実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!短期国債★日本国内のPPP全般情報 ★自由で開かれたインド太平洋構想★世界共通通貨・貿易決済を変えるデジタル米国債通貨(DBN)の世界★毎月給料のように給付がある小口PPPの仕組み(発展途上国でブーム)欧州発・ベイシックインカムの世界★MSA総合研究所

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

世界共通プラットフォームのマネタリーシステムは、米国債、欧州国債を使ったボンドマネーの流通革命が世界を変えます。

世界共通プラットフォームのマネタリーシステムは、米国債、欧州国債を使ったボンドマネーの流通革命が世界を変えます。

 

(連絡事項)

来週の月曜日は勉強会は、お休みになります。

 

年末になりましたので、筆者も忙しいということで、時間の余裕があれば勉強会を行いますが、一応、次回開催の日程については、今のところ未定ということになります。

企業育成資金についての勉強会ですが、高度な金融についての勉強になりますので、実際には、企業育成資金については、そこまで知らなくても、筆者に連絡いただければ対応します。

******

 

また、PPPの世界というのは、米国債、欧州国債、日本国債などの短期割引債の転売を行うモデルで収益を得るようになっています。その世界的な組織の日本アジア地区のアンバサダーに就任しました。これは、筆者も思っても見ない光栄なことです。企業育成資金は、日本の短期国債が基本になりますが、筆者が関係するのは、米国債です。

 

米国債では、世界的な支援モデル国家の支援モデルも存在します。筆者がブログで書いていることは、これからの時代、世界は米国債は、負債としての意味でなく、これからは、途上国を救うモデルとして、新しい通貨システムがスタートします。筆者は、G20以外の国というのは、通貨システム面で優遇がありません。それを補うシステムが、米国債を担保にして米国債を通貨として使うデジタル通貨システムがこれから作動していきます。

 

デジタル通貨革命とは、政府債券をベースにして資金を作るモデルということになります。このモデルを実現するには、世界ファンドであるゴールドファンドに国債を売却して、政府と民間は資金調達をして、売却された政府国債をもとに、新しい形でのセントラルバンクによって、政府債券(米国債)を裏付けにした1ドル=1ドル債券マネー(ボンドマネー)をは発行することで通貨流通量を増やします。

 

同時に、米国債G20以外の発展途上国の通貨を米ドルの債券マネー(ボンドマネー)にベック(固定レート)させることで、発展途上国では問題になる外貨不足による貿易が出来ないという問題を解消します。つまり、世界中が同じプラットフォームでの決済システムが作動することになります。これは、デジタル通貨革命によってこれから行われていくことです。

 

これは、自由貿易の拡大は、世界中に広がるシステムは、出来上がっていると言えます。そのプレスリリースされる日は、近い将来あるでしょう。これから言えることは、国レベル、地域レベルの通貨も存在しますが、世界共通通貨のプラットフォームも存在するということが言えます。一つの例は、クレジットカードですが、これは、どの国でも自由に使えます。つまり、デジタル通貨革命というのは、どの国でいても、一つのセントラルバンクで通貨を共通通貨をコントロールして、支払いの際は、共通通貨か、もしくは、地域通貨に両替して支払う仕組みがあれば、世界共通の決済システムが成り立ちます。

 

世界共通のプラットフォームは、米国債、欧州国債をベースとした共通プラットフォームで発行される債券マネー(ボンドマネー)になります。

筆者は、その世界的組織のアンバサダーということになります。よって、途上国を救済するための貿易決済をするマネタリーシステムの導入を支援することができます。