【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

歴史的資産という意味を理解すると世界の動きが理解できる。日本の経済学者は、この部分の知識が抜けているので、本当のことが説明できない。

歴史的資産という意味を理解すると世界の動きが理解できる。日本の経済学者は、この部分の知識が抜けているので、本当のことが説明できない。

 

米国の債務上限問題が停止というニュースが流れた。これは、米国財務省の政府国際を発行する限度額は、現在31兆4000億ドルであったが、上限が停止されることで、いくらでも、米国財務省は、国債を発行することができるようになります。

 

なぜ、そのようなことができるのか?その理由には、筆者がいつも説明している「歴史的資産」との関係性があります。つまり、歴史的資産を管理して、ゴールドクレジットを作っている企業、筆者が公式メンバーで日本アジア代表であるMete財団(アフロユーラシアセントラルバンク)は、歴史的資産(ゴールド)の担保力をバックに、ゴールドクレジットを米国NY国務省 UCC(統一商法)によって、担保設定して発行することで、そのクレジットを用いて、多額のの米国債の買い入れを行います。Mete財団は、多額の米国債保有することになります。

 

Mete財団は、自社管理する多額の米国債を使って、今度は、米国債通貨を発行します。この意味するところはどうなっているのでしょうか?

 

つまり、歴史的資産(300万トンのゴールド担保力)⇒米国債を買い上げる⇒米国財務省は、上限なく国債を発行する⇒米国経済に資金が流入する。⇒米国債を使った通貨は、世界へ流通する。⇒世界経済は、米国債通貨を基軸通貨として、米国債通貨によって世界の現地通貨が担保される。⇒米国債通貨が世界経済を一つにまとめる国際流通通貨になる。 これは世界共通通貨と世界連邦へ

 

このような計画に向かって進んでいるということを知ることが重要になります。つまり、歴史的資産を管理している組織が、今までは、過去からある中央銀行システムを支援するモデル担っていましたが、現在は、歴史的資産を管理する組織は、政府支援を中心に政府に通貨発行権をもたらすということをするために、歴史的資産によるゴールドクレジットによって、各国の政府が支援できる仕組みを構築しているということになります。

 

米国の債務問題上限の停止というニュースは、これは、米国政府にとっては、歴史的な出来事になります。まさに、米国政府が通貨発行権を持ったことになります。

 

このことは、歴史的資産と言われる世界最大のゴールドの担保力が、どこを支援するかで、経済の仕組みは、全く変わってしまうということになります。歴史的資産 300万トンの金塊の担保力は、米国財務省米国債を担保することによって、米国財務省は、300万トンの金塊の担保力 65京ドルの国債を発行できる裏付けを持つことになります。

 

最大65京ドルの米国債を発行することができるということは、米国政府の財源は、天文学的な財源を確保することができるようになり、米国内経済の底上げが可能になります。また、世界の各国がMete財団に加盟することで、米国債通貨を流通することができるようになり、世界でNO1の米国経済に担保された米国債通貨を基軸通貨とすることで、加盟国の財源も安定するという考え方になります。

 

米国政府にとっては、約100年間かかった悲願が実現することになります。米国政府が通貨発行権する権利を持ち、同時に世界経済を救済する米国債通貨を流通させるということになります。

 

これは、実は大きな変革になります。旧来から続く中央銀行システムは、歴史的資産の担保力を背景に世界の通貨システムを構築してきました。しかし、歴史的な銀行家の世代交代と、その歴史的資産を保管している組織が国際中立組織としての立場をとったことで、かつてのように、中央銀行システムだけを支援するということをやめて、逆に政府支援をすることが国際中立組織としての重要なこととして、歴史的資産を担保するのは、政府国債を支援することで、歴史的資産に担保された政府は、政府国債を発行することは通貨発行権を得たのと同じことになります。

 

つまり、歴史的資産の担保力は、どこを支援するかで、世界の仕組みは大きく変わります、米国大統領が調印した「債務上限の一時的停止」という意味は、これは、政府が通貨発行権を持ったのと同じ意味になります。ただ、歴史的資産に関しては、歴史的資産を管理する国家本部によって、管理されていますので、そこに関係する企業によってゴールドクレジットを発行されています。この作業は、世界にある10数社の民間企業によって行われていますが、Mete財団もその一つですが、特に、Mete財団は米国国債を専門的に買い上げることを行っていますので、歴史的資産は、Mete財団を通じて、米国財務省国債を担保していると同じことになります。

米国国債を発行すれば、歴史的資産によって生み出された担保力によって、Mete財団が国債を買い上げます。Mete財団は、買い上げた米国債を通貨として発行して、米国債デジタル通貨をMete財団の独自の中央銀行システム「アフロユーラシアセントラルバンク」によってMeteという米国債デジタル通貨を世界に流通させることで、これは、歴史的資産と言われる世界最大のゴールドに担保される米国債デジタル通貨(Mete)が誕生することになり、これは、米国債=米国の国力が担保 同時に世界最大のゴールドの担保力によって、通貨価値が保証されている通貨になりますので、これ以上、裏付けが強い通貨は、地球上で存在しないと言えます。

 

今、世界中に反乱している暗号資産(仮想通貨)もデジタル通貨として考えられています。また、旧来からある世界の中央銀行もデジタル通貨発行を検討していますが、それらの通関の背景に、ゴールドの担保力が存在しているか?ということになります。旧来の中央銀行は、ゴールドを一部もっていますが、100%ゴールドに担保できる通貨量を中央銀行のみで準備できていないと言えます。それを補っているのが、歴史的資産がゴールドクレジットを提供することで、通貨を流通させることができます。既存の銀行システムでは、「銀行は自らの担保力では、通貨を発行することができない。第三者の担保力によって通貨を発行することができる」ということになっています。つまり、第三者の担保力に当たる部分が、何であるかを考える必要があります。G7国の強みというのは、歴史的資産によって担保されているゴールドグループといえます。日本は経済力は低下していますが、歴史的資産の担保力(ゴールドクレジット)によって保証されいます。

 

なぜ天皇家が重要なのかということで、日本国にとって通貨を発行する際には、天皇家が所有者としての歴史的資産(ゴールド)があり、その歴史的資産によって発行されたゴールドクレジットの配当が日本の使用権が巨額にあることで日本経済、日本円が国際的安定通貨として発行することができています。

 

つまり、天皇家の歴史的資産(ゴールド)の所有者としての権利が、その所有者権利として発行されるゴールドクレジットの担保力が日本全体の経済の根源、日本円の通貨発行を支援していることになります。また、歴史的資産における日本の天皇家の所有者としてその規模が非常に大きかったことで、日本の天皇家の歴史的資産(ゴールド)によって、世界経済が支援されていることになります。

 

この意味が理解できれば、日本の天皇家が世界の金融システムに大きく貢献していることが理解できます。

                     

 

***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。