【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオ)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

この話の意味が理解できれば 日本人は誇りを持つことができる.

MSA 総合研究所です。

筆者は長い間企業育成資金に関する仕組みというものを研究しておりましたが最終的に国連に対しての報告書というものを一通り読み 筆者自身も よくこの制度について理解できました。

 

この話は 断片的には多くの方は聞いているかと思いますが 真実に追求する話というのは筆者自身も 現在はその業界の企業で仕事はしておりますが一般の業務の中で この歴史的な事実については別に知らなくても契約書は 結べますので そこは重要じゃないと言えばそうかもしれませんが やはり なぜこのような仕組みができたのかということに関心を持つ わけです。

 

その中で 筆者が一番興味があった部分というのはこの財源についてはアジアの王族 グループが関係しているという噂は聞いたことはありましたがその事実について書いているものというのは見たことはなかったのですが国連の報告書には 明確に書いていました。

 

つまり アジア 王族 グループ と呼ばれる組織の名称は ソブリン ロイヤル ポートフォリオ と呼ばれ その略称を取り SRP と呼ぶ そうです。

 

つまり 地球上で最も大きな歴史的資産と呼ばれる ゴールドに関して言えばこれの所有者として SRP が管理しているということになります。

地球全体の開発が行うための財源として提供されている資金の多くは SRP から提供されたものだと考えられます。

国連の報告書によると SRP の仕組みが始まり 独自のグループによって資金が提供され始めたのは1984年 ということです。

それから 現在に至るまで 22000社の企業に対して支援を行ってきたという報告レポートがありました。

これは日本企業だけの話ではなく 全世界での話です。

日本の企業の場合は370社ほどという話です。

つまり SRP アジア 王族 グループが管理している資産はその資産の名義人として指定された人物は M 1 という名称で呼ばれ それがその資金を管理する代表者として 全世界の開発 財源を 金預金口座に預かっているということです。

 

金と言っても現物ですから それを保管するのも結構大変で世界中に約8000カ所の倉庫に保管されており 安全な管理体制によって保管されているという報告があります。

 

つまり そこで管理されている SRP の資産としては1341万トン 保管されているということで この資産に関しては 市場で出回るものではありませんので 市場に影響を及ぼすものではないのですが この世界で 圧倒的に量のあるゴールドによって世界の通貨を担保しているといえば その通りです。

 

実際のことを言えば このゴールドがなければ 世界の銀行 システムは成り立たないと言えます。

一般的には中央銀行などが ニューヨークの連邦準備銀行に管理しているゴールドの量というのは 17万1000トンであるという風に言われておりますが これは 外貨準備高 におけるゴールドですから 自己資本率を示すものになります。

つまり 通貨を発行するには銀行のルールでは第三者の担保力を借りて 銀行は通貨を発行する すなわち クレジットを発行するというルールになっておりますのでその裏付けになる ゴールドというのが つまり SRP から提供される ゴールドであると言えます。

 

よく言われるのが 日本銀行FRB その他 G 7の中央銀行は ゴールドボンドによって支えられているという言い方をされますが つまりこのような裏付けになる ゴールドがなければこの仕組みというのは 成り立たないと言えます。

 

そのような内容が現実問題として明確に見れるものとしては 1963年における グリーンヒル 協定における契約書というのは 実際のところを言えば インターネット上で画像検索をすればたくさん公開されていますので そこの文章を読めば 明確に その仕組みについて理解ができます。

つまり ゴールドボンドを管理する M 1における資産をアメリカ合衆国およびスイスの連邦銀行である UBS とで契約をし 通貨を発行するという仕組みで当時 約150万トンのゴールドが契約されたということが 国連のレポートにも書かれていました。

細かい数字については 英文で色々書いていましたが 詳細まで見ることはしていませんが 当時 関わった人たちの名前も明確に出ており これが歴史的な大きな象徴であると言えます。

 

つまり プライマリーバンク すなわち 準備銀行と言われている銀行は ゴールドを担保に 通貨を発行することができる銀行であるということが理解できます。

 

実はこの歴史的な背景を色々調べていくと アジア 王族 グループSRP にとって非常に重要なことは自ら 管理している大量のゴールドをいかに運用に乗せることができるかというのが大きな課題でした。

 

SRP のゴールドは歴史的に言えば1919年 のベルサイユ条約や 1950年の地雷 協定 そして 1950年の三国間協定などで大量のゴールドは SRP から提供はされておりますが これらは 世界銀行IMFの提供でありこれらの財源によって復興開発を行うという名目でゴールドの預金を行ったと言えます。

 

ただ そのような仕組みであれば 思うように資金が市場に流通することなく すなわち 世界銀行IMF 頼みというところもあり SRP が期待するような結果にならなかったというのが後の国連の報告書に書いていました。

 

この SRP が報告している内容を読めば 明確に書いておりますが 契約期間であった 2000年や 2005年に満期になった時点で契約を延長することなく SRP は自らの組織によって資金を提供する仕組みを構築することになりました。

 

その仕組みを後方支援したのが結論として これはアメリカ政府というに なり アメリカ政府の財務省及び国務省に登録することになりこの資産に関して 登録資産として ニューヨークの国務省 すなわち 筆者がよく説明している UCC 統一商法における担保設定により ゴールドボンドからクレジットを発行させ それを通過として流通させるという仕組みを確率しました。

 

ただ 圧倒的なゴールドにおける通貨の流通と言っても自由勝手にするわけにも行きませんので これは 条件付きで行えるということになり このような仕組みというのは全てプロジェクト ファイナンスとしてプロジェクトがあることによって資金が提供できる仕組みという風になっております。

 

現在 その仕組みの中央銀行 システムを行っているのが 筆者が所属する Mete財団 ということになります。

 

読者の皆様は筆者がよくブログで国連加盟国 全ての国家 政府に対して ODA 政府開発援助を無制限でできるという説明をしておりますので 普通に考えればほとんど そんな話は存在しないだろう と想像されますが そのような仕組みというのは地球上に1箇所だけ存在するのはこの SRP すなわち アジア 王族 グループから提供される ゴールドによって作られる資金というのは 世界最大の通貨を発行する仕組みを提供できますから このことが実現可能だと言えます。

 

つまりこのブログで書いている内容は非常に高度な話でもありますし 長年の歴史的な資産と呼ばれている こと に関して明確に回答はしておりますが 後はこの話 自身が 非常に 今後の 人類にとって重要なプロジェクト となり この仕組みを最大限に活用することが2030年の国連が目指す 新しい世界連邦的考えを実現する上で重要な仕組み だと言えます。

 

つまり お金の問題というのが 今まで 長い 人類の歴史の中で大きな悩みの原因として存在しておりましたが この仕組みを実現する上で歴史的には非常に大きな意味があり 人類の歴史 史上初めてこの仕組みが完成できるという時代に達したということが言えます。

 

ただ 通貨を発行するという仕組み また ブレトンウッズ体制以降 理想郷を求めて 人類は 通貨というものを武器に戦ってきたと言えますがそのことをどれだけ多くの国々の人が受け入れられるか また 人類のどれだけの人がこの仕組みについて理解をし受け入れることができるかというのが地球にとっての最大の課題だと言えます。

 

これが理解できれば ある意味 人類は お金の世界という問題から解放されるということが言えますが この仕組みが理解できずに争いが起きれば人類はもう立ち上がることができない結果になるでしょう。

 

つまり 極端なことを言っているように思いますが2つに1つの選択だということが言えます。

つまり これから世界は通貨の仕組み すなわち グレート リセットというものがどんどんスタートをしていきますが この仕組みを補うために存在するのが SRP アジア 王族 グループの世界で最も巨大なゴールドの資産という裏付けが世界の通貨を 支え 全ての人が経済的困難から解放される世界を生み出すための仕組みが これから展開されると考えればこの プロジェクトの壮大さ 及び重大さ というのを私は日本語で 発信はしておりますので まず一番初めに知ってもらいたいのはこのアジア 王族 グループで最もこのゴールドの資産を提供した歴史的な 国民 というのは これは間違いなく日本人です。

 

ですからこの話を日本人が理解をし世界中に説明をし展開するということは非常に重要であり このことが世界を変える大きなパワーになるということを理解して欲しいと願っています。

 

この重要なことが 皆さんにとって理解できれば 日本人として生まれて日本が世界を救う 通貨の仕組みを作ったというのは日本人が長年 集め続けた ゴールドというものがあったために それが実現できたということが日本人のこれから将来生まれてくる人たちの誇りとなるということが重要であると 筆者は考えます。

 

【公式】MSA総合研究所|資金本部|企業育成資金の申請受付(東証プライム、銀行、信用金庫の代表権者)(基幹産業育成資金・償還金・長期管理権委譲渡資金)|国内外PPP(Private Placement Program)の研究・シンクタンク|TEL 03-6820-0086|

 

Flag Counter