【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

湾岸戦争時の財源確保の方法を検討する⇒政府が解決したのでなく、企業育成資金のスキームが解決した。まさに、裏天皇スキームの平和維持活動資金の獲得方法である。

湾岸戦争時の財源確保の方法を検討する⇒政府が解決したのでなく、企業育成資金のスキームが解決した。まさに、裏天皇スキームの平和維持活動資金の獲得方法である。

 

防衛費の増大について、湾岸戦争時の危機を参考にして、増税を検討するということを政府は話していますが、実際を言えば、湾岸戦争の危機を救ったのは、企業育成資金のスキームをつかった平和維持活動資金の調達が出来たことが、90年代前半の財源確保になったことは、業界では知られている事実である。

 

ただ、この世界は、一般的には公開されることはありませんので、平和維持活動費についての資金の捻出方法に対しての公的回答は絶対にありませんので、新聞などで公表されることはありませんが、この短期割引債という制度は、国家を救済する仕組みといえます。

 

つまり、日本には天皇家があり、天皇家に任命された裏天皇(資金者)が手続きすることで、東証プライム、銀行、信用金庫の代表権者の名義を借り、クレジット・ラインを設定して、短期割引債を復興財源である基金に売却するスキームによって資金調達することが可能になります。

 

さて、このことが、重要になります。

 

つまり、しっかりこの制度を理解しない限り、湾岸戦争のときのように、平和維持活動の財源確保がうまくいきません。筆者が話していることは、これは、もう待ったなしの状況になっているわけです。

 

問題解決は、筆者に相談してください。その問題の解決先は、提示できます。

 

msa.tokyo

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。