【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

欧州のプライベートファンドがなぜ高い収益が得れるスキームが存在できるのか?PPPの仕組みが世界を変える。これがベーシックインカムの基本形になる。

欧州のプライベートファンドがなぜ高い収益が得れるスキームが存在できるのか?PPPの仕組みが世界を変える。これがベーシックインカムの基本形になる。

 

一般的に日本は超低金利国家ですから、利回りのいい商品というと、そんな商品は存在しないということで話を終わらせますが、PPPの世界というのは、1年間資金を動かさない(ブロック)しておくことで、その資金をもとに運用する仕組みがあります。

 

欧州では、現金があり、Swift MT799か、Swift MT760を欧州の大手銀行で発行することができれば、MTN市場において、割引債のトレードで高い収益をえることができるプロの証券市場があります。PPPの世界は、トレーダーに対して、現金をもったファンドがクレジット・ラインをリースすることで、得る収益ということになります。

 

トレーダーは、金融商品の売り先が確定した時点で、仕入れを行い、即、転売します。仕入れ値と、卸値の中間差益をクレジット・ラインを貸し出したファンドオーナーとトレーダーとが収益を分けるモデルが、PPPにおける収益モデルということになります。

 

つまり、資金面でクレジット・ラインを貸し出すことで、銀行保証(BG バンクギャランティー)を獲得うすることで、トレーダーは、大きな資金を銀行から常に融資を受けられるようにします。PPPトレーダーは、商品に対して、売り先を探し、高値で買ってくれるバイヤーが見つかれば、即刻、仕入れを起こして、転売します。

つまり、リスクがないという所以は、金融商品を割引の仕入れ情報をもって、それよりも高い値段で購入してくれる顧客が見つかって購買約束をしてから転売ですから、リスクがなくなります。売り先が見つからないままでんの仕入れは起こさないというのが原則ですから、大きなクレジット・ラインをもったファンドオーナーは、PPPトレーダーと繋がりがあれば、常に大きな収益を上げることが出来ます。

 

つまり、PPPの世界は、割引金融商品、割引債などを割引で仕入れて、転売する、転売モデルがPPPトレーダーのビジネスモデルということになります。



このことは、過去のブログでも説明していますが、クレジット・ライン(信用枠)をリースすることが、PPPにおける収益を得る仕組みということになります。

 

このような取引で収益を得ているファンドに対して、小口で取引に参加することができれば、高い収益を小口でも得ることができるという理論が理解できますか?

 

欧州でプライベートで行っているファンドで大きな収益モデルを提供している場合、その場合には、何らかのPPPに関する案件で収益を得ていると考えるのが普通です。

 

欧州のプライベートバンクなどが高い収益率で運用してくれるという話を噂では聞くことがありますが、実際にはどのようにして利益を出しているのか?という疑問に思う場合があります。その疑問の回答は、PPPを主催しているプラットフォームという存在があり、プラットフォームが高い収益性のある取引を行っていると言えます。

 

ということで、大きなファンドに小口で参加できれば、PPPの恩恵が得れるという意味が理解できたでしょうか?

 

インターネットを通じてシステムを使えば、世界の金融ビジネスに参加できる時代です。つまり、インターネットを活用して地球の裏側まで情報を収集して、ビジネスを考えられるのは金融の世界です。本人が足を運ぶことなく、欧州との特殊金融の世界で取引ができる便利な時代になりました。つまり、お金の世界は、すでに国境なくボーダレスな時代になっていると言えます。筆者は、本ブログの読者で、コンピューターが扱える人に対して、小口でのPPPの世界という説明をします。これは、1日一組のみの勉強会です。無料参加ですが、持参してほしいものは、

パソコン、スマートフォン、パスポート、運転免許証、住所確認ができる公共料金の支払い伝票が必要になります。

 

これを持参してください。 PPPの世界への案内をします。小口ですから、数十万円からスタートできるスキームです。

 

↓ 下の申込み方法から連絡ください



**********************

【イベント案内】 筆者が中心となりゼミの講師をします。

誰でも参加できる年金・給料みたいな欧州PPPプラットフォーム 勉強会「誰も教えないお金の大学校 個別ゼミ」参加者募集 随時開催中 参加費用無料 3時間程度 

募集人数 1日 1組3人まで (ノートパソコン、スマートフォン、パスポートと運転免許証(住所確認できるもの)をご持参ください) ※パソコンとスマートフォンの使い方を教えます。※仲介者募集でなく、実際に参加したいという方対象です。

数十万からスタートできます。500%以上期待できます。

場所 東京都港区麻布十番大江戸線南北線麻布十番駅最寄り駅)詳細の場所は、申込時に連絡します。

興味のある方は、メールでご連絡ください。  

msasouken@gmail.com  TEL 050−5339−6105

**********************

MSA総合研究所が取り扱っているPPPについては

※大口の案件 (通年募集をしています。各クラブにご案内します) 

1,企業育成資金、(東証プライム100億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円 代表権者)(国内案件)

2,割引株、(国内案件)30億

3,割引ゴールドブリッジ取引、(400Kg)(国内案件)

*****************************

【国際支援プログラム 対象 世界のすべての国家】

デジタル米国債通貨(DBN)の財団より、世界各国の米ドルによる国債決済の支援を行うスキームあり、人道的支援にUS10Bの寄付プログラム (各国の政府首長との契約)米ドルが不足していることで輸出入取引で外貨不足で苦労している国家は、ご相談ください。これは、政府の首長(大統領、首相との契約)になります。

 

msa.tokyo

Flag Counter