【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

世界的な歴史的資産についての詳しい定義について説明します。

世界的な歴史的資産についての詳しい定義について説明します。

 

第一次世界大戦第二次世界大戦における国際条約、憲章などの取り決めによって差し押さえれた資産をすべてまとめて管理している仕組みがあります。

 

具体的に述べれば、

1919年野ベルサイユ条約

1944年ブレトンウッズ会議、

国際復興開発銀行世界銀行)、

IMF

国連の条約、憲章

 

によって大戦後の差し押さえ資産をすべてまとめて、国連の外郭団体(独立団体)が管理しており、世界インフラ開発資金団体として活動しているということになります。

 

その総資産は、ゴールド、プラチナ、ダイヤ、その鉱物、債券、現金、証券など、いろいろ諸々合わせてみると、69桁米ドルの資産価値があるとされているということです。

 

また、流動性の高い資産としてM1資金として使える資金を管理しており、現在は、地金飲みの担保力で、クレジットを発行することでの資金提供をする仕組みがあります。

 

歴史的資産のゴールドというのは、実際には、1341万トンの金塊があるということで、その価値は、65京ドルに相当するということです。つまり、歴史的資産をもちいて、米国ニューヨークの国務省に登録されるUCC(担保設定)をして、資金を動かすことができる担保力は、65京ドルということです。これは、ほとんど無限大といえます。

 

65京ドルということは、日本円で、130円と換算して、8450京円という数字になりますので、これが、担保力になります。つまり、その担保力を用いて資金を生み出すことができるということになります。

 

つまり、世界は、金を裏付けにしたゴールドクレジットによって世界経済がこれから作られていくことになります。

 

これからの世界はどうなっていくのか?ということは、世界的展開としては、歴史的資産(第一次、第二次世界大戦)で差し押さえされた資産を一つの基金として管理して、それを世界経済の裏付け財源としてゴールドクレジットを発行して世界経済を形成していくという世界になります。

 

国連加盟国に対して、その仕組をもって、支援するモデルはこれから色々展開されていくのですが、その一環で行っているのが、筆者が、所属して世界共通通貨の仕組み、国際ブリッジ通貨であるMeteカレンシー(通貨)の裏付けも、歴史的資産の裏付けによるクレジットということになります。

 

この歴史的資産と言われるベルサイユ条約、ブレトンウッズ会議、国際復興開発銀行IMF、国連などが関係した歴史的資産のすべてをまとめて一つにして、世界の歴史的資産からゴールドをUCC(担保設定)をして、ゴールドクレジットを発行してこれを世界経済、世界の政府援助をするというのが、世界的な動きになっています。

 

日本の企業育成資金に関する財源もこの歴史的資産といわれる財源と関係しています。これは、米国によって管理されている仕組みですが、国連組織を通して世界的に資金を使える仕組みへと大きく変わろうとしています。つまり、日本も目覚める必要があります。

世界は、世界的歴史的遺産をつかって、大量のクレジット(資金)を生み出し、経済成長できる仕組みが今後、どんどん構築されていきますが、日本人は、英語情報から得る情報スピードが遅く、ガラパゴス化して、経済成長を遅れれば意味がないことです。

 

企業育成資金という仕組みは、歴史的資産を活用して、しっかり資金を日本で活用することで、日本経済の発展に貢献できます。





***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。