実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!短期国債★日本国内のPPP全般情報 ★自由で開かれたインド太平洋構想★世界共通通貨・貿易決済を変えるデジタル米国債通貨(DBN)の世界★毎月給料のように給付がある小口PPPの仕組み(発展途上国でブーム)欧州発・ベイシックインカムの世界★MSA総合研究所

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

帝王学として学ぶ「天皇制資本主義社会と2つのPPP,ローン(借金)のない世界へ」

 

帝王学として学ぶ「天皇制資本主義社会と2つのPPP,ローン(借金)のない世界へ」




企業育成資金とPPPの仕組みということでのセミナーは、終了しましたので、今後の勉強会方針について、筆者としては、自問自答していますが、

 

テーマは、決まりました。

 

帝王学として学ぶ天皇制資本主義社会とは」

 

ということになります。

 

日本のリーダーが、帝王学を学び、

 

日本は、「天皇制資本主義社会」によって成り立っているということを知らなければ正直、今の日本のあらゆる問題の解決方法が見つかりません。

 

天皇制資本主義社会です。

 

天皇制資本主義社会を動かす制度が、 2つのPPPであります。

 

2つのPPPの一つは、企業育成資金としてのPPP,それと官民パートナーシップとしてのPPPです。

 

最後は、世の中を作るのは、借金ではない。ローン(借金)のない世界へ  これは、2つのPPP)によって実現できることです。

 

すなわち、国造りにおいて、ローン、国債による借金を作り、国造りをすることは間違いであります。つまり、ローンのない世界へ、民間と政府とが協力をすれば、2つのPPPを利用すれば、政府は、借金など必要ありません。つまり、この制度を理解するには、天皇制資本主義社会の構造を理解することが、日本のリーダーに必要な帝王学ということになります。