【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

天皇制資本主義について理解を深めることが、日本経済の復活のシナリオである。

天皇制資本主義について理解を深めることが、日本経済の復活のシナリオである。

 

日本が豊かになる方法は、唯一、「天皇制資本主義」という仕組みについて理解をすることだと言えます。

天皇制資本主義という言葉は、第三の財源や国家予算外資金といわれる財源の元になる財源は、天皇家を中心とした遺産を活用して、その財源を使い国家を救済する仕組みがあるということを筆者は説明しています。

 

第二次世界大戦というのは、現在におけるマネタリーシステムを作る上で、ロイヤルや王族資産が凍結されて、新しい仕組みを作ったと言えます。しかし、凍結資産に関しても、条件を満たしたときに限り、動かすことができると決めたのが、一般的には、知られていない巨額資金が動かすルールと言えます。

 

日本では、その仕組みについては、随分謎であると言われてきましたが、本ブログではその謎について随分説明してきました。

 

それが、「天皇制資本主義」という言葉で筆者は表現しています。これは、日本以外の国でも同様の制度は存在します。つまり、ロイヤルマネーと軍部の管理の世界ということになります。それを管理をしたのが、米英の軍事的金融システムということになります。これが重要になります。世界の王族、ロイヤルの資産凍結されたものは(ゴールドファンド)、軍部の管理化における金融システムで管理されているということになります。これは、通常の銀行による管理システムとは違うものであると言えるのです。

 

巨額な資金が存在しているというと、政府に確認したがる人がいますが、こレは政府管理されていることでなく、米英の軍事的金融セクターの管理であり、平和維持活動のために条件を満たした場合に限り、資金を動かすことができる仕組みがあります。その資金の運用システムは、世銀などが関係していますが表の仕組みではなく、条件を満たした場合だけ動かすことができる(通貨を発行すること)仕組みになっています。

 

日本の場合は、基幹産業を育成する場合に限り、ロイヤルファンドから資金を生み出すことができるという仕組みがあるために、その仕組を使って通貨流通量を増やす仕組みが、「天皇制資本主義」という世界の話です。

 

資本主義というのは、ピラミッド構造であり、頂点である天皇家である資産が基幹産業の資本家に資金が分配され、そこから、労働者階級へ資金が流れていき、国民生活を豊かにするという仕組みがあると言えます。

 

この仕組みを持っているのは、世界的に見ても日本だけと言えます。日本国内にある東証プラム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の代表権のある社員といえば、1000人近い対象者が全国にいるわけです。それだけ多くの対象者に対して、常に資金を提供できるという仕組み「ロイヤルファンド」を有している国は、日本のみといえます。

 

このような資金の動かし方ということで、割引の短期国債を利用して資金を動かしているとう説明をしたことがありますが、短期国債を発行して、PPPを通じて資金を政府と民間で分ける仕組みは日本以外でも米国でも行われていますが、日本の場合、1円も自己資本を出すことなく、この案件から資金調達がすることができ、同時に、日本全国に1000人近い対象者を有している国は、世界中探しても日本のみといえます。

 

これは、ものすごく優遇されていると言えます。よって、日本は世界を救済するための財源を生み出す必要があり、その使命があります。

 

第二次世界大戦後、日本は、二度と戦争ができない国にするという米軍の考えがありました。つまり、日本国憲法においても、戦争放棄を決めているのは、そのためであり、日本の通貨コントロールは米国によって、行い同時に、戦争に使えるような天皇家のゴールドファンドは、凍結することで、米軍の管理下で、日本の基幹産業(主要産業)の代表権のある社員が資金が必要だということで、申請された場合に限り、非公開組織でありますが、そこに通じる人を経由して、資金本部に申し入れあった場合に限り資金提供すると決めたのです。

 

その制度を現在に至るまで、行っており、これから先も継続して行うということになります。

 

いずれにしろ、天皇制資本主義という金融システムが存在していることは、事実であり、継続して行われている制度でございますので、この仕組みを最大限に活用して日本経済を豊かにすることが重要です。

 

企業育成資金のブログの読者は、「天皇制資本主義」という世界を頭の中にイメージしてください。経済構造というのは、イメージすることが重要です。聞き慣れない世界の話でも、毎日、イメージしていると、天皇制資本主義というのが、非常に身近に感じてくると思います。

 

いつも、日本には天皇家がおられ、そして、天皇家の財源により、日本国が救済される仕組みがあると心のなかで思うだけで、今の日本の経済的な国難を乗り越えられると思います。つまり、そのような人々の心の思いが、実際に存在する天皇制資本主義を動かすエネルギーになるのです。今年もしっかりこの制度について説明を続けて日本国を弥栄させましょう。




**************************

■企業育成資金とPPPについての勉強会
2023年1月23日 午後2時から午後4時

秋葉原セミナー会場にて勉強会を開催します。

内容はブログの内容に沿って話をします。

◎参加費用 無料

 

■所在地

〒1010032 東京都千代田区岩本町3-11-7 滝上ビル3F西側

https://goo.gl/maps/GjYcgWh3jCQ2

 

こちらで行います。

 

板書形式での勉強会にしますので、筆記用具を持参の上ご参加ください。

参加者における意見交換会も開催します。

満席になった場合にはご了承ください。(定員30名)

 

申込みフォームからお申し込みください。

よろしくお願いいたします。 👇👇

 

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

 

***************

 

 

秋葉原セミナー会場
***************
小口PPP、企業育成資金、その他PPPについての個別相談を随時募集しております。(無料相談実施中) 

1日一組(最大3名)(2時間程度)

場所は、東京都港区の麻布十番駅徒歩3分の筆者の事務所・会議室で行います。

予約制になりますので、事前予約お願い致します。

まずは、mailでお問い合わせください。
Email:  msasouken@gmail.com 

*************

 

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。