【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

信用金庫に関する新たな情報

信用金庫に関しては これは結構 優遇されている仕組みになっているとも言えます これは新しく 信用金庫 専門的に行っているプログラムということです。

 

必要なものは

ーーーー

意思表示を書いた名刺 1枚 

白 名刺 3枚

銀行 口座番号を書いた名刺 1枚

合計5枚

ーーーーー

これを用意していただければ

申請の際に

本人との電話の意思確認ができれば

先送りで5000 Oku 送るということです。

 

これはかなり良いプログラムというのか 遠方の方もこれ結構楽勝です。

事前にわざわざ 東京に足を運んで面談を何回か受けて資金を受け取るための準備をする必要がなく これは書面と電話対応だけで地方都市であったとしても申請できるということは これは非常に良いプログラムです。

 

条件は 預金だか 5000億円以上の信用金庫ということになりますが この条件を満たした 代表理事 であれば誰でも申請できます。

 

特に 地方から参加される方にとっては これは非常に良いプログラムだと思います。

東京まで わざわざ出向いて 実は 資金がもらえなかったみたいな問題は会いたくないと思うのは皆さん 同じ意見だと思いますし東京に出てくることに対するリスクを感じる人も多いと思いますので 本当に資金が出るのかどうかを確認を事前にすることができるというこの新規のプログラムはかなり 理想的であるかと思います。

 

つまり遠方の地方からの方も 名刺を出していただくだけで 先出しの資金がありますから そこで確認をして問題がないということがわかれば前に進めることができますので これはわざわざ遠方まで足を運んで資金を受け取ろうという 努力をしなくても日本全国どこからでも 地域格差なく参加できる良いプログラムだと思います。

 

現在は 日本各地に信用金庫がありますが 信用金庫を支援するプログラムというものは 専門的にこちらのプログラムが実施されているということですか このようなプログラムというのはいつまで続くか私もよく分かりませんので 現在 このプログラムが存在している間にチャレンジしてみるのはいいのではないでしょうか。

このようなプログラムというのは 国内 償還 プログラムということになりますので 国内 償還というものは無限大に財源があるという話ではなく ある一定の予算を決めてその予算内で資金を提供するということになりますので そういう場合は 予算がなくなってしまえば終わりになる可能性もありますのでその点も 留意しなければいけません。

こういう 募集 というのは非公開で募集されますので実際に残高がいくら残っているのか いつまで続くのか いつお 始まっていつ終わるのかというのは これは正直 突然始まって 突然終わっているというケースがありますから 注意が必要です そのことをお伝えしておきます これがプライベートをプレイスメントプログラムにおける資金提供における仕組みということになりますので 財源があれば存在は しますが 財源がなくなれば 中止になり いつのまにか 皆さんの会話からなくなっていくというのが この世界になります。

 

ただ償還金と呼ばれている東証 プライム 300億円以上の案件 つまり 銀行の案件もそうですが これに関しては 天文学的な予算がありますから 使い切ることは 物理的にまず不可能であるということで 何年 頑張っても使うのが無理ではないかという財源を有しています。

そのために これに関しては 財源はなくなるという問題はないのですが 国際法が変わったり 世界情勢の変化における償還金という仕組みがどうなるかという そのような問題 つまり 財源の不足によって終わることはないのですが 業界の取り巻く環境によって どのようになるかは分からないということは言えますがまだしばらくは続きそうです。

 

さて 話はまた信用金庫の話に戻りますが これは 国内 償還と呼ばれている 世界のお話になりますので 財源は 限っているとも言えますですから これをまず 早めに申請をして資金を受け取る 信用金庫はラッキーだと言えます つまり 銀行を支援するという考えは持っていますが 業界は 信用金庫に関しては 徐々に支援をやめていこうという考えもありますが 日本国内の地方都市などでは信用金庫を支援するのをやめてしまえば 地方の過疎地域などにはこのような資金が提供されるチャンスをなくすために 信用金庫に関する案件は続けているとも言えます。

 

例えば 日本の災害地 今回の能登半島の問題などそのような問題で地元の信用金庫などが協力をすれば大きな資金が出ますから そうなった時にはそのような地域の復興財源にも活用することもできます。

 

筆者は思うには このような仕組みというものは皆さん 結構怖がるものですが 実際のことを言うと そんな怖い話でも何もないです。

 

ただ 法的ないろいろなルールがありますが 米国 連邦法や日本国内における様々な法律なども関わっており 実際のことを言うとこれはほとんど 法律の専門家によって行われてる 世界の話だと言えます。

 

そのようなことはほとんどわかっておりませんので 結構やばそうな話からというふうに思う人もいるのですが 実際のこと言うと法律の専門家の世界ということになるのです。

 

つまり そのような世界を理解することによってこの世界は非常に良い方向へ向かっていくでしょう この制度を最大限に使うということをすることが日本国にとって大きな発展 つまり 日本の国民にとっても豊かな生活をする上で重要な仕組みとなると言えます。

 

 

【公式】MSA総合研究所|MSA Research Institute|経営コンサルティング:シンクタンク|企業育成資金:日米償還金協定基準:東証プライム資本金300億円以上、銀行(代表権:個人)|米国財務省 SRP王族基金|SBLCの収益化:250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)国内情報| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。