【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

時代の流れと共に変化する資金の提供方法

企業育成資金についての話を書いています。

これは 簿外資金をオープンさせるというやり方ですけども 銀行口座 というのは オフラインにある資金 データ というものがあります その資金 データをある許可を出して オンライン上に出すということを行う。

このような仕組みによって資金が表に出るということを言うのですけども 銀行口座に多額の資金を一時預かりしている名義人 という方がいますが その方は 専門的に資金を預かって実際に育成資金などで 申請者が出てきた時にその管理している銀行口座から資金を提供するということを行っているのが 企業育成資金の仕組みになります。

 

ただ今少し 噂になっているのが この管理人の口座の仕組みというのが 今後なくなる可能性があると言えます。

 

今までは多額の資金を一定の指定された口座名義人の銀行口座に資金を入れて保管していましたけども これから銀行 システム 自身が新しく高額な資金を送金が可能となるブロックチェーンにおける送金システムというものもできてきますのでそうなれば 多額の資金をどこかの誰かに 一定期間名義人に預ける必要は全くなくなります。

 

つまり 名義人というのは 一時保管 人として申請者が出た時に資金を分配するという業務を行っている人ですから多額の送金がブロックチェーン技術を用いて自由に送金ができるようになってくると そのような口座管理人や 名義人と呼ばれる人たちは必要なくなっていきます 全て 本部における一括管理が可能になるということになるのです。

 

このような世界は 国際本部的な世界政府的なものが存在します これが グローバルサーバーなどと呼ばれているコンピューターシステムの頂点でそこで資金のデータというものが作られていますが そこからのデータによって世界中に資金が分配されているわけですが ダイレクトに直接取引がブロックされずにできるようになれば 正直な話 口座名義人 というのは 今後必要もなくなり 資金者制度という仕組み 自身が消えていく可能性があると言えます。

 

そのために今 囁かれているのが 従来の企業育成資金の形で資金が提供するという 銀行口座に一時保管しているお金から これはオフライン上でも銀行口座に一時保管している財源が存在しているから送金できるのであって そのようなことをわざわざ行わなくてもダイレクトに取引ができるようになってくると言えるのです

 

そのために 現在 銀行口座に保管している名義人の資金を使ってしまうというのか 出してしまおうという考えがあるようでいつもより基準が低くても 例えば今話になっているのが 今年の7月からは日本の銀行でも新しい銀行券が発行されますのでその前まで 6月末までで処理ができるならば 古い 仕組みで全部 管理 講座の資金を出してしまいたいために ハードルを下げて申請者を募集しているということになるかと言えます。

 

ですからもしかすると 今後 企業育成資金という仕組み 自身が変わってしまうのかなくなるということはないのですけども 銀行のシステム 自身が 今までのような口座管理 というものではなく これは名義人 や資金者っていうやり方ですよね 中央からブロックチェーン技術によって ダイレクトで必要なところに必要な資金を供給するという世界に変わっていくとなればこれ 実は資金者制度とか必要もなく 資金が本当に必要な人がダイレクトに申し込めばいい ただ単に それだけの話になります。

 

したがって そのようなことを考えても 仲介者がこのように一生懸命 絡んでやる このモデルというのは 今後なくなっていく可能性も大いにあるとも言えます。

 

つまり ブロックチェーン技術による送金というものが発展すれば わざわざアナログで仲介をする必要など一切なくなっていくわけです。

 

しかも 私も 業界の人間としてお伝えできることは この業界は もう隠さないというのか オープンにしていくという流れになっています。

 

 

つまり なぜ隠してきたか というのはこれは 銀行業界に対する配慮と昔はブロックチェーン技術がなかったので銀行の送金システムや銀行の口座を借りて資金の提供を行わなければいけないということで通常の銀行 業務を邪魔をしてはいけないということもあり 黙って処理をしていたというのが現状ですけども ブロックチェーン技術を持って ダイレクトに申請者との資金のやり取りが可能な時代になれば 正直な話 これを極秘にする必要もなく 必要な人は必要ですというような形でダイレクトに取引ができるような仕組みを組んでいてもおかしくないと言えます。

 

実はその仕組みというのはもうすでに出来上がっており ブロックチェーン技術による ミリタリーファンドから 資金調達ができる仕組みというのは すでに出来上がっています

 

筆者はその業界で仕事をしているのでよくわかっていますが そのような仕組みが出来上がっている中でアナログ的な銀行口座に資金を預けとき人が管理をして資金を提供するという制度というのが続くのかといえば これは物理的に難しいと思うんです。

 

このミリタリーファンドって呼ばれている国連軍における財源 この世界は非常にコンピューターを用いた効率化を考えていますので 効率化を考えている中でこのずいぶん昔から行われている銀行口座における管理体制や人間の個人的な名義を使った資金者制度 というのはそういう風なアナログ体制というのはもう必要ないということを判断されるのは時間の問題だと思います。

 

支援制度はなくならない 逆に言うと多くの方が ミリタリーファンドと呼ばれている軍事 財源から様々な 助成金を受けるチャンスが増えるのは事実だと思いますが 逆に言うと ただ単に 仲介 だけしたいという人たちにとってはあまり意味のない世界になっていくと言えます つまり 主催者側のやり方というのか 提供の仕方が変わってしまうというのが ポイントになります

 

 

ただ 移行期間として 時間もかかりますので すぐには全て 突然変わることはないのですが 今後 急激に その世界は変わっていくと言えます。

 

そのような認識を持って この業界を見つめていくことが重要かと筆者は思っております。

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。