【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

増税路線で、国民生活が苦しくなる中で、国家を救済するには、天皇家のロイヤルファンドから資金の分配を国民と政府に行うことが急務でありますので、経済界のリーダーは、この制度についてしっかり理解をしてください。

増税路線で、国民生活が苦しくなる中で、国家を救済するには、天皇家のロイヤルファンドから資金の分配を国民と政府に行うことが急務でありますので、経済界のリーダーは、この制度についてしっかり理解をしてください。

 

政府が財源不足だということで、国民から高い税収を回収しようとしています。筆者が見ていても最近の政府の方針は、これでは、日本の未来が全くだめになると感じて仕方ありません。だれがそんな方針を決めているのかわかりませんが、いずれにしろ、国家の財源が不足しているので、増税すれば良いということで、話し合われていますが、そもそも、前回の選挙をする際に、令和の所得倍増計画、新しい資本主義という話をして、政権をとったわけですから、国民が豊かになる希望ある未来を見せる政策をするのかと思えば、まったく逆行している方向性を見せていることに失望しているとしか言いようがありません。

 

日本の我慢させる政策をさせるのでなく、しっかり、市場に資金を循環させ、国民を豊かにする政策を行わなければ、正直、日本はこのまま衰退の一途をたどり、発展途上国レベルになってきているといえます。

 

つまり、この問題を解決できるのは、政治と政府後からでなく、これは、天皇制資本主義を徹底的に活用することで、財源を市場に注入することが重要になります。

 

なんども本ブログでは説明していますが、ロイヤルファンドから資金を動かす仕組みを利用することで、民間及び政府に財源を分配する仕組みです。

方法については、割引の短期国債を発行することで、民間人の名義人(東証プライムの資本金100億円以上、銀行、信用金庫の代表権のある社員)をつかい、ロイヤルファンドとブリッジ取引をすることで資金を分配することができます。

 

つまり、日本には天皇家が任命して管理している資金本部が存在し、ロイヤルファンドから民間と政府に資金を分配する仕組みが存在します。その仕組みをつかって政府および国民の所得倍増させるための財源を確保することが急務といえます。

 

これは、資金本部は資金を動かす準備は整っていますが、民間の名義人(短期国債のブリッジ取引をする)が必要になります。

 

名義人になれる条件が、日本の主要産業の経営者(代表権者個人)と限定されていますので、ロイヤルファンドには、いつでも資金を提供できる財源が確保できているのですが、名義人の協力が必要になります。

 

つまり、日本の天皇家から任命された資金本部がロイヤルファンドから資金を動かすには、日本の大企業経営者の名義が必要になります。その理由については、過去のブログで詳しく説明していますが、とにかく、東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の企業代表権者個人の名義が必要になります。

 

これは国家にとっては、通貨流通量を増やすということを目的に行われる案件でありますので、非常に厳しく情報管理されいますので、業務時代は極秘裏に行われいます。ただ、この制度について日本の経済界のリーダーが仕組みを理解しない限り、日本経済を豊かにするための財源を天皇家のロイヤルファンドから資金を分配できないという問題点があります。

 

つまり、筆者は何を言いたいのかといえば、「令和の所得倍増計画」「新しい資本主義」という国家の目標は、これを実現するには、天皇家のロイヤルファンドの資金を日本の経済界のリーダーに資金分配を行う以外方法がないと言えます。

 

この仕組みは、東証プライムの資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の代表権のある社員(個人)が、天皇家のロイヤルファンドから資金の分配を引き受けると手を上げてくれない限り、無制限に資金があっても動かせないという現実があります。

 

この財源をしっかりと動かすことで、令和の所得倍増計画につながる財源は十分に確保することができます。極端なことを言えば、対象者が日本全国に500人以上いますが、皆全員この資金を受けると申し込まれても資金を分配することができます。極端な言い方ですが、1000兆円でも1京円でも資金をだすことが可能である財源をもっているのが、天皇家のロイヤルファンドです。この資金をつねに国民と政府のために分配するように用意されています。

 

日本国はある意味、この財源があるので恵まれていますが、問題は、この恵まれた制度を活用できずに、貧困に向かっているということです。

すべての人がこの資金を受けることができる対象ではありませんが、ごく限られた方が対象でありますが、この仕組みを関係者に知っていただくことで、日本の国家の繁栄につなぐことを支援するのが、本ブログの役目でもありますので、「令和の所得倍増計画」をリアルに次実現できる方法は、天皇家のロイヤルファンドを管理している資金本部が提供する案件のみと言えます。

 

日本の救世主になる経済政策を実現できるのは、天皇家のロイヤルファンドによる資金提供される案件になりますので、是非、東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の代表権者で資金の分配をうけることができる対象者様は。名義人として資金をどんどん動かす協力をお願いします。当然、名義人になる方の銀行口座に資金が入金されますので、資金の使用用途については、自由裁量でありますので、国家の繁栄のために活用していただくことを理想としています。

 

 

*************************

■企業育成資金とPPPについての勉強会
2023年1月23日 午後2時から午後4時

秋葉原セミナー会場にて勉強会を開催します。

内容はブログの内容に沿って話をします。

◎参加費用 無料

 

■所在地

〒1010032 東京都千代田区岩本町3-11-7 滝上ビル3F西側

https://goo.gl/maps/GjYcgWh3jCQ2

 

こちらで行います。

 

板書形式での勉強会にしますので、筆記用具を持参の上ご参加ください。

参加者における意見交換会も開催します。

満席になった場合にはご了承ください。(定員30名)

 

申込みフォームからお申し込みください。

よろしくお願いいたします。 👇👇

 

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

 

***************

 

 

秋葉原セミナー会場
***************
小口PPP、企業育成資金、その他PPPについての個別相談を随時募集しております。(無料相談実施中) 

1日一組(最大3名)(2時間程度)

場所は、東京都港区の麻布十番駅徒歩3分の筆者の事務所・会議室で行います。

予約制になりますので、事前予約お願い致します。

まずは、mailでお問い合わせください。
Email:  msasouken@gmail.com 

*************

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。