【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

日本 国及び日本政府というものの本質を理解するとこの仕組みがよく理解できる

MSA 総合研究所のブログです

日本の本当の仕組み

 

このブログでは様々な角度から 企業育成資金についての説明を行っております

私たちの提案としてはどのようなことをお伝えするべきかということを常に考えて情報を発信しております

その中で 皆さんにお伝えしなければいけないこと というのは これは日本国と日本政府の違い というものをまずは 認識してもらいたいと思います

 

多くの方は日本国と日本政府と言われるとそれ 同じではないですか と言いたくなるのですが この企業育成資金の仕組みを理解する上では同一だと理解すると意味がわからなくなります

 

つまり 日本国というものは これは第二次世界大戦以降に統一された世界ということを理解してください

 

日本国はつまり 天皇家在日米軍によって統治された国家ということになります

 

日本政府というのはこれは 皆さんもよく知っている通り 三権分立によって国民サービスを行っている政府組織ということになります

 

つまり 我々が説明している内容は日本国が行っている 助成金 ということになります

日本政府ではありません 日本国が行っている助成金について説明しているのです

 

多くの皆さんは大きな資金が出るといえば日本政府が関与しているという風に考える方が多いのですが この資産を管理しているのは全て日本国であると言えます つまりこの日本国というものは 天皇家在日米軍における統一国家による管理資産となります

 

つまり 日本国というのは 天皇家在日米軍によって管理されている国家ということになりその下に存在するのが日本政府であり 日本国民を統治するための社会システムを構築していると言えます

 

ですから多くの日本国民も疑問に思うことがあると思います 日本政府には まだ上の組織があるのではないか などと言われていますがそれは単純な答えで分かります

 

つまり 日本政府の上の組織というものは 簡単に言えば 日本国です 日本国というのは 天皇家 及び在日米軍が統治する国家ということになるわけです

 

ですから 日本の資産というものは一体どこが大きく 管理しているのでしょうかという問題は日本政府が管理しているわけではありません 日本政府は常に財源不足になり借金問題で悩んでいるわけです

 

日本国は天皇家 及び在日米軍の管理下によって行われている国家ですから ここは正直な話 天皇家の元々持っていた資産が大量にありますので 財源はほぼ無制限と言えるほど存在しています

 

つまり 日本国が持っている財源から日本国内に資金を導入するためにはどうすれば良いかという問題に対して 我々がこの問題の解決方法について説明しているのです

 

もし日本が戦争に負けておらず 買っていれば このような仕組みは生まれていないかと思いますが 日本は第二次世界大戦で敗戦しておりますので 日本国の管理制度は天皇家 及び在日米軍によっての統一管理によって行われています

 

 

この資産を動かす場合にはどうすれば良いのか つまり 日本国が管理している簿外資産と呼ばれている巨大な資産をどのようにして日本国内に導入していくのか というのはこの唯一の方法について言えば これは 企業育成資金や 償還金という仕組みになります

 

つまり 日本国から提供される大企業向けの助成金を通じて 民間にまずは 資金を投入し そして民間に投入した資金から一部は 政府側に戻すということで 日本政府の財源にするというのがこのやり方になります

 

予定財源に関して言えば 日本国から提供された資金を民間の対象となる方を経由をして そして日本政府側に資金を一部導入していくということによって日本政府の財源確保につながる

 

このような仕組みになっていることを理解してください つまり 日本 国の財源をそのまますぐに 日本政府に導入することができれば 正直な話 民間にはチャンスはありません しある 意味 政府は財源不足に陥ることなど絶対にありません

 

ただこの仕組みは必ず 民間をブリッジしなければいけないという仕組みになっておりますので ここが難しいところというのが ポイントがあります つまり 日本国が持っている 部外資産と呼ばれる 巨大な資産を日本政府側に本当は大量に入れてあげれば増税など日本は必要ありませんが なかなかブリッジになる 民間人がこの仕組みがあるということを知らないのでブリッジができずに 政府側に財政法43条資金として臨時収入がないために日本政府は苦しんでいるわけです

 

ですから仕方がないので 増税しかないと政治家が声を高々言っておりますが その背景には 財務省が悲鳴をあげているというのは 財務省側は一体いつになったら日本国 つまり 天皇家 及び在日米軍側から提供される 資金が民間を経由して財務省の財政法43条資金として入れてくれるのかと待っているのですが全く来ないので困っています

 

これが実際の現状であり このことについて理解をしなければ日本国の経営が成り立ちません

 

財務省のホームページには財政法43条資金やこのような資金はありません と書いているのは それは当然です 財務省は この資金は持っていません これは日本国である 天皇家 及び在日米軍が管理している 統一国家によって所有されている資金から提供される財源であるからです

ですから 日本政府側の財務省に問い合わせがあっても いやそんなものは存在しません そんなものは我々は持っていません と答えるのは当然です なぜならば 日本政府側は この試算 つまり 簿外資金 と呼ばれている国家予算外資金を持っていないからです。

 

このようなことを理解してくれば皆さんもよくわかってくると思いますが この世界というのは 完全に仕組みとルールによって行われています

 

このような仕組みによって行われているということを日本国民が皆 勉強して知っていれば 日本の経済の復興など簡単に行いますが それを教えてこなかったということが 日本経済を停滞させてきた原因になっています

 

学校で勉強するのは日本政府が行っているような行政的なことぐらいまでは学校では教えてくれるのですがそれ以上上のことは誰も教えてくれません

 

つまり 日本国を復興させるために 一番重要なポイントというのは 日本国 つまり 天皇家 及び在日米軍が行っている 助成金 つまり 真の日本国が行っている制度について理解をしなければ この問題は100% 解決しないということになりそのことを 国民が理解をして対象となるが大手企業の経営者が協力すれば日本の復興は簡単です

 

ただ固定観念とチャレンジする意識がないというのか 愛国心のかける日本国民が増えてきたということもありますので 大企業 経営者であっても正直なかなか この世界を理解しろと言ってもまず不可能です 特に最近 感じるのは日本の経営者の多くはサラリーマン経営者が多いために株主の言うことは聞くが それ以外の言うことは聞かないという あまりにもロボットみたいな人が多すぎるというのが 日本経済の衰退を招いていると言えるでしょう

 

そのようになるのです 確かに 経済活動を考えれば株主の言うことを ロボットのように言うことを聞く人は良い人だという判断にはなるかもしれませんが これは日本国という国民国家というものを考えればそれで良いのかと言いたくはなるのですが 残念ながら 日本は完全に 株主 支配のサラリーマン社会になっておりますのでそのような人たちが 日本の経営者になっているということが 日本経済の衰退している最も大きな問題であると言えます

 

ただ そういうことを述べていてもしょうがないのですが問題に対してどのように解決するかというのは これは唯一の方法は 多くの方がこの問題について理解をしてその問題解決の方法を知ること つまり 教育以外 方法がないと考えています

 

よって我々 MS A 総合研究所としては 皆さんが この世界について深く理解ができるように分かりやすく説明をしております

 

同時に この資金が申請して本当に受けられるように教育をし そして 面接官を案内をするというのが我々の仕事でもありますので是非とも 私どもが行っている企業育成資金 つまり 償還金の仕組みについて深く理解をしてください これは日本政府がやっている案件ではありません

 

この案件は100%日本国 つまり 日本国というのは これは天皇家 及び在日米軍における統一国家によって管理されている資産から提供される助成金です

 

この助成金を動かすには 必ず 民間人の名義が必要になります そのことを理解してください それで対象となる民間人の名義があればその方を経由して資金を出しその資金の一部を日本政府側に入れます これが財政法43条資金 と呼ばれる 資金です

 

政府側はこのことに対して口出しをすると完全に NG となりますので 彼らは一切 公害はしませんが 内心 このような資金が日本政府に入れば正直 財務省は笑いが止まりませんし 嬉しくて仕方ありません しかし 民間側の協力がほとんどなければ全然 前に進まないために どうしようもないというのが 頭の痛いところです

 

そのために この問題を理解させるにはどうすれば良いのかというのは これは日々 訴えてここに問題がある 問題提起 はここだ ということを教える 以外 方法がないのです

 

皆さんもここまで簡単に説明すれば理解ができてきたと思いますよってこのことに対して活動をして対象となる企業の代表者の方にしっかり話しかけをしてその企業の育成および また日本政府に対する財源の補充 そして この業務で活動した方々の利益を得るために一生懸命頑張っていきましょうということで 我々 MSA 総合研究所としては この業務をサポートしています こんな面白い仕事はありません

 

つまり 政治によって経済を改革するということをよく政治家はおっしゃいますけども 実際のことを言うと 通貨 流通量と呼ばれているマネーサプライの世界は 政治の世界では実現できません 残念ながら 日本は戦争に 負けてからはマネーサプライ に関することは 日本国側の業務となっています つまり 日本国というのは 天皇家 及び在日米軍における統一国家における管理資産を動かすことによって日本国側のマネーサプライを行うということになっているのです

 

このことを理解していただければ 筆者が話している内容についてよく理解ができると思います 皆さんもう しっかり MSA 総合研究所 が話している内容を理解をして日本国の経済を復興させるために活動していただければと思います.

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。