【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

時代の変革期 10年先は存在していない産業が続出する。先行投資は、企業育成資金の活用を!

時代の変革期 10年先は存在していない産業が続出する。先行投資は、企業育成資金の活用を!

 

さて、これから10年間で起こることといえば、自動車産業では、化石燃料を使う自動車がなくなり、電気自動車化に世界が100%向かうのと同時に、デジタル通貨が普及することで、銀行がなくなるというインパクトが起こります。

 

このような出来事は、産業革命的な大きな変革な時代に突入していると言えます。現在は、大企業で世界的企業であっても、10年後には、その企業の業態が存在していないということもこれから起こりうる可能性があります。

 

前もブログで書きましたが、カセットテープやレコードがデジタル記憶媒体ができたことで、消えてしまったのと同じで、ブロックチェーン技術とDeFiといわれる分散型金融という世界が発展することで、従来の金融システムである銀行ネットワーク、Swiftによる送金などが必要なくなり、すべてが、銀行を介在することなくブロックチェーンによる送金が可能になれば、銀行業務の決済システムが必要なくなります。デジタル通貨の場合、現金の保管など必要なくなるために、窓口のある銀行業務など必要なくなり、いづれ、現金をみることなどなくなる世の中になるということが起こってもおかしくない時代が到来します。

 

通貨は、デジタル上の数字だけの話になり、そして、世界の金融の概念は大きく変わる可能性があります。また、通貨システムは、今までは銀行は、なにかの担保がなければ、資金を作らないという時代でしたが、中央銀行システムが時代とともに変化して、我々の業界的にいえば、第二次世界大戦前から存在していた、ロイヤル、王族の資産マネー(ゴールドファンド)が動き出し、短期国債を持って政府国債を購入することで支援することで、世界経済を牽引するようになると、その際には、大変革が起こります。

 

つまり、ロイヤルマネー(ゴールドファンド)による資金が、世界の国債を支援する中央銀行システムを行うことになります。つまり、これは、通貨システムにおける大改革が起こると言えます。

 

つまり、ロイヤルマネー(ゴールドファンド)が動き出せば、通貨流通量は、無限大に増やすことができると言えます。つまり、ローンをすることで資金を流通させる仕組みからろ0んのない社会へとしての転換期を迎えることになります。

 

このような世界的なマネタリーシステムの変革期と、産業革命的な産業構造の変革期が同時に起こり、これから10年間で社会システムが一気に変わり、10年一昔という言葉がありますが、まさに、10年前の今が、10年先のその時になってみれば、すべてが、過去の話のように感じられる革新的な変化があるかもしれないと言えるのです。

 

このような時代の変化に対応するには、それに対応した時代を先取りするための財源確保が必要になり、また、消えゆく産業は、今のうちに資金調達をしなければ、会社が倒産したり、縮小すれば、企業育成資金の対象外企業となり、資金調達が不可能になります。

 

これは、何を意味するのか?それは、今のうちに、もらえる資金はもらっておかなければ、何も、しなければ、時代の急激な変化や、人の考え方、生活習慣の変化に対応できなくなり、多くの産業が消滅する可能性があります。

 

それらのことを考えても、今すぐに、企業育成資金を最大限に活用することをおすすめします。正直、10年後には、今は大企業であっても、そんな企業は存在していないということは、十分にありえます。

 

これが、世界の風潮の変化の速さに、日本企業がついていけるか、リードできるかということになりますが、大改革時代に追従してリードするには、絶対的な技術革新と先行投資が重要になります。その資金、企業育成資金を活用しないで、そんな余剰資金どこにありますか?

 

これは、変換不要ですぐにもらえる資金です。しかも、資本金の100倍の資金です。

 

資本金300億円企業の代表者の場合は、手取り、3兆円の現金給付です。

 

そんな資金は、この企業育成資金以外存在しません。

しっかり、活用できるようにしてください。

 

世界的に見ても、日本以外に、企業代表者に初期投資もなく、こんな多額の資金を提供する仕組みは存在しません。これは、絶対に日本のみの仕組みです。

 

***************************

■企業育成資金とPPPについての勉強会
2023年1月23日 午後2時から午後4時

秋葉原セミナー会場にて勉強会を開催します。

内容はブログの内容に沿って話をします。

◎参加費用 無料

 

■所在地

〒1010032 東京都千代田区岩本町3-11-7 滝上ビル3F西側

https://goo.gl/maps/GjYcgWh3jCQ2

 

こちらで行います。

 

板書形式での勉強会にしますので、筆記用具を持参の上ご参加ください。

参加者における意見交換会も開催します。

満席になった場合にはご了承ください。(定員30名)

 

申込みフォームからお申し込みください。

よろしくお願いいたします。 👇👇

 

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

 

***************

 

 

秋葉原セミナー会場
***************
小口PPP、企業育成資金、その他PPPについての個別相談を随時募集しております。(無料相談実施中) 

1日一組(最大3名)(2時間程度)

場所は、東京都港区の麻布十番駅徒歩3分の筆者の事務所・会議室で行います。

予約制になりますので、事前予約お願い致します。

まずは、mailでお問い合わせください。
Email:  msasouken@gmail.com 

*************



 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。