【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

増税路線、消費税14%?という衝撃のニュース

増税路線、消費税14%?という衝撃のニュース

 

ニュースを見ていると、消費税14%に増税するというニュースが流れていた。まだ、消費税が、10%から一気に14%に増税するということですが、消費税と消費税還付の問題があります。日本から輸出する商品に関しては、消費税還付がなされて、輸出企業にとっては、還付を受けるだけで、利益が確保できる仕組みということになります。

 

これは、VAT(付加価値税)の一種になりますが、日本も増税路線ということですが、この還付制度があることで、還付制度だけで、多額の利益を得ている一部の企業があることは、否めません。輸出しているので、外貨を獲得する仕事をしているので、国家に貢献しているという発想かもしれませんが、この部分にも多くの闇が存在しているということもあります。

 

いずれにしろ、増税をして本当にその増税が国家のために資金が使われているのか?という問題もあります。それを監視するのが、国民の仕事ということになりますが、増税をすれば、消費意欲は薄れて、特に、高額商品に対する影響は大きくですことが考えられますので、増税することで、国家の財源確保になる以上に、消費が停滞することで、消費意識が落ち、市場は余計に、消極的な消費になり、経済が悪化するという悪循環になると言えます。

 

いずれにしろ、お金が足らない、お金がないということが、原因して、このような増税路線になっていますので、その問題を解決するには、資金を投入するための手段、(借金にならない資金)ということで、天皇制資本主義を徹底的に、関係者に理解してもらい、ロイヤルファンドから資金を動かすことをしなければ、本当に意味での日本の救済などできないと言えます。その事を行うのが、天皇制資本主義における「ロイヤルファンド」からの資金を提供する案件「企業育成資金」ということになります。

 

企業育成資金の仕組みについて「東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の代表権のある社員」に理解していただき、国家を救済するための財源の確保が急務になります。これは、民間の協力によって成り立つ仕組みです。

 

政府が行っていることではありません。あくまでもロイヤルファンドを管理する天皇組織、資金本部が行っている案件になりますので、政府に聞いて、企業育成資金というものが、ないから、存在しないと思わないでください。何度も言いますが、ロイヤルファンドは、天皇家の任命組織である「資金本部」によって行われている案件であり、選ばれし日本の経済界のトップ経営者は、ロイヤルファンドから資金を提供を受けることができる制度ということになります。これは、借り入れではありません。返還不要の資金として無条件で提供される資金の制度となります。

 

東証プライム企業の代表者は、資本金の100倍が目安、銀行、信用金庫の代表権のある社員は、預金高の3倍から5倍が目安になります。

 

このような大きな資金が動き、消費活動が活発に慣れば、市場は活性化するのは当然といえます。

 

増税路線を考えるのは政府の手段ですが、消費を促すための返還不要の自由な資金を手依拠するのは、ロイヤルファンドの管理者である天皇任命組織、資金本部が行っている案件ということになります。日本国は天皇家のロイヤルファンドから資金が国民に分配されることで、国家を形成するという「天皇制資本主義」が円滑にシステムが動くことで、国家が安定した発展を行うことができます。

 

*************************

■企業育成資金とPPPについての勉強会
2023年1月23日 午後2時から午後4時

秋葉原セミナー会場にて勉強会を開催します。

内容はブログの内容に沿って話をします。

◎参加費用 無料

 

■所在地

〒1010032 東京都千代田区岩本町3-11-7 滝上ビル3F西側

https://goo.gl/maps/GjYcgWh3jCQ2

 

こちらで行います。

 

板書形式での勉強会にしますので、筆記用具を持参の上ご参加ください。

参加者における意見交換会も開催します。

満席になった場合にはご了承ください。(定員30名)

 

申込みフォームからお申し込みください。

よろしくお願いいたします。 👇👇

 

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

 

***************

 

 

秋葉原セミナー会場
***************
小口PPP、企業育成資金、その他PPPについての個別相談を随時募集しております。(無料相談実施中) 

1日一組(最大3名)(2時間程度)

場所は、東京都港区の麻布十番駅徒歩3分の筆者の事務所・会議室で行います。

予約制になりますので、事前予約お願い致します。

まずは、mailでお問い合わせください。
Email:  msasouken@gmail.com 

*************

 

 

 

 

 

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。