公共事業への投資をして、国家の再建事業を行うことが、これからの日本に求められることです。

地方の企業や、地方の金融機関で、PPP(割引債)から資金調達できる企業代表者の名義を使って、資金を調達し、その後、官民パートナーシップ(PPP)による公共事業投資を行うという流れを作ることが重要であり、この必要性を説くことが、今後の課題と言えます。

民間も普通に行えば、収益性の悪い公共事業投資に積極的になることはありませんが、PPP(割引債)における金融案件で資金調達した財源からPPP(官民パートナーシップ)としての事業を展開するのであれば、投資リスクは、ゼロであり、大きな財源が確保出来るということになります。

此のようなスキームについての説明をすれば、非常にスムーズにこの案件を実行できると考えています。

 

msa.tokyo