【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

国連ルールについて、育成資金(償還金)のルールもこれからいつまで続くかわからない。世界はデジタル化による量子コンピューターよる資金監視をする流れになる。

国連ルールについて、育成資金(償還金)のルールもこれからいつまで続くかわからない。世界はデジタル化による量子コンピューターよる資金監視をする流れになる。

 

歴史的資産における償還プログラムについての解説、これは、国連におけるプログラムの正式名称になります。日本では、企業育成資金、基幹産業育成資金、償還金、長期管理権委譲渡資金など、さまざまな名称で呼ばれていますが、この仕組みついては、

第一次世界大戦第二次世界大戦における(戦争資産)を一つにまとめて歴史的資産という名称で呼んでいます。

 

ベルサイユ条約、ブレトンウッズ会議、国連、IMF世界銀行国際復興開発銀行)における条約、憲章のすべての資産に関してまとめて、歴史的資産を呼びます。

その歴史的資産の中には、ゴールド、プラチナ、ダイヤ、ウラン、その他希少鉱物、各国の国債、債券などが含まれており、その価値は、総額69桁ドルに達すると言われれおり、世界中に8000箇所を超える場所で保管されているとになります。

そのうちでも、もっとも大きな資産を保管しているのは、フィリピンであり、178箇所の地下壕に大量の金があったことは知られています。この金については、日本の山下財宝といわれる天皇の金塊と言われる金塊と言われる業界では知られた話です。1976年に世界銀行との契約において、歴史的資産として世界経済の復興と開発のためにこの財源から生まれた利子を世界に分配するということが決まりました。

 

現在における歴史的資産は、あまりに多種であり、大量にあることで、M1資産として流動性の高い資産で、ゴールドのみ300万トンを歴史的資産のゴールドファンドとして決め、その担保価値は、65京ドルの担保価値があり、これが世界の基軸通貨を支えるための財源として担保されています。つまり、この大量の金塊が、世界で最大の金融価値の担保力となり、世界の通貨の裏付けとして通貨市場を支えていると言えます。

つまり、国際通貨として流通している、米ドル、ユーロに関しては、このゴールドの担保価値によって支えられ、日本円は、米ドルをスワップすることでのゴールドクレジットによって支えられています。ゴールドクレジットで裏付けされた通貨でなければ価値がないと言われる所以です。

 

これからの時代は、旧来の中央銀行システムに対して、ゴールドクレジットを支援するといより、新しい基軸通貨の概念である歴史的資産に100%担保されたゴールドクレジットによって、生み出されたデジタル通貨が、世界の国際ブリッジ通貨として(基軸通貨としての役目を果たすということ)役目を果たすということになります。

 

その唯一の歴史的資産に担保されたデジタル通貨は、Mete通貨であり、デジタル通貨であり、リアルマネーとして使える資金を世界に流通させるプログラムを実施しています。筆者がMete財団の公式メンバーとして、その全世界の政府に対してMeteマネタリーシステムの案内をしています。

 

つまり、これは、現在進行系のはなしであり、過去の歴史的資産の分配方法については、2008年、2012年に300人個人委員会によって監査されており、その資産について、元所有者と、保管をしている保有者に資金を分配をしています。

日本は、歴史的資産のもと所有者として多額の配当金があり、これが、歴史的資産における元皇室の金塊に対する(所有者)配当があり、その資金を国民に分配する作業が、筆者が説明している「企業育成資金」「基幹産業育成資金」「償還金」「長期管理権委譲渡資金」という名称で、東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の代表権者個人が申請された場合、歴史的資産から日本の皇室への所有者の配当金から、日本の大企業経営者に資金提供されます。これは、譲渡されますので、返還不要の資金となります。この資金を国民に広く分配することが国家のためになります。



これが、この資金の全体像になります。

確かに、この資金を動かす場合の法的ルールは色々あります。米国連邦法、国際条約、

国際商業会議所の規定など、関係していますが、それは、資金移動するときの資金実行者の仕事であり、実際の資金をうける企業代表者は、単純似、本来皇室が受け取るはずの配当金を、皇室に変わって企業の代表者が受け取り、広く国民のために使って、国家の発展と安定に貢献するということが目的です。

 

国連ルールでは、人道的支援ということを強調していますので、人の育成、人への社会的保証をするために資金を使うことが推奨されています。貧困対策に対して資金を使うということの重要性を解いています。つまり、資金を分配する精神がこれからの時代に問われるのですが、代表となる人物が資金を受け取らなければ、資金が分配できませんので、日本の条件を満たした企業代表者が資金を受け取りに来ることをお願いします。

 

大量の現在でも資金が残っています。その資金を動かすことが国家にとって重要です。

 

もう一点伝えることがあれば、国連のルールは、2017年に改正していますので、これからは、デジタル通貨といて資金を分配すると決めています。そのために、日本円で企業代表者に

多額の資金が提供される案件は、世界的な流れを見ていると、いつまで今の制度が継続するのか分からないと言えます。つまり、この仕組は、一応、2054年までということが言われていますが、デジタル通貨改革が進んでいますので、巨額資金の分配をすることに対して、ルール変更、また、新しいデジタル通貨に移行すれば、旧来システムで作った資金(クレジット)が使えなくなるかどうかわかりません。これは、今は、大丈夫ですが、今後どうなるかというのは、デジタル通貨が普及して、量子コンピューターによる完全管理ができる時代になると、筆者の予想では今のように、一人の個人に大量の資金を分配する制度はなくなり、自動振り分けで、効率よく資金分配されるベーシックインカム的な流れに代わり、巨大インフラ開発事業などの大量資金が必要な場合には、完全に見える化によって、一人の誰かの利益になるという世界は消えていくと予想できます。

 

つまり、数兆円レベルの資金を個人に委託する業務というのは、国連ルールの変革や、これからのデジタル化による資金管理の方針など、世界的資産の管理方法が、変わってきています。強いて言うなら、2017年以前と、以後では歴史的資産の管理組織が変わっていますので、旧来の仕組みは、これで最後と言えます。新しい仕組みはすべてデジタル通貨による配当分配になります。よって、そのことを考えると、いつまでもあると思うなこの制度ということになると思います。個人的に資金調達をしたい企業代表者は、今のうちに資金を受け取りに来てください。

 

国連ルールは、確実にデジタル化によって、旧来のシステムから切り替えていっています。これからの世界は、歴史的資産によって作られた資金は、デジタル通貨として、世界各国の政府支援することが目的としています。個人への多額資産管理への仕組みは、過去のルールになっています。





                      

 

***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 

Flag Counter