実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!短期国債★日本国内のPPP全般情報 ★自由で開かれたインド太平洋構想★世界共通通貨・貿易決済を変えるデジタル米国債通貨(DBN)の世界★毎月給料のように給付がある小口PPPの仕組み(発展途上国でブーム)欧州発・ベイシックインカムの世界★MSA総合研究所

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

裏と表の表裏一体の世界が国家を支え、同時に、共存共栄の精神が、苦しみの解放につながる。

裏と表の表裏一体の世界が国家を支え、同時に、共存共栄の精神が、苦しみの解放につながる。

 

社会認識として、日本の社会構造は、「天皇制資本主義社会」であるということを理解することで、すべてのことが理解出来るようになります。

 

多くの国民が天皇は象徴であり、政治や経済には関与されないということイメージされていますが、実際には、天皇家が任命した資金者が率いる資金本部が表の天皇に代わって、裏天皇として経済支援を行っているということが理解できれば、日本国の本当の資本主義の構造、「天皇制資本主義社会」としての日本のシステムが理解出来るようになります。

 

つまり、日本の通貨発行権である仕組み「企業育成資金」の名称で行われている資金提供案件は、天皇家の任命組織、裏天皇組織によって行われている日本国への経済支援活動として捉えると、この仕組みが理解できると思います。

 

つまり、日本国は、表の天皇は、象徴として政治経済には、関与しなくなりましたが、天皇家が裏天皇として表の天皇家に代わって、日本の経済支援を行っている仕組みが、「天皇制資本主義社会」といえます。

 

これは、今もなお、天皇家が国家を支える財源を提供していると言うことになります。ただ、国際金融に関して言えば、日米同盟によって、行われている制度でありますので、FRBIMF、WBが関係するPPPの仕組みによる資金導入ということになります。

 

金融的仕組みは制度については、本ブロブでは、過去に相当説明してきていますので、今書いているブログで語ることはしませんが、金融の仕組みを考えるよりも、どのような体制で行っているかということを論じれば、これは、まぎれもなく天皇家が任命した組織「裏天皇」による経済支援の仕組みといえます。

 

表の天皇が法的は、象徴天皇になりましたが、天皇家が任命することで、裏天皇が日本の経済を支援しているということを知ると、今もなお、日本の社会システムは、「天皇制資本主義社会」ということになり、この制度を最大限に動かすことが国家の繁栄をもたらす制度であると理解出来ます。

 

もう一度言います。天皇家によって任命された裏天皇による経済支援する仕組みが、「天皇制資本主義社会」であり、資本主義経済のピラミッド構造の頂点が、天皇であるということになります。

 

つまり、天皇家が国家を今もなお日本国全体の経済支援を行うことが出来る制度をもって

日本国を守っているということを国民は、忘れてはいけません。特に、経済人として日本のリーダーは、そのことを知らないことが大きな問題となっています。帝王学として知識

 

日本経済は、日本円によって成り立っています。日本円に関する経済システムの頂点が天皇家であり、表の天皇家は象徴であるために、政治経済には関与することが日本が敗戦後、できなくなったことで、天皇家によって、任命された裏天皇によって、日本円によって形成されている日本経済のピラミッド構造の頂点として、日本経済を支援する制度を行っています。



筆者は、企業育成資金の制度というのは、どう説明すれば理解できるのかということをよく自問自答していますが、これは、表と裏の天皇ということを知らなければ、説明がつかない制度ということになります。

 

日本が敗戦したことで、表の天皇が法律的に政治経済について、関与できない制度になっていますので、表の天皇家が出来ない仕事を、天皇家が任命することで、経済支援をする裏天皇は、日本円を通して行う経済システムのピラミッド構造の頂点として、日本国を支援するモデルを提供しているということになります。



ここまで説明すれば、イメージ出来ると思われますが、表裏一体となり、天皇家は、日本国を支援しているのです。

 

この基本的なことを知れば、筆者が説明する「天皇制資本主義社会」について理解ができます。日本は、天皇家がなければ、経済も成り立たないということになります。

 

今、日本は天皇制資本主義社会の構造を理解していないことで、国債や、地方債などの借金に頼る国家運営になっています。天皇制資本主義社会の構造を理解すれば、日本国は、財政法第4条で、国の借金経営を禁止している意味が理解できます。日本国は、借金経営しなくても、天皇制資本主義社会における制度を最大限利用すれば、借金などしない国家運営が十分に出来るわけです。

 

この仕組について、国民も行政も立法も理解していないことで、国民生活を苦しい方向に向かわせているといえます。米国では、ローンのない世界へという動きが明確化しており、今後、日本も明確に、ローンに頼らない社会への転換を行っていくと考えられます。

 

ただ、それを実現する過程には、2つのPPPとJV(ジョイントベンチャー)による共存共栄の社会を作る意識が必要になります。

 

競争原理よりも分配社会への人の心の転換ということが重要になります。

筆者は、これから行うことは、

 

天皇制資本主義社会」において、「2つのPPPとJV」によって、ローンのない世界を形成する。

 

ということが、テーマになります。

これを実現するには、競争社会から共存共栄精神を持つことで、富の分配社会が成り立ち、地上の楽園としての人類は次世代に行けるということになります。

 

日本私募プログラム研究会|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086