【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

歴史的資産の償還プログラムという仕組みについて、国連規定について知れば、この仕組みについては、日米関係は切ることができない深い関係があると言えます。



歴史的資産の償還プログラムという仕組みについて、国連規定について知れば、この仕組みについては、日米関係は切ることができない深い関係があると言えます。

 

つまり、日本の通貨を担保している、根本的財源は、歴史的資産と言われる第一次世界大戦第二次世界大戦における戦争資産(歴史的資産) 具体的に言えば、ベルサイユ条約、ブレトンウッズ会議、世界銀行IMF, 国連憲章に関係する条約に関わる戦争によって得た資産についての精算方法について決められています。具体的に言えば、ブレトンウッズ会議で決められたことですが、戦争によって接収された資産については、復興財源とするために精算作業を行うために、元所有者と、現在の保有者とが資金を分け合う仕組みになっています。つまり、日本にとっては、皇室資産については、接収されましたが、元所有者として資金を分配される権利があります。米国にとっても、接収して保管しているということで、保有者として資金を受け取る権利を有しており、日本と米国は、敗戦国と戦勝国の関係ですが、この国連規定における歴史的資産の償還プログラムにおいては、双方で、精算作業を行う場合には、資金を分配する仕組みを有しています。この資金の仕組みは日本にとっても重要ですが、米国にとっても大きな収入になりますので、非常に重要です。これらは、日米の安全保障のおける財源になります。

 

つまり、この制度について、理解していない人が、日本のリーダーになってしまうと厄介な問題が発生します。つまり、これは、日米とっても大切な財源の一つになり、これは、日本政府の財源というよりも、皇室が持っていた歴史的資産の元所有者としての権利から資金を調達することができる仕組みですから、この仕組を知らずに、なんだか危ないから近づかないなどと言っている人がいれば、これによって、何十兆ドルという損失を出していることと同じです。つまり、日本政府の国債問題など、問題にならない財源を有しているといわれていますので、しっかり仕組みを理解することです。

 

この資金についての制度について色々言う人は居ますが、結論から言って、この資金を動かすには、ルールがあります。ブレトンウッズ会議や国連憲章などで決まっているルールに従って手続きをする必要があります。

 

つまり、日本の場合は、もともとの基幹産業育成資金の規定(日米相互防衛援助協定)から日本の基幹産業企業を支援するという条件で、この資金は、個人の契約によって行う。基幹産業という定義は、幅が広くなり、東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の代表権のある個人を対象に資金を提供すると決まっています。

 

これは、名義人になれる規定が明確に過去に締結された国際条約と国連登録された内容をもとに、歴史的ルールに従い、歴史的資産であるゴールドを担保設定(UCC)によって行い資金を作ります。



つまりこの歴史的資産と言われる戦争資産は、国連ルールに従い、各国と締結した個別条約に従って、資金を動かしていると言えます。手続きについては、この業務に精通した専門家が行うようになっています。つまり、これは、国連規定にしたがって、資金を動かすことを許可を得た登録者によって行われる案件になります。

 

よって、この案件については、日本でいくら確認しても答えがでないのは、これは、日本政府が管理している財源ではありません。また、国連における銀行システムによって生み出されたゴールドクレジットは、UCCに登録している国際的金融企業を経由して資金が送金されて、日本の都市銀行で資金を受け取っていると言えます。

 

つまり、歴史的資産におけるゴールドクレジットについては、UCCに担保設定された金融機関(米国ニューヨーク国務省の統一商法)でなければ、クレジットを発行することがありませんので、いくら日本の金融機関で確認を取ろうとしても確認は取れる事がありません。これは、日本の金融機関で、実際にクレジットを発行に関わった金融機関はどこにもありません。

 

日本では資金を動かした歴史的事実はありますが、外国から多額の送金データーだけが届いたというだけで、この資金は、どんな資金であるかは、日本の金融機関者でもわからないといえます。

 

よくこの案件を案内していると、金融機関に説明をすると、そんな資金の制度が理解できないといわれます。また、政府の金融監督する省庁に聞いても、「わからない案件には、関係を持たないほうがいい」とアドバイスされたなどと聞きますが、それは、欧米の歴史的資産に関係した金融会社が、米国のニューヨークの国務省UCC(統一商法)の担保設定の登録をしてクレジットを発行した資金を、その資金を関係国に送金しているということになり、巨額な送金データーがあったとしても、そのデーターをどうやって作っているかを知っている人は、資金の受取銀行に指定されている幹部であっても詳細は分からないといえます。

 

この仕組みは、国連の特別な国際機関と関わって仕事をしている人以外に、どこにある金塊を使って、担保設定をして資金を生み出しているのか誰もわかりません。

UCCの担保設定に関する米国国務省の登録情報は公開されていますが、UCC情報以外の詳細情報については、一切公開されないのです。

 

話は、日米関係という話題に戻りますが、日本人が知らなくてはいけないことは、日本円を担保してる担保力に関しても、この歴史的資産が関係しています。つまり、日米関係、国連と歴史的資産、日米での資金の分配制度による友好関係が継続されない限り、日本には、単体で、この仕組みから資金を生み出す仕組みを有していません。つまり、この歴史的資産から生み出される担保力がなくなれば、日本は本当に救いよう無いほど破綻する可能性があります。ただ裏付けとして国際関係を持って有効的に日米関係を維持することで、継続的に、歴史的資産から資金を得ることができる仕組みが継続されます。このことを知ることが重要であり、日本で、企業育成資金を動かすということは、同時に保有者といて米国にも資金が動くということになり、元所有者である皇室から譲渡された資金を日本の国民が利用でき、保有者である米国も資金が動き、安全保障のための財源になります。

 

つまり、この資金の制度を理解して日本国民が資金を動かすということは、同時に自国を守ることになります。そのことを知らなければ、グレートリセットの時代に取り残され、日本は、財源が確保できないということで、破綻することになるでしょう。

 

これは、国家の存続にとって重要なことです。筆者の書いていることは、学校では教えない経済の仕組みですが、非常に重要なことですから、真剣に関係者は理解をして行動をしてください。








***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。