【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

今後G7の経済的優遇はなくなり、世界平等システムに移行していく、その結果、自国ファーストの経済政策に特化する時代が到来する。

今後G7の経済的優遇はなくなり、世界平等システムに移行していく、その結果、自国ファーストの経済政策に特化する時代が到来する。



復興開発財源=無限大の米ドルということになりますが、ついに、開放されるときが来ています。復興開発財源については、現在においては、国連に登録されている使用条件の変更手続きを行い、ブロックファンドとして、保管していたものを、そのクレジットを使えるように規定変更をして、使えるようになったということです。

 

これから世界は、復興開発財源が大きく動くことで、変わってきます。前回のブログでも解説しましたが、筆者がアンバサダーとして所属しているMete財団は、国連とパートナー事業として人道的支援を行います。その額は、言ってはいけないのかもしれませんが日本の国家予算の100年分以上の規模になるということです。

 

つまり、その単位、簡単言えば日本円でいえば、京の単位になりますが、そこまで資金を出しても全く問題ないといえます。

 

復興開発財源は、無限大の米ドルのクレジットを持っているからです。

 

さて、このように世界的な動きとしては、復興開発財源である巨額クレジットが世界経済を牽引するようになります。復興開発財源の使い方は、政府国債を買い上げることで、財源を政府に提供することができます。

 

米国でも、日本でも行っていることですが、今後、世界のすべての国が、その恩恵を得れるように仕組みが構築されます。つまり、復興開発財源を使って、世界に復興開発財源のクレジットの分配制度をスタートさせることです。つまり、この法的整備としては、本来、国連の登録されていた復興開発財源の使い方の規定を変更して、世界に分配できる制度にしたのです。特に、これからこの事業が世界的にスタートしてきますので、復興開発財源が、世界経済を牽引してくことになります。

 

1954年に日米相互防衛援助協定が結ばれた当時は、この条約も国連に登録されましたが、日本にのみ使用権を与えられていた時代はありました。しかし、現在では、国連の復興財源の使用方法についての内容を改正したことで、全世界のすべての国が、復興財源の恩恵を受けることができるようになります。

 

この意味するところは、世界全体に底上げになるということを意味しています。ただ、言えることは、日本にも復興開発財源から資金提供してくれる制度「企業育成資金」がありますが、日本の経済人がこの制度に対して理解をせずに、利用件数が伸びなければ、日本は、確実に、資金の使用権があるのに、使わないで、経済が停滞するということが、現実、起こっています。

 

これから、世界のすべての国が、復興開発財源をつかえるようになれば、正直、日本のODAなども必要なくなります。

 

日本の国際的地位の低下ということを言われていますが、かつては、日本に与えられた特権制度である復興開発財源の日本のみの使用権は、世界のどこの国でも使用できるようになると、日本の優位性をどうやれば出せるのでしょうか?

 

ということは、日本はしっかり世界に負けないように復興開発財源を使って、内需拡大、自国技術力の革新、社会サービスの拡充という自国の発展にフォーカスをして必死に行うことが重要です。理由は、簡単です。

 

復興開発財源は、日本の特権ではなくなり、世界のどの国でも申請すれば、調達できる資金になったからです。このことは、世界的に通貨スワップができるかどうかで、差別があった通貨システムが平等になるという意味は、今まで不利であった国は、基軸通貨と通貨スワップができずに困っていたのが、問題なくできるようになり、発展が加速します。逆に、すでに、優遇されていた国は、努力しなければ、途上国からの追い上げで、今までの経済的優位な立場を継続できなくなります。

 

そのためにも、外国と競争するというエネルギーの使い方よりも、自国ファースト、復興開発財源を自国のためにしっかり使い、内需拡大国民所得の倍増を目指すことが重要になります。同時に、政府財源も復興財源から国債の買い上げがしっかり行われば、政府も財源問題も解消することになり、国民の税負担を軽減することができます。

 

このように、世界的通貨システムが復興開発財源が大きく動くことで、世界がマネタリーシステムが大きく転換します。

 

このことは、まだ、実感できないかもしれませんが、今後5年間で大きく動くことであると言えます。

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。