【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

世界的流れによって、旧制度は今後どうなるか不明である。早い目に資金を受け取ることをおすすめします。世界の変化は急激に起こっています。

世界的流れによって、旧制度は今後どうなるか不明である。早い目に資金を受け取ることをおすすめします。世界の変化は急激に起こっています。

 

筆者は、日本の企業育成資金(基幹産業育成資金、償還制度、償還金、長期管理権委譲渡資金)など色々呼ばれていますが、なぜ、その制度が行われているのか、随分研究しました。筆者は、2017年以降の歴史的資産におけりM1資金を管理する財団であるMete財団の公式メンバーとして、日本アジア代表を行っていますので、その制度は、今のルールと適応していないことが気になっていましたが、この制度は、2017年以前に作られた日本国への配当金、M1資金と言われる歴史的資産によるゴールドから生み出された資金の分配に関しては、日本の場合は、日本の国家元首によって動かされた資金を、その後、皇室がこの資金を受け取ることなく、皇室の資金本部によって、資金管理者によって、大企業企業経営者に資金提供をする制度、これは、日本オリジナルの制度を行っていると言えます。

 

たしかに、MSA(日米相互防衛援助協定)のにおける制度というのは、当時は、復興開発銀行といわれた世界銀行からのローンでありましたので、これは、配当金ではありません、

 

また、過去の歴史をみれば、この世界とロスチャイルド家との関係といわれていますが、これを調べてみると、2008年以前の仕組みといえます、ゴールドの運用についての仕組みを構築したのが、ロスチャイルド家との関係があったということですが、これは、歴史的資産における旧制度による仕組みと言えます。

 

つまり、現在、日本でいろいろこの手の話の好きなブローカーさんが話している話は、すべて、2008年以前の旧来の仕組みであって、最新の情報ではありません。

 

ただ、日本における企業育成資金(償還金)などと言われている制度については、これは、2008年、2012年の監査時に動かされた日本国への配当金つまり、皇室資産における配当資金について、日本の企業経営者に配当している制度であり、この資金の残高を使ってしまえば、日本円での歴史的資産から生み出した資金の配当金の制度は、国連ルール的には、終わりになるでしょう。

 

つまり、次の世界は、デジタル通貨として歴史的資産によって、作られた資金については、配当すると決まっています。

 

筆者が公式メンバーとして業務を行っているMete財団が提供する新しい国際ブリッジ通貨(基軸通貨)としてのMete通貨を各国の政府(国連加盟国)に対して行うことになります。

 

いま日本円で兆を超える資金提供を行う案件は、これは、早いうちに配当金を日本の基準を満たした代表者が受け取りに来なければ、言えることは、どうなるか?

 

量子コンピューターシステムが、世界の銀行システムを完全に網羅したときには、過去の制度については、継続ができなくなる可能性があります。

 

これは、現地通貨による通貨流通量を増やすということには、今後支援するモデルでなく、歴史的資産は、唯一のデジタル通貨に関して、基軸通貨になるためのゴールドクレジットとしての金による担保力を保証することで、歴史的資産によって、生まれたデジタル通貨が世界の現地通貨をベックします。(固定レート取引)

 

歴史的資産における配当金は、個人支援を行ってきましたが、これからの時代は、政府、国家を支援するモデルになります。つまり、日本で募集している個人に対して多額の資金を譲渡する制度は、歴史的資産の旧来の分配方法として行われる制度であり、これは、今ある財源で最後と言えます、まだ、多額にあるということですが、世界の情勢は、変わってきていますので、そのことを日本の経営者の気づかなければ、大きな個人資産を得る機会をなくすことになります。最後のチャンスだと思ってください。                     

 

***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。