【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

100%明確に答えるには、国連規定について理解しなければ、企業育成資金についての仕組みは、全く理解できない。



100%明確に答えるには、国連規定について理解しなければ、企業育成資金についての仕組みは、全く理解できない。

 

企業育成資金という制度は、これは、1951年からスタートした相互安全保障条約の一貫で、これは、国連に登録された条約となっており、国連登録条項ということになる。

 

また、第一次世界大戦第二次世界大戦で凍結された戦争資産(ゴールド、プラチナ、ダイヤ、各国の債券、各国の現金など各種資産)については、これは、ベルサイユ条約及びブレトンウッズ会議の規定によって、決められている。

ブレトンウッズ会議によってできたのが、世界銀行国際復興開発銀行)、IMF、国連ということになり、ブレトンウッズで継承されたルールについては、国連がそれらの歴史的条約について管理していることになる。

 

つまり、歴史的資産といわれる第一次世界大戦第二次世界大戦に関わった凍結資産等は、国連によって監督されているということになるが、保管に関しては、世界に8000箇所以上に分散保管されているということである。それらの歴史的資産(戦争資産)については、保有者(現在持っている人)と所有者(もともと持っていた人)が存在しており、保有者と所有者に対して、歴史的資産と言われるゴールドを担保にして、クレジット(資金)を生み出す際には、3つに資金を分けることになる。保有者、所有者、そして、人道的支援等のプロジェクト資金として資金を分配する制度になっている。

 

なぜ、日本で企業育成資金の名称で、多額の資金提供が行われているのか?これは、第二次世界大戦における日本の接収財産については、日本は、保有者である米軍に対して資産放棄した歴史がある。もともとの所有者は、日本の皇室、財閥、その他、有力者であったということで、日本の接収財産については、米国(米軍)と皇室とそして、日本政府のプロジェクトに対して資金を出すということで、企業育成資金という名称で、日本の歴史的資産(戦争凍結資産)について、精算作業をすることになった。この歴史的資産というのは、現物の返還をするというよりも、資金面での支援をするということで、コントロールすることになった。そこで、生み出された資金は、一つの資産に関しても、数兆ドル以上の価値があり、世界中のプロジェクトを動かす十分な資産があることになる。

 

ただ、この歴史的資産の精算作業を行う上で、ルールが決まっており、これは、日本の場合は、もともと国連規定の中で、基幹産業育成についてのルールが決めていたので、その国際条約(国連登録条約)に従って、大企業経営者を支援するいう名目で、歴史的資産の精算作業を行っていると言える。

 

この仕組みは、本来ならば歴史的資産の旧来の所有者は皇室であったので、皇室の受け取りできる資金があるが、皇室は、資産放棄していることで、皇室に割り当てられた旧所有者として資金の割り振りを日本の基幹産業経営者に分配しているということを知れば、これは、非常にありがたい資金であると理解できるでしょう。

 

精算作業の方法は、今は一つに統一されており、歴史的資産と言われるゴールドは、世界中に約1400万トン以上あるいうことだが、そのうちの300万トンに関しては、歴史的資産として、米国のニューヨーク国務省でのUCC(統一商法)で担保設定をして、クレジットを発行するということで、行っている。この仕組みが、非常に重要である。

 

以前のブログでも、米国NYの国務省での統一商法(UCC)についての説明は、過去のブログでも行っているので、そのブログからURLを見てほしいのであるが、筆者の所属するMete財団もその仕組みによって通貨を発行しており、米国債を大量に買い上げている。その買い上げた米国債をもとに、デジタル通貨を発行している。

 

さて、国連ルールと、この歴史的資産(戦争資産)といわれるゴールドをつかった担保というのは、米ドルのFRB.ユーロなどの中央銀行における通貨発行の際に担保設定になっている。

 

つまり、中央銀行システムの国際通貨の担保力を支援しているのが、歴史的資産と言われるゴールドになる。

 

また、これからの時代にはどうするかも歴史的資産の活用方法として決められており、これは、各国の現地通貨(法定通貨)とそれ以外の一つのデジタル通貨を歴史的資産によって、担保すると決めています。つまり、新しいデジタル通貨に対して担保している通貨というのが、筆者が所属しているMete財団が発行するMeteという通貨である、

 

これは、世界で唯一の歴史的資産を完全に担保としてもっているデジタル通貨ということになり、これは、米ドルやユーロと同じように、歴史的資産によるゴールド担保によって、生み出されたゴールドクレジットと同じ意味といえます。ただ、これは、今までの法定通貨と連動させていないのかは、これからの時代は、大量の通貨を流通させることをすれば、今までの法定通貨であれば、例えば、ドルやユーロ、その他の通貨に対して、それぞれの通貨に対して、資金を大量に流通させようと思えば、為替市場に大きな影響を与えることになります。Meteについて言えば世界のすべての通貨とスワップ可能な国際スワップ通貨、すなわち、歴史的資産といわれるゴールドに100%担保されたゴールドクレジットによる通貨は、Meteになりますので、Meteは、旧来の中央銀行システムとは、同じ世界で作用していないことで、Meteのクレジットをもって世界経済を建設するために、歴史的資産におけるゴールドクレジットを配当していくことになります。つまり、Meteというのは、唯一、歴史的資産と言われるゴールドに担保されたゴールドクレジットになります。

 

このことについて、まだ、世界は気づいていませんが、今後、その事実を理解すれば、世界は、Meteシステムを使った経済発展を望むようになります。

 

Meteの仕組みは、新しい歴史的資産の活用方法ということになりますが、旧来からある仕組み、国連規定によって日本円で資金提供できる案件が、企業育成資金の仕組みとなります。国連で言うところの企業育成資金もMeteの通貨システムについても、これは、歴史的資産と言われる、ゴールド(300万トン)に担保されて生み出された資金ということなので、同じ業界ということになります。

 

これが、世界の頂点の金融システムということになります。このゴールドによる担保力がなければ、世界の通貨システムが担保できていないといえます。これが、世界共通の安全保証に繋がっており、通貨システムを通じた統一世界と言えます。 ニューワールドオーダーという世界プロジェクトになります。この仕組みが理解できれば、グレートリセットの時代の動きを理解できる材料になるでしょう。





***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************



【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。