実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!短期国債★日本国内のPPP全般情報 ★自由で開かれたインド太平洋構想★世界共通通貨・貿易決済を変えるデジタル米国債通貨(DBN)の世界★毎月給料のように給付がある小口PPPの仕組み(発展途上国でブーム)欧州発・ベイシックインカムの世界★MSA総合研究所

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

天皇制資本主義社会についての構造を理解することが、日本の国造りである。

天皇制資本主義社会についての構造を理解することが、日本の国造りである。

 

3つの言葉を理解してください。

1,天皇制資本主義社会

2,2つのPPP

3,ローンのない世界へ

 

この3つの意味がわかれば、これからの時代の流れがどうなるか?世界的な変化がどうなっていくかを理解できます。



資本主義社会は、ピラミッド構造であるというのは、みなさんがご存知のとおりです。日本は、第二次世界大戦で敗戦したことで、天皇家は、象徴天皇となり、直接的に政治経済に影響を与えることを行わなくなりました。ただ、天皇家が任命する資金者(資金本部)は、天皇家にかわって、資本主義社会の頂点として資金の分配を行っています。

 

このことを理解してください。

 

日本における資本主義というのは、「天皇制資本主義社会」であるということになります。また、PPPというのは、これは、FRB,IMF、WBなど国際的金融機関が関与して行う資金の生み出す仕組みであり、この仕組と特権である制度、免税、免責、免訴を付与して返還不要の資金を提供できるのは、天皇家によって任命された資金者のみができる制度ということになります。



日本における金融頂点であり、特権金融制度の頂点は、天皇制資本主義社会によって成り立っています。このことを日本の経済界のリーダーは知る必要があります。経済界のリーダーが、天皇家が任命された組織が、資本主義社会の頂点である制度を行っているということを知らなければ、日本の経済は成り立たないのは当たり前です。



日本の経済衰退の理由は、天皇制というのは、象徴ということだけで、政治と経済に本当に影響を与えていないと信じている間違った認識を持っているからです。

 

表では何もしないというだけであり、実際には、天皇家に任命された組織である「資金本部」が日本の経済の根幹である通貨流通量を調整する仕組みを提供していると言えます。これが、筆者が説明している「企業育成資金」の制度ということになります。

 

現在、日本はG7国であるために、G7の通貨コントロールをする制度が、FEB,IMF,WBが関与するPPPの制度ということになりますので、米国が管理していますが、日本円に対するコントロールしているのは、天皇家が任命した資金本部が、日本円の通貨コントロール、通貨流通量を増やす制度を行っています。

 

これは、学校では習わないことですから、知らないのは当然かと思いますが、経済界のリーターが帝王学を学んでいないことが、日本経済の没落を招いています。

 

経済というのは、何百年も変わっておらず、ピラミッド構造における経済システムであり、一箇所の通貨発行権、通貨流通量をコントロールする組織(資金本部)によって制御されているということを知るべきです。

 

日本は、天皇制資本主義社会であり、天皇を頂点として資本主義社会が成り立っているということは、今も昔も変わっていないといえます。ただ、象徴天皇として表の仕事と天皇家によって任命された組織(裏)で支える仕組みがあるということを知るべきです。

 

どんな世界でも、陰と陽があります。つまり、表と裏、表裏一体になることで、物事は丸く収まるということが言えます。

 

今の日本人のリーダーの多くは、表の世界だけが全てだと思っている人が多いのではと思います。つまり、経営者リーダーに向けての帝王学を学ばす場が無くなったことが、日本の没落を招いているのでしょう。

 

これは、国家の存続にとって大問題であります。

 

日本は、天皇制資本主義社会によって成り立ち、国家の繁栄は、天皇制資本主義社会の社会構造を理解して、その制度を活用して、国家の繁栄を築かなければ日本国の未来への発展は無いと言えます。まさに、今筆者が伝えていることは、帝王学の基本である、本当の経済構造について説明しているのです。

 

つまり、

 

天皇制資本主義社会と2つのPPP, そしてローンのない社会へ

 

ということが、これからの国造りで重要なことです。




********************************

日本政策戦略フォーラム会場」 参加者募集中!

定員 32名

〒101-0032 東京都千代田区岩本町3丁目11−7 滝上ビル3F西側

https://goo.gl/maps/hDeNCaSUZh95bMpt8 案内地図

日時 2022年11月14日(月曜日)

午後7時から午後9時(2時間)(開場 午後6時50分)時間厳守でお越しください。

参加費用 無料

筆記用具、名刺・持参

主催 日本政策戦略フォーラム  日本私募プログラム研究会 代表(本ブログ筆者)

◎PPP(民間財源)を活用してPPP(官民パートナーシップ)事業を行い地方創生、公共事業投資、海外支援を行うスキームについてのフォーラム 2つのPPPを活用する日本の政策戦略フォーラムを開催します。

 

※【アクセス】秋葉原駅4番出口から徒歩2分!秋葉原駅からすぐの神田川沿い、分かりやすく便利な立地!

申込フォーム ↓↓↓↓

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

 

感染対策のためにマスク着用でお願いします。

 

日本私募プログラム研究会|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086