【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

時代の流れ、インドの台頭、日本は、これからどうすればいいのか?

 

時代の流れ、インドの台頭、日本は、これからどうすればいいのか?



なぜ、これからインドの時代であるのか?ということを筆者の観点から説明すると、非常に興味深いことが理解できます。つまり、歴史的遺産(300万トン、65京ドルのゴールド)の担保力をつかって、クレジット(資金)を生み出す名義人は、インド系の人物が行なっているということが言えます。インドの大手金融界の経営者の名義になっています。これは、現在、歴史的資産を管理している企業は、世界に16社ありますが、その企業のすべてがインド系の人物に対して歴史的資産の担保力を貸して資金を作っていることになります。

 

つまり、インドの金融界がこれから発展することは見えています。なぜならば、インド金融のドンが、歴史的資産の担保を受ける名義人になっているからです。人口増加が続き、中国を抜いて世界一になったインドがインド系の人物が歴史的資産の担保名義人を持っているならば世界は、インドに牽引されるという意味になります。

 

つまり、世界最大のゴールド基金(歴史的資産)別名 AU準備銀行の資産は、インドの名義人を経由して世界の資金が作られていることになります。



筆者は、何度も言いますが、日本企業が、歴史的資産の関係企業に一社も入っておらず、日本が今後、新たな財源を手に入れるためには、完全に米国もしくは、欧州の歴史的資産の管理企業にお願いをして資金を動かしてもらわない限り、日本には、歴史的資産からの収益が入ってこないことになります。つまり、日本は、欧米との関係、特に安全保障面での協力体制が重要になります。

 

なぜならば、歴史的資産を管理しているのは、軍部と関係があるからです。結論、政府運営にとっては、資金調達ということが重要になりますので、これからの時代を担うリーダーには、この歴史的資産から生じる配当金を如何に、自国に引き込むかが、その国家の反映に繋がるということを知らなければ、ローカルな話を知ていても、国家運営に繋がりません。つまり、国を背負うには、歴史的資産から資金調達できる政治力が重要になります。




***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。