実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!短期国債★日本国内のPPP全般情報 ★自由で開かれたインド太平洋構想★世界共通通貨・貿易決済を変えるデジタル米国債通貨(DBN)の世界★毎月給料のように給付がある小口PPPの仕組み(発展途上国でブーム)欧州発・ベイシックインカムの世界★MSA総合研究所

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

円高、円安と相場が荒れているが、金融市場のスピードに、一般企業の取引がついていけない。天皇制資本主義社会におけるPPPを理解して、企業力の強化をすることです。

円高、円安と相場が荒れているが、金融市場のスピードに、一般企業の取引がついていけない。天皇制資本主義社会におけるPPPを理解して、企業力の強化をすることです。



さて、急激に円安になったかと思えば、また、一昨日は、一気に1ドルで7円も円高になったというニュースが流れていました。1日の為替の変化にしては、これだけ動けば、流石に、普通の貿易業を行っている製造業などは、予想が出来ないということが言えます。

 

円安になった理由は、大量に日本から円を調達して、ドルやユーロに両替して、外国の債券を購入する費用にしたことが原因していますので、日本円の調達も、短期調達ですから、1年以内に返済するという短期ローンによりその場しのぎをした取引での円安だったとことを考えれば、円相場は、また、返済時期になると、一気に円高になると考えられます。また円安になるという意見もありますが、実は、日本より危ないのが、ドルやユーロの債券処理の問題ということになります。

 

さて、金融の話はともかく、このような変動が激しい金融市場に振り回されていれば、普通の商売を行っている企業は、たまりません。



つまり、こんなときこそ、現金資産をもつことが重要です。

 

そこで、出てくるのが、天皇制資本主義社会ということを説明していますが、企業育成資金の名称で行われているPPP、すなわち、天皇制資本主義社会の頂点の金融システムによって、現金資産の獲得をすることが重要になります。天皇制資本主義社会では、天皇家に任命された資金者が、天皇家に関する財源をベースにPPPをすることで、企業経営者個人に巨額な資金を提供されます。しかも、借金でなく、現金資産です。ローンでは有りません。



そこの財源を活用して、このような厳しい為替変動で商売が危ういときは、乗り切りましょう



さて、こんな場合は、どうして会社を救済するか?

簡単です。

 

この資金は、代表者個人に資金が提供されますので、この現金資産を現金担保として銀行から資金を融資を受ければ良いのです。銀行も現金担保があれば、資金の貸し出しについて難しいことをいうことは有りません。

 

つまり、経営英危機になった大企業を救済する方法は、一番簡単な方法は、天皇制資本主義社会の頂点のシステムよるPPP(企業育成資金)により、大企業経営者は、現金を調達して、その現金担保として、銀行から自社を救済するための資金の借り入れをすれば、銀行も経営が厳しい企業であっても、保証人、担保があれば、貸出可能ということになります。

 

銀行というのは、クレジット・ライン(信用枠)の設定をする際に、一番効果があるのが、現金ということになります。

 

つまり、天皇制資本主義社会の頂点であるPPP⇒企業育成資金を活用することは、厳しい経営館許可で苦しむ企業の資金繰りを救済する方法として現金担保を入手する手段となります。

 

とくに、上場企業の場合は、直接、企業育成資金=PPPから調達した資金を会社の会計にいれることが出来ませんので、会社へは、銀行からの資金の貸付ということで長期ローンを組めばよく、その際に現金担保として銀行に資金を預金しておくことで、銀行も安心して、資金を貸し出す事ができ、最終的に、資金が返せない場合には、その資金を銀行に差し出せば問題解決します。

 

日本には、天皇制資本主義社会の仕組みによるPPP(企業育成資金)があるために、本来は、日本の東証プライム企業、銀行、信用金庫、基幹産業企業であれば、倒産したり、買収される問題が発生しないのですが、皆、ローンでない資金PPPについての理解をしていないことで、結果、資本主義社会で資金不足なったということで、弱者となり、買収されていくのです。

 

つまり、日本は、天皇制資本主義社会であって、日本の大企業は、天皇制資本主義によって、PPPが行われて、資金提供されるために、本来、日本の基準を満たした大企業は、絶対に資金不足になることが有りません。

 

日本の社会システムは、天皇制資本主義社会です。天皇家の本来持っていた資産からクレジット・ラインを使ってPPPを行うことで、無限大の資金を提供できる仕組みがあるのです。

 

この仕組をもっていて、なぜ、外資に負けるのか、日本人は、日本国の本当の仕組み、「天皇制資本主義社会」について理解をしていません。このことが問題であると言えます。




********************************

日本政策戦略フォーラム会場」 参加者募集中!

定員 32名

〒101-0032 東京都千代田区岩本町3丁目11−7 滝上ビル3F西側

https://goo.gl/maps/hDeNCaSUZh95bMpt8 案内地図

日時 2022年11月14日(月曜日) 

午後7時から午後9時(2時間)(開場 午後6時50分)時間厳守でお越しください。

参加費用 無料

筆記用具、名刺・持参

主催 日本政策戦略フォーラム  日本私募プログラム研究会 代表(本ブログ筆者)

◎PPP(民間財源)を活用してPPP(官民パートナーシップ)事業を行い地方創生、公共事業投資、海外支援を行うスキームについてのフォーラム 2つのPPPを活用する日本の政策戦略フォーラムを開催します。

 

※【アクセス】秋葉原駅4番出口から徒歩2分!秋葉原駅からすぐの神田川沿い、分かりやすく便利な立地!

申込フォーム ↓↓↓↓

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

 

感染対策のためにマスク着用でお願いします。

 

日本私募プログラム研究会|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086