【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

日本の防衛費拡大は、安全保障費の財源不足が原因している。

日本の防衛費拡大は、安全保障費の財源不足が原因している。安全保障費といえば、第三の財源である企業育成資金から捻出する財源のことである。

 

日本も安全保障費が不足しているので、それを補うための増税が話されるようになった。筆者が以前から説明するように、企業育成資金の仕組みというのは、これは、安全保障における財源としての意味もありますので、この案件を信じない大企業経営者が増えたことで、結果、国民の経済的負担が必要になってきています。

 

企業育成資金は、短期国債を発行して、民間の大企業経営者の名義を借りて、ブリジッジ取引を行い米軍の安全保障ファンドに国債を買い取ってもらうことで、資金が民間と政府に生み出すことができるスキームになっています。

 

割引短期国債のトレードということになります。

 

筆者は言いたいことは、結論、天皇家の任命した裏天皇(資金者)が行っている企業育成資金の案件(割引の短期国債のブリッジ取引)について、基準を満たした大企業経営者がこの制度を理解していないことで、国家の弱体化と国民の負担増につなっています。

 

今のままでは完全にアウトだと思います。日本人の大企業経営者で基準を満たした人物は、そのことを知って、国家のために貢献する意思をもっていただけなければ、これから防衛費の負担はますまず増大していき、結論、国債の償還も進まないことから、国民の負担増が大きくなり、日本国は、資金を生み出す仕組みがあるが、国民が貧困になるという結果を生み出しています。

 

そのことを理解しなければ、日本国にとって良いことはないでしょう。

 

企業育成資金の申請は、暦通りおこなっておりますので、ご相談ください。筆者が対応いたします。

 

**********************

【イベント案内】 筆者が中心となりゼミの講師をします。

誰でも参加できる年金・給料みたいな欧州PPPプラットフォーム 勉強会「誰も教えないお金の大学校 個別ゼミ」参加者募集 随時開催中 参加費用無料 3時間程度 

募集人数 1日 1組3人まで (ノートパソコン、スマートフォン、パスポートと運転免許証(住所確認できるもの)をご持参ください) ※パソコンとスマートフォンの使い方を教えます。※仲介者募集でなく、実際に参加したいという方対象です。

数十万からスタートできます。500%以上期待できます。

場所 東京都港区麻布十番大江戸線南北線麻布十番駅最寄り駅)詳細の場所は、申込時に連絡します。

興味のある方は、メールでご連絡ください。  

msasouken@gmail.com  TEL 050−5339−6105

**********************

MSA総合研究所が取り扱っているPPPについては

※大口の案件 (通年募集をしています。各クラブにご案内します) 

1,企業育成資金、(東証プライム100億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円 代表権者)(国内案件)

2,割引株、(国内案件)30億

3,割引ゴールドブリッジ取引、(400Kg)(国内案件)

*****************************

Flag Counter