【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

世界を開発する財源

世界を開発する財源

 

復興開発財源については、世界規模の話であるということは知る必要がある。日本国内のことを精通しているという金融や経済の専門家でも、復興開発財源(簿外資金)についての事実を知るものは皆無といえます。

 

筆者はその世界を研究しておりますが、実に、この世界は、奥深い世界であると言えます。最近は、相当、インターネット上に情報が記載されているのを見ますが、結論、点と点のはなしであって、その話をつなぐのが難しいといえます。

 

ただ、復興開発財源は、主たるものは、1つだけであると言えます、

 

これは、昨日のブログでも説明しましたが、NWO(新世界秩序)につながる話ということになります。NWOJFKとの関係について言われています。さて、NWOを実現するための財源として復興開発財源を活用するという方向性で、社会システムについての実証実験を行いながら、金融システムを作っていると言うことが言えます。

 

これは国連におけるルールとも関係しており、国連プロジェクトにおける世界的プロジェクト、統一社会にむけて世界を動かしているといえます。

 

つまり、復興開発財源は、基本的には、第二次世界大戦と旧日本軍との関係性あります。つまり、旧帝国軍が集めた金塊ともいわれていますが、インドネシアスマトラの金塊、フィリピンの金塊についてその金塊をつかって生み出したクレジットによって、世界の復興開発を行い、最終的には平等社会と統一社会を目指すというプロジェクトになります。

 

復興開発財源については、1950年代までは、戦前のBISに関する適性資産における法定管理資産より、資金を運用し捻出しました。その後、1960年代からは、はじめはインドネシアスマトラ)金塊、そして、その後、フィリピンの金塊を担保にしてクレジットを発行して資金を生み出しています。その財源は、世界のほぼすべての国の銀行に、運用財源として送金されています。現時点では、世界的すべての財源は、満期になった財源があり、その財源が世界を復興させる財源として、復興財源の管理グループでは、注目されています。これは、運用に関しては、30年ルールによって行われています。

 

現在における復興開発財源については、1966年から世界的にスタートしており、2023年現時点において、この財源を国連の規定を変えることで、全世界で使うことができる財源として切り替えたということになります。

 

これは、復興開発財源については、もともと旧帝国軍(日本)に非常に関係ある金塊がベースとなっていましたので、はじめは日本のみに使用権を与えていましたが、その後、復興会は財源の管理者であるASM王の許可をとって、認可を受けた国は復興開発財源を活用できるようになったと言われています。現在においては、世銀で管理され、世界の銀行に送られた復興開発財源は、申請した国から随時、復興開発財源の導入がスタートしており、これは、世界的動きと言えます。

 

ちなみに、日本は、36の銀行が復興開発財源から運用財源の分配される権利を持っていると言われています。

 

ただ、日本は、天文学的な復興開発財源 36桁くらいの財源があるということですが、申請しなければ、世銀で保管されたままになっているので、正直、日本は豊かになりません。

 

これが、復興開発財源の真実ではないかと思います。

 

復興開発財源は、日本は天文学的な財源があるのですが、申請せずに受け取っておらず、貧困に向かっているという状況になっています。

 

日本円は、米ドルと通貨スワップ協定があります。無制限、無期限の通貨スワップ協定になります。この事実については、銀行経営者であってもほぼ知らないといえます。

 

ただ、世界の軍港はグローバルネットワークで接続されており、一般的なセキュリティーで確認できるレベルの情報して保管されているのでなく、もっとも高いセキュリティーレベルのデーターとして取り扱われていることで、倉庫の奥底にある厳重な金庫に何十も鍵をかけられているボックスに入っているデーターですから、銀行経営者であっても、その銀行の社員であっても知る由がないと言えます。

 

ある意味、そのデーターまでたどり着けるサーバーオペレーターは、日本の各銀行で開くことができれば、日本は絶対に資金に困ることがないと言えます。

 

正直、日本が原因でできた復興開発財源が、世界システムを作る財源になっているということは、一体何人の人が知っているでしょうか?

 

本当は、日本はお金がないというは、真実といえず、存在を知らず申請をしていないので困窮していると言えます。

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 

**************************

企業育成資金、PPPに関する無料相談は、毎日、1組限定で行います。

相談場所 東京都港区 麻布十番駅徒歩3分 筆者個人事務所内会議室

予約制 msasouken@gmail.com

***************************

2023年3月24日(金曜日)午後2時から午後4時「無料セミナー参加者募集中」
 

秋葉原、岩本町のセミナー会場にて、「企業育成資金とPPP」に関するセミナーを行います。「誰も教えないお金の大学校」
企業育成資金やPPPについての勉強会です。
授業形式は、板書での講義を行います。筆記用具をご持参ください。

今回のテーマは、「消える銀行、消える信用創造における金融システム、グレートリセットの時代に、復興開発財源の重要性を理解する。」

参加費用 無料

講師 当ブログ筆者(MSA総合研究所 代表)

場所■所在地 〒1010032 東京都千代田区岩本町3-11-7 滝上ビル3F西側 (最寄り駅 秋葉原と岩本町)

参加費用 無料

講師 当ブログ筆者(MSA総合研究所 代表)

場所■所在地 〒1010032 東京都千代田区岩本町3-11-7 滝上ビル3F西側 (最寄り駅 秋葉原と岩本町)

goo.gl

■参加希望者は、事前に申込みフォームからご予約ください。↓↓

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=dbd55b6e57a55554

****************

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。