【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

オフラインの世界からグレートリセットの世界へ

このオフバランスの銀行口座システムの基本をつくったのは、誰であるのか?ということを言えば、この基礎をつくったのが、日本の昭和天皇が主導しておこなったことだということが紹介されています。

 

つまり、日本の昭和天皇の命によって、集められたアジアのゴールド資産が、フィリピンやインドネシアカンボジア、タイなどに隠され、特に、フィリピンに多く隠されたのですが、その情報が、すべて同時、国際決済銀行(BIS)に記録されて、それが、この話題になっているオフバランスの担保口座に基礎になっているということです。

 

これは、米国が1933年にゴールドをすべて国有化する政策を打ち出してその結果に出来た制度ということであり、実は、その仕組に当初は、国際決済銀行の運営に携わっていた日本も強力していたということです。日本でもゴールド資産を集めるということが行われたということが歴史の記録にはあります。

 

そのような歴史の中で出来た仕組みということであり、これを行うのは、不換紙幣を作り上げるためには、複数箇所でゴールド資産を持っていれば、不換紙幣の実現ができないということで、一箇所にゴールド資産を集める計画が行われたことが、原因になっているということです。

 

ブレトンウッズ協定では、ドルのみが、ゴールドと交換できると宣言して、1944年から1971年のニクソンショックまでその流れで行き、その後、信用創造の世界になった。つまり、不換紙幣の実現をニクソンショックで実現できたことになります。そこから、信用創造の世界ということで、オフバランス口座による担保力が裏付け資産として裏で表の銀行システムを支援するようになった。つまり、銀行の資金管理システムが、2重構造になったといえます。

 

ただ、信用創造のみで通貨システムを行えば、一部に富の集中が起こるというのと、また、債務の問題が解決できないということがあり、不換紙幣ではあるが、ゴールドの裏付けをもった通貨の流通という世界へ移行して言っているというのが、今のグレートリセットの世界といえます。

 

つまり、作りすぎた借金問題は、オフラインの資金からオンランに動かすことを招待制の助成金として提供することが問題解決をしようとしているのが、今の現状と言えます。

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。