【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

歴史的資産の償還プログラムの全文公開(日本語訳)

   2017 5 10 日より開始 - すべての歴史的資産の償還は、公式指示書に定められた議定書に従って、2017 5 10 日に正式に開始されます - 買主が売主となり、売主が買主となります。この償還プログラムは、受託者、代理人、およびあらゆる歴史的資産を公式かつ合法的に所有しているその他の者に公開されます。

    人道的大義、インフラ、開発、さらには世界金融の問題に関してさまざまな任務を負う国連の専門機関は数多くありますが、国連特務機関は歴史資産償還プログラムの運営を正式に認可された唯一の機関です。そのため、すべては償還プログラムのオリジナルの指示書に従って行われます。歴史的資産償還プログラムに参加するには、特務機関のメンバーになる必要がありますが、これは参加するすべての個人の利益になります。指示書に従って、収益の分配方法とその利用方法には制限が設けられますが、歴史的資産を保有する人々にとって非常に有益となるような方法で行われます。

    これを完全に理解するには、まず資産保有者と資産所有者の違いを理解する必要があります。多くの人がよく知っているように、歴史的資産はことわざのように散り散りになってしまいました。現在、世界中のさまざまな国の非常に多くの人々が、いくつかのケース、非常に多くの歴史的資産を所有しています。これらの人々は権利と法律により資産保有者です。所有権は購入を意味し、歴史的資産を他人から購入した人もいるかもしれませんが、これではその人が所有者になるわけではありません。歴史的資産の場合、これらの資産を裏付ける金の所有者が正当な所有者であるため、指示書の最初の部分には「買主が売主であり、売主が買主である」と記載されています。

    指示書は、歴史資産プログラムの最初の実施時に M1 または通貨担当者によって設定されました。「マスター」アカウントまたは「マザー」アカウントは、資産の作成をバックアップするために準備された金に基づいて設定されたと説明されています。これらの口座の利子は、存在する歴史的資産を完全に償還するのに十分な量の資金を備えた世界で唯一の口座です。ただし、これはもともとブレトンウッズ条約に準拠して、世界のすべての国民に個人の主権信託を設立し、生活の基本的必需品を無償で提供してもらうように設計されたものであるため、追加の指示もありました。税率を抑圧的なレベルまで引き上げなければならない。

    指示書によると、歴史的資産償還プログラムからの収益の 70% は人道的プロジェクトの資金として使用されます。(許可されている人道的プロジェクトの例と、どのような制限が設けられているかについては、プロジェクトとプロジェクト資金に関するセクションを参照してください。) 資産保有者の人道的プロジェクトは許可されているだけでなく、奨励されています。人道的プロジェクトの目的で資産保有者によって利用されなかった収益の 70 パーセントから得られた資金は、特務機関および/または他の資産保有者による他のプロジェクトに資金を提供するために使用され、資金の公平な分配を保証し、また、選ばれた少数の人だけではなく、世界の人口全体の生活水準の中央値が向上します。専門家の当初の計画と同様に、

    歴史的資産償還プログラムからの収益の 20 パーセントは、資産の元の所有者および/または歴史的資産の準備金として使用されたゴールドの所有者に返還されます。これにより、資産保有者に残されるのはわずか 10% であり、これが「公平」であるかどうか疑問を抱き、なぜ歴史的資産の額面全額の補償を受けられないのかと疑問に思う人もいるそうです。これには非常に多くの理由がありますが、実際には非常に多くの点で資産保有者に利益をもたらすでしょう。

    歴史的資産の大部分は、数兆米ドル、さらには数兆米ドルの価値があります。事実上、世界のすべてのインフラが破壊された後、世界全体を再建できるようにするには、当初その金額がそれほど大きくなければならなかった。各国がインフラを再建し、実際に産業を再開し、GDPと国際貿易の再建を開始できるように、建設を開始するために何かを行う必要がありました。国連の銀行業界はこれらの資金の分配を処理するために設立され、国連特務機関は後に歴史的資産として知られるものを作成し、世界中の戦争で破壊されたインフラを再建するプロセスを開始する任務を負っていました。

 

    数兆ドルが文字通り多くの国家経済を売買するには十分であることを考えると、そのような金額を個人の手に渡すことは、よく言っても無謀でしょう。たとえ善意を持った人であっても、不注意で世界経済システム全体を崩壊させる可能性があります。歴史が示すものであれば、このような経済崩壊は、世界のすべての人々が苦しむことになるさらなる世界戦争につながるだろう。歴史的資産の背後にある当初のアイデアは、戦時経済から平時経済に移行し、世界の物理的、サイバー的、経済的インフラを再構築することでした。国連特務機関はさらに、これと同じシステムをより恒久的に導入するという任務を負っていました。世界の人々により大きな利益をもたらす過渡的な制度を設けるのではなく、国連特務機関は、これを完全かつ恒久的な平時の代替金融システムとして実装する手段を開発しました。このお金は個々の資産保有者に帰属するのと同じように全世界に帰属しますが、資産保有者には最終的にはさらに役立つ追加のメリットがあります。

    人道的プロジェクトに使用される収益は一度に「使える」ものではないため、さらに多くの人道的プロジェクトに資金を提供するために取引されることになります。これらの取引からの収益は、この記事で以前に参照したのと同じ方法で分割されます。これは、資産保有者は、償還した歴史的資産によって生成されたすべての取引から得られる収益の追加 10 パーセントの利益も享受できることを意味します。このシステムは、インフレやデフレの期間を引き起こしたり、経済システムを危険にさらしたりすることなく、通貨を経済システムに再分配できるように設定されています。償還による収益の大部分はデジタル通貨の形で配布されます。このような再分配には、システム内の通貨が継続的に循環し、地域、国、世界の経済システムを強化すると同時に、新たに富裕層が実際に取り崩すことなくより多くの貯蓄を維持できるようになるため、さらなる利点もあります。システムからの通貨。言い換えれば、収益の大部分は、完全に平時の経済情勢の中で機能するのに十分持続可能でありながら、当初から意図されていたように実際に経済を強化することになります。

 

+++++++++++++++++++

 

この仕組みが、日本では企業を育成するための財源として、資金を寄付されている。

本来、皇室が受け取れる所有者としての配当を日本の基幹産業企業の経営者個人に贈与しているのが、企業育成資金(基幹産業育成資金)(償還金)の名称で、資金を提供している(長期管理権委譲渡資金)ということになる。

 

デジタル通貨の部分という説明がありますが、それがMeteデジタル通貨になります。

Mete Foundation®  ←このサイトは、Mete財団の公式ページで、コンタクトのページに日本代表で筆者が明記されています。(筆者の業務は、日本アジア代表;世界のすべての政府との交渉役です)

UCC(米国国務省 統一商法)によって資金が作られていますが、その加盟企業は下のサイトで公式に確認できます。↓(ニューヨークでの営業時間内のみ)

Filing Number and Date Search

これらの企業が歴史的資産を使って、ゴールドクレジットを発行している企業になります。日本企業は一社もなく、欧米企業のみです。筆者の所属するMete財団もメンバー企業です。デジタル通貨 世界共通通貨を担当しています。

 

***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。