【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

令和の所得倍増計画や新日本列島改造論を実現するには、歴史的資産による最新マネタリーシステムを日本に導入することを考えるべきだ。

令和の所得倍増計画や新日本列島改造論を実現するには、歴史的資産による最新マネタリーシステムを日本に導入することを考えるべきだ。

 

歴史的資産(第一次世界大戦第二次世界大戦に関する戦争資産)について、これは、世界の通貨を生み出すためのゴールドクレジットということになります。

この資金を動かすためのプログラムはいろいろありますが、日本で行っている企業育成資金(基幹産業育成資金)については、歴史的資産における償還プログラムということで。国連登録された指示書によって行われています。



筆者は、歴史的資産から生み出されれるゴールドクレジットは、一つのデジタル通貨を提供するということで、このデジタル通貨は、すべて歴史的資産から生み出したゴールドクレジットの資金を米国債を購入して、米国債を小切手のようにして、Meteという通貨を作っています。これは、デジタル通貨として流通をさせることと、リアルマネーとしての通貨を流通させることが認められており、新しい共通通貨に関する概念となっています。

 

今世界では、各中央銀行がデジタル通貨について話題になっていますが、歴史的資産であるゴールドクレジットから資金を作り、それを100%デジタル通貨として発行しているのは、Mete通貨だけということになります。他の暗号資産や仮想通貨と言われる存在は、ゴールドを担保にしたゴールドクレジットを使った資金ではありません。

 

さて、Meteの通貨をつかった国連加盟国の政府支援をする制度が加盟国制度によって行われていますが、日本においても、今の日本の状況を打破するには、歴史的資産によって生み出さえる財源を提供する新しい手段として、Meteの仕組みを政府に案内していきます。つまり、この制度については、歴史的資産が保有している65京ドルのあるゴールド担保力を用いたゴールドクレジットから生み出された資金により、政府支援をすることができます。歴史的資産を用いた国造りということで、日本の昭和の歴史的復興が行われましたが、企業育成資金の仕組み、大企業の経営者の個人のみ資金が受けられる制度は、さほど動きがよくないのでそれはそれとして、新たに歴史的資産におけるプログラムにおけるデジタル通貨の仕組みを政府に対して案内していくことにします。

 

つまり、日本では簿外資金などと言われる仕組みは、国連では、歴史的資産という呼び名で言われています。その歴史的資産をつかった新しいデジタル通貨は、世界の政府に対して支援する財源を提供します。つまり、新しい通貨システムによって、資金を投入することで、世界の通貨流通量を増やす計画になっています。1944年のブレトンウッズ会議の際には、米ドルを基軸通貨にさせるために、歴史的資産をつかって米ドルの通貨流通量を増やす仕組みを作りました。今は、世界各国の法定通貨(現地通貨)は、変動相場になっていることから、変動相場を固定相場に戻すことが課題になっており、各国の法定通貨(現地通貨)を固定相場にして取引できるルールは、米ドルやユーロに対して従来どおり資金を投入をして通貨流通量を増やす方法では、為替相場の変動が起き、大量の通貨の投入は世界経済に対して影響が大きいことで、Meteは、歴史的資産を使った従来のドルやユーロとおなじようなゴールドクレジットですが、従来の中央銀行システムと完全に切り離して、新しい中央銀行システムとして、Meteという唯一の歴史的資産から生み出したデジタル通貨を流通させることで、通貨流通量を増やし、Meteから通貨を各国の法定通貨とMeteを普及させることで、通貨流通量の総量を増やすことを計画しています。

 

また、Meteは、米国債を購入して米国債を通貨とするということになりますので、米国債を発行するということは、米国にとっての通貨発行権になります。これは、歴史的大変革です。政府国債を発行することが正式に通貨発行権としての権利を持ったということに繋がります。歴史的な話になれば、ブレトンウッズ体制では、銀行主導で通貨の発行システムが作られましたが、現在、Meteデジタル通貨が出たことで、歴史的資産の活用方法が、従来の中央銀行システム(FRB)が主体で動かす仕組みであるというよりも、歴史的資産を管理するグループが、政府に通貨発行権をもたせるということで、大きく流れを変えてきました。

 

これは、新しい時代の動きであり、政府が通貨発行権を直接もつための仕組みというのが、Meteデジタル通貨のマネタリーシステムで提供することです。

 

つまり、国家、政府を支援することで、経済発展をさせるということが基本になっているのが、Meteマネタリーシステムになります。

 

この仕組みが日本でも導入できるように動いていきます。日本列島改造論所得倍増計画は、この仕組みを入れれば可能であると考えています。




***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。