【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

湾岸戦争時の財源確保の方法を検討する⇒政府が解決したのでなく、企業育成資金のスキームが解決した。まさに、裏天皇スキームの平和維持活動資金の獲得方法である。

湾岸戦争時の財源確保の方法を検討する⇒政府が解決したのでなく、企業育成資金のスキームが解決した。まさに、裏天皇スキームの平和維持活動資金の獲得方法である。

 

防衛費の増大について、湾岸戦争時の危機を参考にして、増税を検討するということを政府は話していますが、実際を言えば、湾岸戦争の危機を救ったのは、企業育成資金のスキームをつかった平和維持活動資金の調達が出来たことが、90年代前半の財源確保になったことは、業界では知られている事実である。

 

ただ、この世界は、一般的には公開されることはありませんので、平和維持活動費についての資金の捻出方法に対しての公的回答は絶対にありませんので、新聞などで公表されることはありませんが、この短期割引債という制度は、国家を救済する仕組みといえます。

 

つまり、日本には天皇家があり、天皇家に任命された裏天皇(資金者)が手続きすることで、東証プライム、銀行、信用金庫の代表権者の名義を借り、クレジット・ラインを設定して、短期割引債を復興財源である基金に売却するスキームによって資金調達することが可能になります。

 

さて、このことが、重要になります。

 

つまり、しっかりこの制度を理解しない限り、湾岸戦争のときのように、平和維持活動の財源確保がうまくいきません。筆者が話していることは、これは、もう待ったなしの状況になっているわけです。

 

問題解決は、筆者に相談してください。その問題の解決先は、提示できます。

 

msa.tokyo

Flag Counter