【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

歴史的資産(戦争資産)の償還プログラムの概念について、 そして、次の時代のデジタル通貨が目指す意味とは?

 

歴史的資産(戦争資産)の償還プログラムの概念について、 そして、次の時代のデジタル通貨が目指す意味とは?

 

筆者は、Mete財団の仕事を行うことで、歴史的資産をつかったデジタル通貨について理解が深まりました。というか、業務を行う上で理解しておかなければ、説明できないからです。これは、すべてが、国連ルールによって規定されています。Mete財団の代表から、「国連のルールを変えて、この資金を世界中で使えるようにした。UCCの仕組みについて調べれば、理解できる」ということだけ言われたので、よくよく調べて見ると、納得できました。

 

つまり、この歴史的資産ということを理解はできます。国連ルールも研究し、同時に、UCC,ICCなどの金融ルールも研究しました。結論から言えば、歴史的資産の保有者はほとんどが軍部であるといえます。つまり、保有者は軍部であっても、もともと所有者は、王族、ロイヤル、地主、財閥などとなりますので、日本の場合でいえば、日本の皇室に関係するゴールドや、旧帝国日本軍に関係するゴールドなどは、米軍が差し押さえたので、保有者は、米軍(連合軍)ということになります。

 

日本の企業育成資金は、なぜ皇室に関係しているのかは、保有者(保管)は、米軍であったとしても、もともとの所有者は、日本の皇室であるということになります。皇室は、日本国民の経済発展のために、皇室に割り当てられる元所有者として資金がありますが、その資金を皇室が受け取らずに、基幹産業企業の企業代表者に提供するということにしたということになります。つまり、分配比率というものがありますので、政府側のプロジェクトに使う資金は、別にありますが、当然、歴史的資産(戦争資産)の元の持ち主の資産(元所有者)の資産への資金配当があります。

 

まさに、このことです。日本は、第二次世界大戦で敗戦したことで、大量のゴールドを保有していましたが、敗戦後すぐに、資産放棄しました。その結果、保管は米軍になり、保有者は、米軍であり、元所有者は、日本の皇室が代表としたのです。そのために、この歴史的資産といわれる戦争資産は、皇室が元所有者として資金の使用権があるのですが、戦争で配線したことで、皇室財産の国有化がされましたので、歴史的資産から生み出す資金については、基幹産業やインフラ開発のための資金として直接国民に贈与することで、資金提供することになりました。

 

この国連が決めた。歴史的資産の精算という分配の仕組みが理解できなければ、完全に企業育成資金の意味が理解できません。

 

歴史的資産の精算作業としての分配を行っているのが、企業育成資金の仕組みであり、国連規定では、償還プログラムとして、分配の仕組みの規定を決めています。

 

これが、答えです。

 

企業育成資金は、歴史的資産の精算する際に、皇室が、自らの配当金を受け取らず、国民の経済発展のために資金を贈与していると言えます。

これが企業育成資金の仕組みであり、資金者制度という意味になります。

 

話は、デジタル通貨になりますが、なぜ、デジタル通貨を普及させようとしているかは理由があります。つまり、法定通貨をつかって、歴史的資産から生み出された大量の資金を市場に資金を流通させると、通貨価値が保全できないということで、これをデジタル通貨として、新しい通貨を流通させることで、旧来のある中央銀行システムにおける通貨価値も乱高下させないで、通貨流通量を増やすことができるという考えかたです。

 

つまり、デジタル通貨という新しい通貨を流通させ、時間かけて、デジタル通貨と現地通貨とをスワップさせることで、影響を最小限にする。そして、最終的には、固定レートでのデジタル通貨を発行して、世界共通通貨としてデジタル通貨を発展させる。

 

その業務を行っているのが、筆者の所属するMete財団の米国債をつかったデジタル通貨であるMeteということになります。

 

これは、全世界にとっては、大きな変革期になりますが、この仕組を理解しない限り、これからのグレートリセットの時代に対応できなくなります。








***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。