【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

マネーサプライの世界を理解することは、国家の経済理論より大切である。

マネーサプライの世界を理解することは、国家の経済理論より大切である。

 

筆者も長年、日々使っているお金の世界がどうなっているかを研究して来ましたが、結論は、やはり、歴史的資産と言われる王族の資産と関係してきます。現在は、世界の王族グループの組織OITCが1995年から設立され、現在はワシントンに本部を設置しており、連邦準備制度の裏付け資産である担保口座の管理者となっています。

 

かつては、その立場は、世界銀行が行っていましたが、現在は、OITCの管理となっていますが、ただ、担保口座についての銀行システムは世界銀行のシステムを使っていると言えます。つまり、銀行ネットワークというのはすべてコンピューターシステムによって接続されていますので、そのデーターをやり取りするのは、すべて、コンピューター回線を用いて行われています。その中央集権制度と言えるシステムの頂点に位置するが、「グローバルサーバー」と言われるサーバーによって一元管理されて、そのサーバーが管理する情報を基に、資金データーが管理されていると言えます。

 

また、グローバルサーバーやプロキシサーバーなど、まさにインターネットシステムで知られているシステムと同じ仕組みによって、管理されていることが言えます。

これらのデーターは、すべて中央銀行システムの準備金における「M0」資金ということになります。M0資金データーから用いて、そのデーターを見て、各銀行が、実際に資金として使えるようにするのが、流通しやすい通貨としてのM1通貨として市場に流通させることができれば、市場に資金を流すことができます。つまり、M0からM1への切り替えということが、ある意味、帳簿外資金(簿外資金)から帳簿内資金に切り替えるということの意味になります。中央銀行などに保管されている担保用のゴールド資金データーはすべて、米ドルベースで計算されてデーターとして保管されているといわれています。

 

実は、日本でも多額の秘密の財源があるなどと言われていますが、これは、日本における準備金(ゴールド担保口座)のデーターが多額にあるといわれているだけで、これだけでは、実際に使えるキャッシュ(M1)資金になっていません。

 

日本にはどれくらいの担保データーがあるのか?日本の準備金の話などで話題になりますが、ある情報筋では、7万トンのゴールド資産による裏付けがあるということです。

つまり、日本の裏付け資産になる担保口座の準備金(ゴールド)は、裏付け資産として大量のゴールドが担保されているといわれています。つまり、その担保力は、9京米ドルの価値があるということですが、その根拠をどう計算しているか不明ですが、このデーターは、1966年のデーターということですから、当時は、1ドル=360円の時代でした。それで、1オンス=35ドルで固定という時代だったと聞いていますので、そのような基準をもとに計算しているのかと思いますが、詳細については不明です。いずれにしろ、日本に多額の資金を生み出すための担保口座上のゴールド資産としての情報はグローバルサーバー上では存在しているようです。ただ、この資金はすべて市場に流れているのか?といえば、このような担保情報というのは、ほとんど市場に流れていることはありません。

 

ある意味、この部分に存在している資金が市場に放出すれば、市場はお金に満ちることになりますが、そんなことは、行わず徐々に行うということになっています。

 

資本主義経済のおける仕組みというのは、通貨の流通が基本となりますが、通貨の流通の仕組みということをほとんどの方は知ることがなく、何がどうなっているか理解ができないと言えます。ただ、偶然ではなく、すべてコンピューターシステムによって一元管理されていますから、その仕組みについて理解することが実は、経済理論について勉強することより重要と言えます。

 

経済理論は、通貨流通の仕組みを持っていません。つまり、通貨におけるマネーサプライの世界は、すべてグローバルサーバーと言われるサーバーによって一元管理されており、そのシステムから如何に。自国に資金流通量を増やすか?つまり、マネーサプライを行うかということを考えて、作業を進めなければ、本当の意味での経済発展の仕組みは存在しないと言えます。

 

ある意味、通貨の世界は、ゲーム理論同じことだと言えます。ただ、これらの仕組みは、世界レベルのライセンスと世界法的な国際法規によってすべてが決められている仕組むで、自由に勝手に何かできることではなく、その法規従って、手続をする必要があります。

 

 

また、その作業は政府の仕事でなく、民間の国際金融の専門家によって行われている世界であるということを理解する必要があり、最終決定は、基本的には米国大統領予算管理局の監督という監督官庁が決まっています。現在における最終的な仕組みは、2020年より決定された法規ということです。

 

いずれにしろ、この世界について、深く知ることは、国家にとって重要なマネーサプライの世界と言えます。そして、その法規を理解して、その作業を推進することが、国際金融の真のプロフェッショナルの仕事と言えます。

 

【公式】MSA総合研究所|MSA Research Institute|企業育成資金:日米償還金協定基準:東証プライム資本金300億円以上、銀行(代表権:個人)|米国財務省 SRP王族基金|信用金庫 代表理事 預金高5000億円以上|SBLCの収益化:250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。