【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

UCC(Uniform Commercial Code) ステートメントについて

UCCUniform Commercial Code) ステートメントについて



アメリカのローンの金融を見ているとUCC1,UCC3という文字を見ます。筆者も前々からこの意味するところはなにか?ということが気になっていたので、調べてみました。

 

非常に単純な話でしたが、債権者が債務者から資金を借りた際に、債務者は債権者の第一担保を押さえるという宣言書ということになり、日本における不動産の抵当権のようなものであるとわかりました。

 

この法律は、5年と延長5年の10年契約が最長であり、法的にこの差し押さの先取り権限は、5年で消滅し、延長する場合は、UCC3を申請することで、5年の再延長をすることができます。30年間で完全に消滅するということです。

 

***************

UCC-1 ステートメントとは?

UCC-Uniform Commercial Code-1 ステートメントは、債権者が提出する法的通知であり、彼らが提供するビジネスローン債務不履行にした債務者の個人財産を取得する可能性がある権利を公に宣言します。多くの場合、「UCC-1」と略されるこれらの通知は、通常、債権者の意図を大衆に警告するために地元の新聞に掲載されています。

UCC-1 は、統一商法 (UCC)に基づくすべてのビジネス ローンに必要であり、特定の資産が押収される可能性のある相対的な優先順位とその順序を確立する一方で、複数の貸し手が複数の貸し手が存在する場合に回収の優先順位を固めます。同じ債務者です。

重要ポイント

  • UCC-Uniform Commercial Code-1 ステートメントは、ローンを債務不履行にした債務者の資産を差し押さえる権利を公に宣言するために、債権者が提出する法的通知です。
  • UCC-1 通知は通常、担保資産を押収する貸し手の意図を公に表明するために、地元の新聞に掲載されます。 
  • これらのフォームは主に、延滞している借り手から資産を差し押さえることを許可する裁判所命令を貸し手が確保するのを支援することによって、回収プロセスを円滑にするために使用されます。
  • これらのフォームは、借り手のビジネスが組み込まれている州にある機関に提出する必要があります。
  • UCC-1 ステートメントには、ブランケット リーエンと特定の担保に付随するリーエンの 2 種類があります。

UCC-1 ステートメントについて

UCC-1ステートメントは、担保付担保の先取特権として機能し、構成要素と提出手続きは、住宅ローン契約の先取特権要件に匹敵します。UCC-1 声明は、米国での商取引と活動を管理する統一商法の指令です。

UCC の第 9 条「担保付き取引」によると、貸し手は、有効と見なされるビジネス ローンの契約に、完成した UCC-1 ステートメントを組み込む必要があります。明細書には、借り手に関する詳細な情報を含める必要があり、ローンの担保として指定されたすべての資産の説明を箇条書きにする必要があります。事実上あらゆる種類の資産がそのような担保として機能する可能性がありますが、最も一般的に使用されるアイテムには、不動産、自動車、製造設備、在庫、および株式や債券の保有などの投資有価証券が含まれます。

通常の先取特権と同様に、貸し手は、債務会社が設立された州の適切な機関に提出することにより、UCC-1 ステートメントを完成させる必要があります。ほとんどの場合、UCC-1 ステートメント国務長官に提出され、国務長官はその後、文書にタイムスタンプを押し、関係者にファイル番号を割り当てます。

 業界用語では、UCC-1 通知を発行するプロセスは、債務者の財産における「担保権の完成」と呼ばれます。

 

*****************

 

なぜ、このことを書いたのか?というと、企業育成資金における償還制度というのは、30年間というルールがあります。なぜ、30年間であるのか?といえば、このUCCの抵当権の先取り特権における書類が完全に、法的に消去されるまでの期間は、30年というルールがあるからです。このルールについては、1952年の米国連邦法で決まったそうです。

 

つまり、資金調達をしても米国法では、30年を経過すれば、法的にその事実は完全の消滅するということになりますので、借金は消えたのと同じという概念ということになります。

 

企業育成資金に関する年利4%の30年間の運用計画についても、これについても、30年間間で自動償還するということになっていますが、米国法では、どんな借金でも30年間の時間がすぎると、すべての情報が法的に消去するということになるので、事実がなくなるので、借金もなくなるといえるのでしょう。

 

筆者は、特殊な資金についていろいろ調べていますが、それを調べていくと、ニューヨークの国務省UCCに登録されたローンであるという内容を見たりします。つまり、この手の資金も形式的には、クレジットを資金者から借りて、債務者が資金調達をするというパターンで資金を動かしますが、最終的には、30年の償還契約における仕組みによって、米国法における30年間を継続すると差し押さえにおける先取権は、なくなり、法的の担保設定の事実も消えるということになるために、ローンは、消えてしまったと言えるのではないかと思いました。

*****************

★2023年2月6日月曜日 午後2時から午後4時 「企業育成資金とPPP」についてのセミナーを開催します。参加者募集中!

「誰も教えないお金の大学校セミナー」 MSA総合研究所 
講師 ブログ筆者

参加費用 無料

 

会場住所  〒103-0027 東京都中央区日本橋3丁目3-3 加藤ビル 4階 

東京駅八重洲口 徒歩3分

 

地図  https://goo.gl/maps/wkyPeHiWw4T9gmbE7

 

定員 24名

 

申込みフォーム  ↓↓↓

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

 

************

1日1組(最大3人)面談よる相談会 小口PPP及び企業育成資金など無料相談階を実施します。事前予約(場所、東京都港区麻布十番駅徒歩3分)

************

電話相談、メール相談 随時開催中

MSA総合研究所にご連絡ください。

https://msa.tokyo/

************





 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。