【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

日本が世界の救世主になる絶対の理由は、答えはこれです。

■日本が世界の救世主になる絶対の理由は、答えはこれです。

 

筆者も色々考えましたが、外国支援もいいのですが、まずは、日本が世界を牽引しなければ、世界が救済できないことに気づきました。つまり、本当の意味で世界の経済を牽引できる資産があるのは、日本ということになります。

 

これからの時代は、金本位制度になっていきます。つまり、ゴールドバーが裏付けになり、資金を発行できる時代で、本来日本が持っているゴールドバーが日本に戻ってきて、世界を救済するようになります。

 

キャッシュとしての現金を多額にほんとうの意味で、作り出す事ができる国家は、日本以外ないです。他の国では、そこまでの資産はないと言えます

 

日本は戦争に敗退したことで、長年、日本の本来の資産力を発揮できないでいました。それがやっと世界的解禁になってきたことで、日本のゴールドバーの力、すなわち、天皇系ゴールドバーの担保力を用いて、世界で最もキャッシュを生み出すことができる国家と君臨していることになります。ただ、この資金を動かすには、問題はルールが有るわけです。つまり、このようなゴールドバーから資金を生み出すことができたとしても、資金の受け渡しできる人物の条件というのが、国際法によって決められています。

 

日本の場合は、東証プライム資本金300億円以上、銀行の代表権のある社員ということになります。これはあくまでも基準となりますので、製造業などでは、資本金200億円程度あれば相談することが可能になります。

 

つまり、これは明確に言えることは、天皇系ゴールドバーの担保力から生み出す、世界最大の資金力から資金を動かす手段というのは、これは、どこの誰でも良いという条件ではないのです。東証プライム資本金300億円以上、銀行の代表取締役が日本国民の中で唯一、天皇系ゴールドバーからの資金力から資金提供を受けれることが可能であると言えます。

 

この仕組みについては、なかなか不思議な世界といえますが、世界の通貨の仕組みというのは、頂点でマネーサプライを行っているのは、王族系ゴールドの担保力から生み出された資金力といえます。これが、マネーサプライを行うための地球上の頂点であり、その中でももっとも大きなゴールド担保力をもっているのが、日本の天皇系ゴールドバーといえます。これが、答えです。

 

それが、明確に理解できれば、確実に言えることは、まずは日本から資金を放出することで世界を救済することが出来る仕組みを構築できることになります。

 

都市伝説業界では、日本から救世主が生まれるということをよく見ますが、それは当たり前です。なぜならば、日本には世界最大の王族系ゴールドバーである「天皇系ゴールドバー」が世界を確実にリーダーとして存在しているからです。単純な答えです。

 

地球上での救世主となるといいますが、こんなの答えは決まっています

政治のリーダーは、意見は言えても、経済は作れません。つまり、経済が世界を救済することができるのですから、だれが、どこでマネーサプライをすることができるのか?ということが、その答えが、世界の救世主ということになります。

 

ぶっちゃけ、答えは出ています。つまり、この天皇系ゴールドバーの担保力を用いた資金を引き出すことです。つまり、引き出すというのか、このことは、長期管理権移譲渡資金といわれる契約に基づいて、資金を管理させてもらうことで、分配されます。

 

このことを理解することが重要です。

つまり、世界でもっとも金がある国家は、やはり、日本が世界の頂点ですが、資金の出し方が超限定的な仕組みを国際法で縛りがありますので、条件を満たした経済人を経由して資金を動かすことで、日本は世界を救済する救世主ということになります。

これは、簡単です、天皇系ゴールドバーの管理を行っている事務局と日本の東証プライム企業、銀行の代表者が世界の救世主となるのです。これが、100%正しい答えです。

 

それを案内するのが、日本全国に散らばる八咫烏の諸君です。皆の御霊の中に刻ままれた魂の記憶を感じ、今動くときです。全国から天皇系ゴールバーにから資金を受けとるための動きをスタートさせるときが来ました。これが世界の夜明け、つまり、天の岩戸開きになり、日本が世界のリーダーとしての救世主となる時が来ました!!

 

【公式】MSA総合研究所|MSA Research Institute|経営コンサルティング:シンクタンク|企業育成資金:日米償還金協定基準:東証プライム資本金300億円以上、銀行(代表権:個人)|米国財務省 SRP王族基金|SBLCの収益化:250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)国内情報| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。