【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

通貨 利権に関するロビー活動という観点から

最近は企業育成資金の話だけではなく 通貨 ということをテーマにして物事を書いていくと 非常に 幅広い話になっていきます。

 

実はこの世界というのは通貨利権というものが多いに関係しています。

そのスタート の発端となるのがこれが連邦準備制度と呼ばれているアメリカにおける中央銀行 システムを作り上げた時の話に遡るわけです。

 

今から100年以上前の話となるわけですが 1910年頃 米国では様々な地方 通貨があり 非常に不便であったということがあり アメリカの地方の12の銀行グループが手を組んで 連邦準備制度を作ろうとしました。

それが 現在でおけるおける中央銀行 システムとなるわけですがこれはアメリカにおける12の地方銀行が集まって作られた組織ということになります。

 

つまり これらは 政府銀行というわけではなく 民間の12の地方銀行の経営 社会で作り上げた 銀行開組織ということになり 彼らはその権利を主張するために 中央銀行を認めさせる法案をするために相当な ロビー活動したということは 歴史的に知られています。

 

その法案が通り 現在に至るまでその連邦準備制度における利権構造は変わらず存在していることになり 彼らの 連邦準備制度を維持するために 様々なロビー活動が行われてきたことは 歴史的に知られていることです。

 

その中でも当時は 金本位制度である時代が長かってために銀行家としては金をどのようにして集めるのかというのが非常に大きな課題でした。

 

その時に ニューヨーク市長の出身であり金融グループの中まで 回った ルーズベルト大統領を選出をし金の国有化をスタートしたことが これが世界の大きな転換機となったわけです。

1933年からは米国は国民の金の保有を禁止をし 軍部が中心となり 全国民から金を集める作業を行いました そのことを行ったのが フォートノックスの陸軍基地に集められたことは知られています。

今でもここにある 金塊に関しては 米国財務省の監査をされていると言われています。

そのことにした場合 実は 国際決済銀行 を設立するにあたり 1921年にイギリス アメリカ フランスは日本に対して声かけをし 不換紙幣を作るために金を集めるということを計画しました。

 

つまりそれが 国際決済銀行を作る時のきっかけとなったわけですがその計画は1924年からスタートしたわけです。

1930年にスイスに国際決済銀行ができ 活動を始めたわけですが 1933年以降は世界的にゴールドを集めるということをスタートしたわけです。

日本は当然 アジア地区でのゴールドを集めるということを担当したために日本国内及びそれ以外では日本の植民地政策を行っていたような地域 特に中国やアジア 朝鮮 などから様々な 貴金属や ゴールドを集めたと言われています。

そのような中で集められた ゴールドは当時 アメリカ領であったフィリピンに隠されたことは知られています。

つまり これを見ればわかる通り日本はアメリカのゴールドを集めるという政策 つまり 不換 紙幣の規格に対して すでに協力をしていたということになるわけです。

 

それらのことは 歴史的に知られており 米軍もそのことは理解しており 日本軍がアジアにおけるゴールド 資産を集め 計測をしたことを理解した上で実はその背後では戦争を仕掛けようとした動きもあり ハルノートで記録されているように 日本と 米国は回戦することを望み その結果が日本が集めたアジアのゴールド 資産に関しては戦争に関わる資産ということで 差し押さえるということになったというのが この歴史的な事実であります。

 

つまりこのプロジェクト というのは 実は2枚仕立てあったということは後々 わかるわけですがこれは日本の天皇家と関係して行ってきたことであり 極秘事項であったため 軍部がそのことを理解せずに 米国との回戦を急いだということが結論として 悲劇を生んだとしか言いようがありません。

 

つまりこ この部分が 日本にとっての 一番痛手ということにはなるのですが この部分を考えてみればわかるとおりある 意味 仕組まれたと言えるのです。

 

戦争というものは 戦術と騙し合い というのは当たり前なのかもしれませんがある 意味 真面目すぎた日本の対応が痛い結果になったというのが 第二次世界大戦の最大の理由であると言えます。

 

つまりこのような企画をしたのが 実際のことを言うと 全てが 米ドルを世界の基軸通貨として認めさせるという企画があったからです

これは1944年 つまり 戦時中ですが ブレトンウッズ会議をアメリカで開き アメリカは その際に 米国ドルが唯一の基軸通貨であるということを世界に認めさせた瞬間に日本への攻撃を強めたと言われています。

 

その事実について 敗戦国である日本は語ることはないのですが ただ言えることは 国際決済銀行を設立したいという要望はアメリカ側から出てきたことは事実であり そして日本は協力しました それで アジア地区の王族 資産を集め それを保管した それを調査し データを全て国際決済銀行に残した その結果 それが完成するのがわかると別の意味での貿易 封鎖をアメリカが行い 陸軍や海軍が戦争を仕掛けるように手招きをしたというのが現実であり 実は一方では 協力をし 一方では戦争させたいと思う 両局面の動きがあったという事実が存在します。

 

そのことにより日本は米国との戦争をした結果 日本は結論として 全てをなくす 結果となったわけです。

そのことについては米国は1943年の時点から日本の占領政策 というのを決めていたということが当時の米国議会の報告書の中で残っています。

 

つまり ブレトンウッズ会議というのが 1944年 そして 日米開戦というのは 1942年頃からスタートしているわけですから もうすでに 1943年には 日本の占領政策 というものを決めていたということです。

 

つまり 日本 を完全に征服するにはどうすれば良いのかということを決めており 当時のリーダーは 銀行家グループから選出されたルーズベルトであったことを考えれば彼らの考えの中に若い命が亡くなったとしても 米ドルの権利を拡大させるということが目的であったということを考えれば なぜあのような戦争をしたのかというのが非常に理解できます。

 

そのことを理解する必要があると言えます。

 

つまり 第二次世界大戦というものは なぜ行ったのかというのはこれは 連邦準備制度における世界的展開を行うための基礎の礎を作るための最大の作戦であったと言えるのです。

 

つまり これは1910年頃はただのアメリカの地方銀行の集まりであったものが 連邦議会の承認を得て 連邦準備制度ということで 中央銀行 システムになり そして 米国の金融を牛耳ることになるわけです。

その後 ロビー活動によって 米大統領を自らの派閥から生み出し その結果 ゴールドの国有化を行い 金融政策の一本化をさせるための銀行 システムを作り上げたのですアメリカ国内だけの問題ではなく 世界全体を支配するための金融システムを作るにはどうすれば良いのかということで 世界全部の金を集めるという企画を考え それをどのようにすれば良いかを考えた時に自らは行動することを考えずに代理を作るための作業をしたわけです。

 

それに特に利用されたのが 日本とドイツということになるでしょう。

 

ドイツは第1次世界大戦に負けて多額の賠償金があるということで アメリカには頭が上がらないという状況があったのがあり そこで ヒットラーという人物を育て 目的遂行のために手段を選ばないというような世界を作り上げたと言える。

 

そして日本に関しても目的遂行するために 若き日本のリーダーをうまく指示をして アジア 王族 グループからの資産を集めた 特に 中国王朝の資産 また満州などのから様々なものを集めたことは 歴史的に知られています。

 

結論として そのような資産の多くは日本にも運ばれたものはあるようですが 多くは 米国領である フィリピンに極秘で運び それを山に埋めたことによって そのデータは全て国際決済銀行の担保 口座のデータとして未だに登録されているという事実が残っているということは現在 この資産を管理している 王族 グループの O I T C のレポートでも報告されています。

 

それらの事実を読んでみてもわかる通り この世界というものは非常に複雑で騙し合いの連続であった とも言えるわけです。

 

ただこの歴史を振り返ってみて思うのはこのような事実を理解している 当時の日本人は この事実に対して 第二次世界大戦後 すぐにアメリカ ニューヨークに渡り問題を訴えた結果 日本はそのうちの資産の半分を返してもらうという理由で日米 償還金協定というものが極秘で結ばれたというのが これが日本の償還金のスタートになっているというのが言えます。

 

ただ 当時のレポート を読めば 償還金協定というのは 資金を返すわけですが 特に直接的な資産を直接返すわけではなく そこで生み出された資金を産業育成のために提供するということを目的としたということであるので 現物資産は帰ってきたわけではないということになります。

 

つまり この世界というものは法定管理 資産として 米国に差し押さえられたということにはなりますが その資産の多くは米国に対して 日本は返還 依頼をしたが一切戻ってくることはなかったという結論になっています。

ただ 資金は返済するということで 銀行 つまり 連邦準備制度から 米ドル としてのキャッシュは戻ってきたということになります。

 

よってこの資金に関することは天皇に関する資金だなどと言われているのはこの米国と連邦準備制度を作り上げる際の一番のアジア 王族 グループの資産を集めるという点での協力事業を行ったのが 日本の天皇家であったということは知られています。

 

ただそのことに関して 現在における管理者というのは 1995年に O ITC 世界 王族 グループにおける会合において これ以上の更新は行わないということで 銀行グループからこの資産を貸し出さないということを決定したということで 現在における この資産の管理は連邦準備制度 というわけではなく OITCの管理になっており OITCの本部はワシントンにあり 連邦準備制度と並んで 存在しており その資産管理に関する部分は最終的には米国大統領 予算管理局によって管理されているということになっています。

 

このことに関しても全てをO ITC の公式ホームページで記載されている内容です。

つまり 現在におけるこの仕組みが今 非常に厳しい状況になっているというのはこれは 従来の銀行家グループ と呼ばれている連邦準備制度を作ったファミリーの関係者 それを活動してきた ロビー活動を行ってきたメンバーということになるわけです。

 

つまり ロビー活動を行ってきたメンバーというのが 実はこの世界の中に言われている DS などと呼ばれている世界に関係しているのではないか などと言われているわけです。

 

DS と呼ばれる存在の目的というのは 実際のことを言うと 連邦準備制度を保持するための様々なロビー活動を行うということを目的とする秘密的活動結社であると言えるのです。

 

ただ 現在における仕組みとしては その利権 行動がかつてのように 全てが 連邦制度におけるファミリーによって行えるという時代ではなくなってしまったというのがあります。

 

そうなれば彼らの活動というのは,あなたの展開を迎えるということになるわけですがその中で言われているのが彼らの活動というものは日本で活発化しているという噂にあります。

 

つまり 日本国内における様々な不思議な出来事を これは本当に日本の国のことを思って行っているのか などと思われることがよくありますがそれは日本人の中で今大きな疑問になっている点にも様々 言われています。

 

つまり そのような行動の中にも実は 彼らの動きが存在するのではないか 現在 彼らの動きの中で狙っているのは日本ではないか などと言われています。

 

つまり 米国国内での動きが難しくなり 米国国内でのロビー活動は思うように行かなくなり 結論として 現在は連邦準備制度における仕組みというものが 以前とは違う世界になってしまったということが言えるために最後の取り柄である日本に大きく 活動拠点を変えていると言われています。

 

最近はアメリカでは様々な情報が言われるようになり 報道の自由化などが言われておりますが 日本では報道自由度が低いと言われており また 情報統制 も行われており 日本は日本語という独自の言語のために世界の情報が入りにくいということで クローズされた社会の中で情報統制によって意識調整が行われている可能性が高いということを忘れてはいけません。

 

つまり世間一般的に言われている洗脳政策と言われているものです。

 

よってこの洗脳政策における最たるものというのが昔から言われている 3 S と言われている世界 スポーツスクリーン セックスなどと言われていますが それ以外の世界で言うと 完全に洗脳の世界というものが存在するでしょう。

 

最近では非常に話題になっているのが ワクチンの問題や 個人情報の登録などの話が いろいろありますが 日本人は本当の意味で注意しなければいけないこと というのはあるでしょう。

 

この話は一種の都市伝説として世間では言われていますが どこまで 都市伝説がどこまで真実か というのはこれは それぞれの人の判断ということになりますが

 

 目の前で行っている様々な法案などを見ているとこれは本当に日本国民のためになるのかと思うことが、最近は多く感じられますので そういう点でのロビー活動というものが存在するのではないかということを考えてしまうのは多くの人による共通することではないでしょうか。

 

 

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。