【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

業界からの洞察

業界からの洞察

 

企業育成資金と言われる仕組み、これは、「日米償還金協定」によって、締結された仕組みになります。正直なところ言うと、この仕組みは、米軍(国連軍)と日本政府との契約であり、米軍は、日本国に日本の資産を償還する(戻す)ということで、米軍から日本政府と貿易取引をするという形式で資金のやり取りをしたのが、世間で言われている償還金のはなしになります。

 

この償還金の仕組みも、長い歴史で行われていますが、このような仕組は、国連軍(米軍)の空軍の太平洋地域が管轄していると言えます。実は、日本の償還金も、筆者が所属する財団も、もとを言えば、国連軍(米軍)の空軍の太平洋地域を拠点にしていると言えます。

 

つまり、同じ世界ということは、資金の提供方法は違えど、やっていることは同じであると言えます。

 

償還金の仕組みは、1951年頃決めた国連法で記載されている仕組みになり、法律的には古い仕組みとしておこなわれていることもあり、国連なかでも、一人の個人に巨額な資金を預けるのは、ちょっと時代い合わないとも言われています。それで、新たに2020年頃から国連における特別条項のこの手に資金の活用方法に対して、特別条項のルールを変更するための手続きを行ったというのが、現在の筆者の所属する財団(国連軍の外郭財団)の仕組みになり、現在は、かなり幅広く利用できるように、非常に限定的な取引条件から広範囲に直接的支援ができるように仕組みを改正しています。

 

この事は、国連における特別条項に書かれている極秘ルールのために、一般的に知られることはないのですが、。実際のことを言えば、マーシャルプランや、MSAの時代のように限定的な使い方を指定しているのでなく、当時のような戦後間もないという時代でもないために、幅広い使い方ということで、国連における特別条項の更新を行い、そのために、現在、使いやすくしてきており、そのシステムが、そろそろ完成というところまで来ました。

 

つまり、今後、非常に限定的で申請者もほとんどない育成資金よりも、広く多くの人に使える仕組みの方に流れは変わっていくことは十分に考えられます。

 

今後、育成資金もいつまで存在するのか?ということになります。

 

筆者は何を言いたいのか?つまり、育成資金も筆者の所属するミリタリーファンドも、国連軍(米軍)の太平洋地域の管轄で同じところが結論、行っていると言っているのです。

 

違うのは、この資金の提供する方法が、国連における特別条項に古いやり方が残っっているので、継続して日本で行っているだけで、古いやり方をやめて、すべて、新しいやり方に移行するということなれば、一部の代表者に信じられてないような巨額な資金を提供するような仕組みを構築することは無くなる可能性高いとお伝えします。



その理由は、国連軍が経済支援をする際に、自らの銀行システムを持っていなかったために、一部の人物い巨額な資金を預けて、分配してもらうという方法になったのですが、皆に分配できるデジタル通貨の技術とブロックチェーン技術があれば、資産分配が容易になり、あえて、一人の代表者に巨額な資金を預ける必要もなくなるのです。

 

みんなにとっては、使いやすくなるといえます。ただ、事業者は、ある程度まとまって資金が必要であるので、プロジェクトの事業計画に従って、資金を提供できる仕組みを追加で行うということで、通常は給付金のようになっていくと言えます。

 

今後、この様になっていくと考えられます。

 

もし、巨額資金を一発でほしいと思っているならば、この制度が変わらないうちに、早い目するのが、良いです。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アンバサダー|開発援助|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086| WhatsAPP:+81-7084017928

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。