実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!短期国債★日本国内のPPP全般情報 ★自由で開かれたインド太平洋構想★世界共通通貨・貿易決済を変えるデジタル米国債通貨(DBN)の世界★毎月給料のように給付がある小口PPPの仕組み(発展途上国でブーム)欧州発・ベイシックインカムの世界★MSA総合研究所

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

欧州から始まる世界救済システム PPPによるローンのない世界へ

 

欧州から始まる世界救済システム PPPによるローンのない世界へ



PPPプログラムには、世界にはいろいろプログラムが存在します。

 

日本でのプログラムは、企業育成資金、割引株、割引ゴールドなどの案件があります。

 

筆者は、日本私募プログラム研究会としては、世界のPPPについて研究しています。特に、筆者が注目しているのが、一般の個人でも参加できるPPPに近いプログラムが存在しています。これは、ユーロにベック(固定)した形で行われるプログラムということになります。年間500%以上の運用益を実現したモデルであると言えます。

 

しかも、このモデルは、数十万円から数億円までのプログラムが用意されています。

 

結論から言えば、多額のクレジット・ラインをもったファンドがあれば、欧州には、参加できるプラットフォームが多くあるので、ユーロにベック(固定された)小口PPPが存在します。

 

ある意味、欧州の金融のPPPシステムは、生活保障をする運用システムといえます。

 

当方としては、大口の案件である、「企業育成資金」「割引株」「割引金」の案件から、欧州市場で行われている小口PPPについてもいろいろ学習する場を提供しています。

 

また、国家レベルで救済するモデルも存在していますので、まさに、世界はPPPの概念によって、ローンのない世界が、欧州市場を中心に動き出しています。

 

ある意味、マネタリーシステムの大変革期が起こっています。その事実を知ってください。

 

PPPによるローンのない世界へ、世界救済システムが作動を開始しています。欧州からその流れが、始まっています。