【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

知られざる世界を説明する。

知られざる世界を説明する。



さて、M資金ということで、日本で昭和の時代から話題になっていますが、M資金は、存在するということでの答えを教えます。

 

M資金というのは、この定義は、国連規定では、ベルサイユ条約、ブレトンウッズ条約、世界銀行IMF国連憲章など国際条約によって、凍結された第一次世界大戦第二次世界大戦における資産というということになります。

 

これらの資産は、流動性の高いM1資産として、ゴールドを担保に、クレジットを発行する仕組み、これは、UCCにより、戦争に関わり凍結されたゴールド資産を担保設定することで、クレジット(通貨)を発行しています。

New York State Department of State ニューヨーク州国務省

Uniform Commercial Code =UCC

 

この仕組は、非常に重要になります。

 

https://appext20.dos.ny.gov/pls/ucc_public/web_searches.file_num_search?p_filenum=202210148476611&p_year=2022

※ニューヨークの営業時間内だけ情報が出ます。時間外は、UCCの情報を閲覧できません

これは、筆者が所属するMete財団のホームページでも紹介されていますが、すべてこれを見れば、専門家であれば理解できます。つまり、Mete財団は、世界的資産(第一次世界大戦第二次世界大戦に関わるゴールド資産を管理する財団)を管理する財団になります。そのために、Mete財団は、自らの持っているゴールド資産から資金を作るために、クレジットを発行するために、ホームページの一番上に書いている債務者に対して、大量のゴールドの担保力を貸し出します。その場合、そのゴールドの担保の第一請求権をUCCで設定します。UCCというのは、統一商法という米国で、1951年からスタートした制度であり、これは、例えば、ある人が資金を借りようとするとき、その資金を借りる人に対して、担保を貸出し、その担保について、第一請求権があることを登録する制度です。

 

日本でも不動産登記の際に、債権者の第一債権者、第二債権者というふうに、担保に対して順位設定することがあります。

 

つまり、戦争に関わる金塊を保有している財団や金融機関が、資金を作る場合には、債務者(個人)に対して、自ら保有する担保力を貸し付けて、その担保力をもって、債務者は、クレジットを借り受けて、資金調達することになります。これは、保証人を資金力のある人にお願いをして、大きく金を借りるという保証人の仕組みとなります。

 

日本では、なにかM資金のような不思議な制度が米国にあるということを言われて、70年以上の歳月が経ちますが、本当のことを説明する人は皆無だったと言えます。筆者も、実は、Mete財団の公式メンバーとなって、初めてわかりました。

 

打ち合わせの際に、Mete財団のトップと相談をしていると、UCCについて調べて、国連規定について調べたらすべてわかる。Mete財団の公式ホームページに、米国ニューヨーク国務省UCCの公式サイトのリンクを貼っているので、それを見たら、理解できる。と言われましたので、筆者も、UCCの制度について相当調べました。その結果、完全にその謎が解けました。

 

筆者の仕事は、今は、Mete財団の公式メンバーとして世界のすべての政府との交渉権を頂いて、Mete財団の仕組み、歴史的資産を担保力として、米国財務省国債を買い上げて、通貨を発行する仕組み、国際ブリッジ通貨に対しての加盟国募集を行っていますが、その際に、この意味が理解できなければ、世界中の政府幹部に説明ができません。

 

UCCという仕組みが理解でき、同時に、担保を第三者に貸し出す事ができる仕組みというのが、国際商業会議所(ICC)の規約になります。「譲渡可能なクレジット」ということになります。つまり、担保力に対して、クレジット設定を作り、そのクレジットを第三者に譲渡できる。そのクレジットを巨額にもった名義人が、政府国債を買い上げて、その国債を担保力を貸し出した財団に対しては、政府国債を逆にクレジットを借り受けた名義人は、売り渡すことで、政府国債は財団のものになります。



これは、金の担保力を使った国債購入の方法ということになります。歴史的資産(戦争資産)による担保力を用いて、資金の使用用途は、基本は、政府支援ということになりますので、政府支援をする名目で資金を作り、その資金の使用用途は、人道的支援や安全保障、産業育成を目的に資金を活用するとなっています。

 

これは、歴史的資産(戦争資産)の活用方法ということになります。また、財団では、政府支援のために大量の国債を買い上げますが、その国債については、償還を求めないということにして、資金はすべて譲渡します。つまり、政府は、歴史的資産(戦争資産)によって得た資金によって、資金調達ができます。これが、政府が国債を発行することが通貨発行権になるという仕組みということになります。しかし、これを実現するには、歴史的資産によるクレジットを提供する財団が必要になります。

 

UCCについての法律は、米国では、1951年に決められた法律で、米国連邦法では、30年間の時効があり、30年間を経過したUCCについての情報は、すべて抹消するという事になっています。つまり、担保の世界というのは、担保設定されたゴールドについては、30年間は、再利用できませんが、30年間を経過すれば、担保設定についてのすべてのデーターについては、期限切れになり、消滅しますので、また、新たに同じゴールドをもって担保設定ができるということになります。

 

つまり、この意味するところは、経済の波は、30年周期になる意味と同じになります。30年ごとに、大量の資金を生み出す機会を得るということになります。

 

このことを理解することが重要になります。担保設定するためのゴールドの保管場所は世界のどこでも良いのですが、つまり、ゴールドについてのSKRが担保として保証できれば、あとは、ニューヨークの国務省でそのSKRについて、担保設定をすることで、債務者は、大量のクレジットを発行することができます。

 

例えば、日本にあるゴールドだとしても、そのSKRの証券を、担保として設定することで、多額のクレジットを設定することを米国国務省の統一商法(UCC)に登録することができます。よって、Mete財団が資金を作っているUCCについては、公式ホームページでも公開していますが、Mete財団以外の財団、銀行、金融ファンドが同様にUCCによって資金を作っています。つまり、この仕組は、歴史的資産を使った資金の作り方ということになります。

 

米国のニューヨーク国務省によって、登録されているUCCについては、これが、歴史的資産と言われる戦争資産によって、得たゴールドを使った資金の作り方の仕組みになります。

 

歴史的資産(戦争資産)のゴールドの総額は、65京米ドルになるということです。簡単にいえば、30年ごとに、65京ドルの資金を生み出す仕組みが存在していることになりますので、これからの世界は、歴史的資産(戦争資産)による担保力によって、世界の通貨の裏付けになります。この仕組に関する国連ルールは、現地通貨(各国の中央銀行通貨)と一つのデジタル通貨によって世界の通貨制度は支えられるということになっています。

 

つまり、旧来からあるみなさんが知っている中央銀行システムについても、歴史的資産(戦争資産)による担保力をもって支えますが、世界共通通貨にあたる国際ブリッジ通貨であるMeteを用いて、世界の旧来からある中央銀行システムを固定レートで自由にスワップできる仕組みを構築しているのが、Meteマネタリーシステムということになります。

 

この意味がわかれば、あなたもこの世界のプロになれます。

 

世界の通貨を発行するために裏付け資産は、Mと呼ばれる歴史的資産(戦争資産)によって担保されているということを知れば、日本で長年、謎とされていた都市伝説の答えがわかります。



***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。