【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

歴史的資産を使ったプログラムについて、解説、最新プロジェクトは、政府、国家支援を行うデジタル通貨である。

歴史的資産を使ったプログラムについて、解説、最新プロジェクトは、政府、国家支援を行うデジタル通貨である。

 

歴史的資産の償還プログラムという名称が、国連に登録されている第一次世界大戦第二次世界大戦によって当ケウされた資産、もともと所有者と現在の管理している保有者、そしてプログラムに対して、米国NY国務省UCCに登録して担保設定したゴールドから資金を生み出すゴールドクレジットを配当する制度です。

 

すべて歴史的資産の償還プログラムという仕組みは、これは、指示書に従って資金を動かすことが決まっており、日本の場合は、日米相互防衛援助協定における制度は、国連に登録されている条約であるので、その条約に従い、日本の基幹産業企業への資金提供をすると決まっています。

 

さて、企業育成資金という名称で呼ばれていますが、正式には、国連では、歴史的資産の償還プログラム ということになります。

 

つまり、日本の皇室が、元所有者としての資金分配される権限がありますが、その分配される資金を全額寄付することで、日本国民、民間企業の育成につながればということで、この仕組が行われています。

 

ただ、どの企業代表者でも参加できるのかといえば、基準があり、東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の代表権のある個人と限定しています。これが、現在における日本の基幹産業企業としての基準になります。

 

この制度については、これは完璧な回答になります。「歴史的資産の償還プログラム」の配当金を皇室が受け取らず、国民のために配当していることになります。基準があり、その基準と国連規定の指示書に従っています。このことだけ頭に入れてください。

 

企業育成資金(歴史的資産の償還プログラム)についての話は、これ以上説明が必要ないというほど説明しましたので、筆者は、個人的に行うプロジェクトについて説明しています。やはり、国際ブリッジ通貨Meteの普及することが筆者にとっての公式メンバーとしてのプロジェクトですから、こちらの事業も国外に対してアプローチをしているのですが、今度は、日本国内にMeteマネタリーシステムについての導入をするように今後働きかけていきます。

 

つまり、これは、歴史的資産によって、100%担保された唯一のゴールドクレジットということになります。この資金の強みは、ゴールドクレジットをつかって米国国債を購入して、米国国債を担保にし金を生み出す仕組みで、国際ブリッジ通貨(世界共通通貨)としての世界肯定レート通貨を発行する仕組みを提供しています。いずれにしろ、このMeteデジタル通貨は、従来のあるFRB欧州中央銀行を支援しているゴールドクレジットと同じ仕組みによって資金をを生み出しているので、(UCC統一商法)、みなさんが知っている米ドルやユーロと同じ基軸通貨としての価値を持っています。これが、重要なポイントになります。

 

ユーロと米ドルの関係というのは、ユーロ:米ドルは、基本は、1.1:1になっています。この2つの基軸通貨による世界の貿易決済額は、世界貿易の80%を超えるといわれていますが、新興国や途上国も台頭してきていますので、従来の米ドル、ユーロ以外で変動相場に影響されないブリッジ通貨としての新しい基軸通貨の必要性があり、米ドル、ユーロを担保している歴史的資産(M1)によって、生み出すゴールドクレジットによって、つくられたMeteデジタル通貨を国際ブリッジ通貨として世界通貨を固定レートで資金を提供できる仕組みを構築しています。

 

さて、Meteの最大の強みは、歴史的資産と言われる65京ドルもあるゴールドを担保にできる背景をもっていますので、これは、世界最大の担保力といえます。各国が加盟することで、この歴史的資産から生み出すゴールクレジットを自由に使うことができるようになるので、加盟国への資金を提供が可能になります。

 

日本の長期間不況で、なかなか立ち上がれない現状がありますので、Meteの仕組みは、これは、直接政府を支援して、資金を提供できますので、従来ある企業への育成資金(償還プログラム)からの資金提供の案件と、もう一つ、新しい事態のプロジェクトである歴史的資産を使ったデジタル通貨をつかった政府支援プログラムを日本でも行えるように準備を進めます。

 

せっかく、筆者がMete財団の公式メンバーとして業務を行っていますので、歴史的資産を使った新しいプログラムであるデジタル通貨をつかった国家支援制度を実現していきます。それが、これから行う筆者のプロジェクトといえます。





***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。