【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

京都


f:id:shoukan:20230127180235j:image

 

今日は京都に出張に来ています。

京都駅はけっこう人が多いですね。

ものすごく久しぶりにきました。

京都は政令都市ですが、財政が厳しいということが話題になっています。市営地下鉄の借金問題が大変だということです。

この問題の解決方法は、非常に簡単で、例えば、市営地下鉄を民営化して、株式会社にします。そこで、100億円を超える資本金にすることで、企業育成資金の対象企業になりますので、それで、資本金の100倍の資金を受け取れば、1兆円以上の資金調達することができます。これで、市営地下鉄の借金問題は解決します。

 

天皇制資本主義の金融システムを理解すれば、問題解決は簡単といえます。インフラ開発で、多額の負債を抱えて行政サービスの質の低下をすれば意味がありません。

このことは、他の自治体でもいえることです。つまり、天皇制資本主義と企業育成資金の仕組みを理解することです。これを理解することで、日本国内にある地方自治体の借金問題も大きく解決できる手段を得ることができます。

この制度を理解することは、重要です。

 

日本の地方自治体の借金問題は、大型インフラ事業の民営化と、天皇制資本主義による企業育成資金の活用ということで、問題が解決できます。

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。