【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

王族資産の歴史を知れば、歴史の見えない部分が予想できる。

通貨の世界を研究していくと、実は、中国と台湾の関係、その背後には、中国の歴史的な王朝の資産と関係あるのではないかと思うのです。

 

そのことは、歴史的にはあまり知られている話ではないのですが、清朝から中華民国が建国され、その後、中華人民共和国が設立されました。実は、連邦準備制度の裏付け資産になっている米ドルのゴールドの担保は、多くはアジア王族グループのものであり、そして、その資産の多くは、中国の王朝、特に清朝のものが多く含まれていると言われています。

 

その中でも、歴史的には、中華民国が台湾に拠点を移し、中華人民共和国が1949年に建国をした歴史は、これは周知のとおりです。

 

その際に、中華民国のリーダーである蒋介石の関係者でひそかに、中国歴代王朝の資産を台湾経由で運び出されたと言われています。実は、この資産が、米国の連邦準備制度の米ドルを基軸通貨として支えるための担保口座に多くが登録されているということが言われており、中国歴代王朝の資産が、米ドルを裏付けで、多くの部分を支えているとも言われています。

 

米国にとっても台湾の問題は他人事ではないといえるのは、米国の通貨システムの裏付け資産として支えている部分があるからともいえるので、その部分が関係しているかと思うのです。

 

歴史的の言えば、この担保口座に関する王族資産が第二次世界大戦における表に見えない大きな原因になっているからです。

 

台湾有事の可能性など、いろいろ言われていますが、やはり、それは、通貨利権と戦争ということは大きく関係しています。ただ、そのようなことは、一般的には語られることはありません。

 

ただ、通貨の歴史や王族資産についての歴史について研究すると、そのことが、ちらほら理解できる部分があります。

 

つまり、王族資産と言われる米ドルを本当の意味で裏付け担保している資産が如何に基軸通貨を維持する上で重要であるかとういうことが米国および(連合国)における最重要事項だと言えるのです。

 

また、王族資産の話を言えば、日本もなぜ関係があるか?これは、日本銀行における資産、つまり、日本円の担保口座のゴールド資産もこの王族資産にも関係している部分もあります。

 

実は、この歴史なことがらは、非常に複雑であり、ただ、近代史ではそのことについては、語られることはないことから、近代史の歴史観が理解をするのが難しくなると言えます。

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。