実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!短期国債★日本国内のPPP全般情報 ★自由で開かれたインド太平洋構想★世界共通通貨・貿易決済を変えるデジタル米国債通貨(DBN)の世界★毎月給料のように給付がある小口PPPの仕組み(発展途上国でブーム)欧州発・ベイシックインカムの世界★MSA総合研究所

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

世界的マネタリーシステムの変革は、欧州市場のMTN PPP市場から起きる。

世界的マネタリーシステムの変革は、欧州市場のMTN PPP市場から起きる。

 

PPPシステムによるローンのない世界へと、人類は、長年の金融システムから新しいシステムに乗り換えていきます。

 

その流れは、欧州を中心にスタートをしてそれが、全世界に広がろうとしています。つまり、銀行ローンをして、資金を調達するのでなく、資金は、PPPシステムにより生み出され、その資金を分配することで、人類の生活防衛をするという流れになっていきます。

 

また、世界は、ユーロ、ドルという世界の2大通貨の交換レートが、ユーロ:米ドル=1.1:1から、ユーロが下落して、

 

ユーロ:米ドル=1:1 になってきています。

 

つまり、これは、欧米における通貨レートが固定化される傾向であり、これからの時代は、ユーロとドルにベックされた金融世界が生まれると考えられます。

 

世界の貿易取引で、ユーロとドルでの取引額は、世界全体の80%以上であることを考えれば、ユーロとドルでベック(固定)されるということは、これは、世界通貨ということになります。

 

つまり、日本人が生きる上で、ユーロと米ドルでのレートでの収益を上げることは、世界で生きていけるということが言えます。逆に言えば、ユーロと米ドルの世界以外では、世界共通通貨の概念から外れて行けば、日本の優位性がなくなる可能性があります。

 

筆者は、PPPの世界を研究していると、気付いたことがありました。これは、PPPの世界、つまり、ローンのない世界は、ユーロと米ドルの世界では、実現されてきていますが、それ以外の通貨では、その現実からは程遠い世界があると言えます。

 

日本には、PPPの制度としては、「企業育成資金」の制度がありますが、現実問題を言えば、活用件数が少なく、欧米のユーロ、米ドルにおけるPPPの取引量が非常に多く日本円は、極小であることを考えれば、日本人がPPPの世界に気づかなければ、日本の復活はありえないといえます。

 

よって、日本の一般の大口のPPPの世界に関係ない人たちの行き方は、これは、欧米の小口のPPPの世界を理解して、欧米で行われているPPPシステムを理解する必要があります。それでなければ、これから起きる大掛かりな「マネタリーシステム」の大転換期に日本人が生き抜くことが出来ない可能性が出てきています。

 

マスターカードのCEOが今年のダボス会議で、これから5年後の世界へというインタビューで、「中央銀行システムの消滅」を予見して、そのことが話題になり、最終的には、炎上する結果になったために、その火消しをしていたというニュースが流れていました。

 

つまり、ダボス会議というのは、今後起こる世界を見極める世界のトップの経済人のための会議であるので、その世界で話し合われていることは、世界の5年後、10年後の世界であると言えます。

 

欧米では、すでに中央銀行システムは、旧来の仕組みであり、世界は、PPPによるローンのない世界へ移行してきています。つまり、ファンドとしてクレジット・ラインを用意することで、PPPによって、大きな資金調達が可能であるのが、欧州市場におけるMTN市場といえます。この市場について理解しなければ、結論、これだけ社会が厳しい中で、多くの人々が商売をだけで経済を回す仕組みは、限界に達しており、クレジットが資金を生み出す世界が、これからの時代にとって重要であると言えます。

 

つまり、PPPによるローンのない世界です。いまだ、従来型の金融システムであるローンをベースに資金調達をすることを考える世界で生きていけば、必ず、苦しみの増大でしか無いことが言えます。

 

筆者は、欧米におけるPPPシステム、従来ある銀行システムが今後5年以内に消滅する可能性があるとなれば、欧米では商売できない銀行は、欧米市場以外の世界で銀行システムによるローンの世界を強化すると言えます。ある意味、PPPの仕組みを知っている人と知らない人では、天国と地獄という時代が到来します。

 

つまり、そのことを予見する出来事が、世界規模でおこっていることを筆者は、理解しています。つまり、世界的クレジットカード会社のCEOがダボス会議で言ったこと、「5年以内に中央銀行システムは、存在しない」これは、銀行システムによる数百年の歴史が変わるということと同じ意味を伝えています。つまり、世界規模の人類救済システムであるPPPが大いに作動して世界金融システムを変えるということが言えます。

 

このことを理解することが、それぞれの人が、自らの世界を守る上で重要な知識といえます。