【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

基軸通貨になるデジタル通貨革命について

基軸通貨になるデジタル通貨革命について

 

日本の企業育成資金の仕組みが、いつまで続くかわからないという理由は、これは、2017年以降の歴史的資産と言われる世界最大のゴールド基金の使用方法が変わってきているからです。その理由は、もともとは、旧来の中央銀行システムを支援する担保として歴史的資産(ゴールドファンド)は、使われていましたが、管理システムが代わり、その方針が、旧来の中央銀行システムを支援する仕組みは、ブレトンウッズ会議(1944年)の際に、世界の中央銀行システムを裏で支えるゴールドアセットとしてというより、旧来の中央銀行システムと完全に切り離した、新たな中央銀行システムを構築して、その通貨を100%ゴールドの担保力によって、発行したゴールドクレジットを発行して、その通貨を国際ブリッジ通貨、言いかえれば、デジタル通貨における世界のすべての通貨の基軸通貨として固定相場で通貨としてMeteというデジタル通貨を発行することになります。

 

この意味が理解できますか?新たなブレトンウッズ体制と言われるデジタル通貨革命というのは、Meteにおけるゴールドクレジットによる米国財務省国債を用いたデジタル基軸通貨という意味があります。この意味が理解できなければ、これからの世界が理解できません。

 

当然、Mete財団は、米国財務省国債を大量にゴールドクレジットで購入して、世界の基軸通貨となるあたらしいデジタル通貨を発行するわけですから、この通貨は、100%ゴールドに保証されています。つまり、この意味がわかりますか?これは、米ドルやユーロ二代わり、世界のすべての通貨を基軸になるデジタル通貨として発行するのです。その裏付けが、ブレトンウッズ体制で作ったゴールドファンドということになります。つまり、第一次世界大戦第二次世界大戦に関係した金塊ということになります。

 

歴史的に世界最大の金を担保に持った通貨は、世界の基軸通貨になることができます。その歴史的資産を管理する国際本部がみずから企画して発行している通貨は、Meteデジタル通貨ということになり、今まで世界の通貨を裏方で支えていたゴールドファンドが、今度は、自ら基軸通貨システムを構築して市場にデジタル通貨を流通を始め、世界のすべての通貨と固定レートで交換できると宣言したということになります。ただ、この仕組みについては、多くの人が理解していませんので、通貨というものはいくら価値があっても使用する人に認識してもらわなければ価値がつたわりませんので、まずは、新しいデジタル通貨の仕組み、Meteによって、国連加盟国の政府に対して、すべて歴史的資産による経済支援を行うということで、資金提供を行い、政府が主体となってMeteデジタル通貨を使ってもらうことで、民間に資金を還流させていくということになります。よって、Meteは、まだあまり知られていませんが世界の基軸通貨として、ある意味新しい基軸通貨は、旧来の中央銀行システムと関係のない新しい中央銀行システムによって発行されたデジタル通貨ということになります。

 

その構図について考えていくと、世界連邦という世界が見えてきます。一つの基軸通貨ができるということは、世界は、世界連邦という一つの枠組みができるという意味になります。つまり、世界連邦と、新しいデジタル通貨の仕組みに繋がり、なぜ、国連ルールによって、国連加盟国のみに資金提供するのかということを考えても、国連が世界連邦としての意味をなすときだと思います。

 

これは、筆者の予測的な話も少し含んでいますが、新しい基軸通貨になるデジタル通貨を発行するということは、同時に通貨と国家の枠組みは、共通しますので、国連が世界連邦組織として昇格的な意味を成すと考えられます。

 

このことは、地球全体における大改革を行う仕組みになります。



***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。