【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

小口の PPP についての概念について少し話をします

さて今日は小口の PPP についての話をしたいと思います。

これはヨーロッパのスイスのプラットホームが行なっている案件では当ブログの直接筆者の友人の方向けに紹介しているプログラムです。

 

ppp ですからこれは必ず友人からの紹介という風な Friendship をもって行う仕組みになっています。

 

つまり PPP というのは基本的にはクラブ活動だと思ってください。

 

クラブメンバーは紹介者がいて初めてなれるというのが PPP の仕組みです。

ゴルフの会員制クラブや高級会員制クラブのように紹介者がいなければ入会できないというのが TPP におけるプラットフォームへの入口です。

 

つまりこの仕組みもスイスのプライベートバンク及び PPP の運用システムをドッキングしたような形で行われております。

 

実質の運用利回りは時期によって違うのですが現時点においては相当高い利回りでまわっています。

ヨーロッパで行なっておりますのでユーロを基準にして行われる仕組みです。

 

実質利回りということを考えれば400%から500%以上という風なことになります。

これは特にトレードと必要でなく1年間ブロックファンドとして資金を凍結しておいておくだけの話です。

ですからこの案件に関してはトレードがうまいとかへたとかっていうような技術的で運用結果が大きく変わるというふうな問題ではありません。

 

素人さんでもメンバーになり資金を1年間凍結しブロックファンドとして保管し1年後に凍結された資金をまた再度運用するために凍結すれば継続して高い水準での運用益をキャッシュバックできる仕組みになっています。

 

基本的には運用用の財源に関してはブロックファンドにしたものはこれは完全に戻ってきます。

これは再投資の財源として活用することはできます。

一部運用に参加するためのエントリー費用がありますがこれはキャッシュバックされませんのでその点は注意は必要です。

 

基本的にはこのプログラムに参加することによって月に1回30日ごとに運用益のキャッシュバックがされますのでこれは毎月の給料とか毎月の年金保険金のようなイメージで資金を受け取ることができます。すなわちこのようなプラットフォームに参加するかしないかというだけの話ですが多少の自己資本を必要になりますがある意味このような仕組みは欧州のプライベートバンク的な概念及び PPP に置けるブロックファンドという概念が基本的に大きく関係しています。

 

ではこのような仕組みは一般的にはありませんが海外では日本人が知らないようなクレジットを利用した資金調達モデルが存在するということを理解すればこの恩恵を受けるということは非常にメリットがあります。

 

つまり多くの日本人は汗水垂らして働きましょうお金は努力しなければ入らないというような概念が非常に強いのですが欧州で言うクレジットを利用した資金の作り方というものを理解すれば。

一定の大きなブロックファンドが存在すれば資金が調達する仕組みというのが特殊企業中では多数存在するということがわかります。

 

この仕組みはグローバルメンバーとしてエントリーはできますが必ずメンバーからの紹介がなければこの仕組みには入ることはできません。

 

すがり今後の人生におけるあなたが豊かに暮らせるかどうかというのはあなたはどのような収益モデルを持ったクラブに加盟するかということによって自分の人生が大きく変わるということが言えます。

 

日本人であれば日本人のカテゴリーで生きていくというのも一つの方法ですがお金を稼ぐ資金を運用するという世界を言えばこれは日本でなければいけない理由は何もなくグローバリズム中で行われていることに参入することによってあなたがメンバーシップになることによって世界的な金融システムの恩恵を受けることができるといえます。

 

仕事柄、常に欧米との金融関係の人とのお付き合いがございますので色々と PPP に関する事やクレジットにおける資金調達に関することなどを関係して行なっていますので色々欧州からの情報が入ってきます。

厳密に言えばこのようなクレジットを利用した資金調達という世界は欧州市場が非常に発展していると言えます米国でも当然ありますが断然欧州市場の方がマーケットとしては大きな市場としてクレジットにおける資金調達の仕組みというのは行われています。

ブロックファンドやクレジットというものを活用して資金調達ができるまたは収益を得ることができると言う世界を知ることは本ブログを読んでいる読者にとって非常に有益な情報となります。

 

********************

 

【イベント案内】 筆者が中心となりゼミの講師をします。

 

誰でも参加できる年金・給料みたいな欧州PPPプラットフォーム 勉強会「誰も教えないお金の大学校 個別ゼミ」参加者募集 随時開催中 参加費用無料 3時間程度 

 

募集人数 1日 1組3人まで (ノートパソコン、スマートフォン、パスポートと運転免許証(住所確認できるもの)をご持参ください) ※パソコンとスマートフォンの使い方を教えます。※仲介者募集でなく、実際に参加したいという方対象です。

 

数十万からスタートできます。500%以上期待できます。

 

場所 東京都港区麻布十番大江戸線南北線麻布十番駅最寄り駅)詳細の場所は、申込時に連絡します。

 

興味のある方は、メールでご連絡ください。  

 

msasouken@gmail.com TEL 03-6820-0086

 

**********************

 

MSA総合研究所が取り扱っているPPPについては

 

※大口の案件 (通年募集をしています。各クラブにご案内します) 

 

1,企業育成資金、(東証プライム100億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円 代表権者)(国内案件)

 

2,割引株、(国内案件)30億

 

3,割引ゴールドブリッジ取引、(400Kg)(国内案件)

 

*****************************

 

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 

 

 

Flag Counter