【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

世界で色々な呼ばれ方をする歴史的資産の名称

MSA 総合研究所です。

本 ブログでは何度か 話はしておりますが フィリピンの178か所の地下壕に保管されている 金塊について 日本では 山下財宝として知られておりますが 世界的に言えば これはマルコスのゴールドどう説明されています。


f:id:shoukan:20230720190417j:image

このことについては筆者も歴史的な部分を調べてよく知っておりますが 1976年にフィリピンのマルコス大統領が 世界銀行と契約をしました。

 

ワールドバンク フィリピン 2000という契約になりますが フィリピンの金塊を世界銀行が運用する仕組みを提供するという内容の契約になります。

 

このゴールドに対して世界の経済を復興する仕組みということで生み出されたのが 世界銀行と300人 個人委員会というものになります。

この話は 都市伝説 業界では非常に話題となりますが その個人委員会の仕組みというのは 2012年の監査を最後にこの仕組み 自身が 新しい仕組みに変わっていきました。

 

現在における仕組みというのが これが 筆者がいつも 説明している金準備銀行グループと16社の企業体 という内容で説明していますが 歴史的資産と呼ばれる ゴールドを活用した通貨 システムと言えます。

 

本日 筆者の知人から頂いた マルコスのゴールドという出版物はニューヨークで出版されたということです。

 

すなわち 日本人から見た時に このゴールドは 山下財宝 だと呼ばれ方をしますが欧米人から見れば マルコスのゴールドという呼ばれ方をしているというのを初めて知りました。

 

確かにそのことを説明されますと説明がしやすいなということに気づきました。

究極の答えを申し上げますと これらの歴史的資産を管理する仕組みとしてはフィリピンの金塊が中心となり 現在もなお 契約された家系が影響を及ぼしていると言えます。

 

すなわち 日本人は M 資金だと思い込んでいる ものは欧米では マルコスのゴールドという名称で呼ばれていることになり 国連機関ではマネーサプライ 1 として 流動性の高い資産として説明をされています。

 

これらは全て同じものです。

 

MSA 総合研究所より

 

Flag Counter