【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

見える世界と見えない世界が存在するが、それぞれの感じる力が大切な時代が到来した。



今回は、サイレントキラーについて話題にしていますが、大量破壊兵器の世界、つまり、人口削減計画を実現させるべき動きをしている国というのは、これは、一番狙われているのは、日本だと言われています。つまり、その理由は、連邦制度を作り上げたロビー活動グループの最後の砦が、日本であるからです。

 

米国では、実はトランプ政権時代に決められたいくつかの法案により、米ドル利権を作り上げてきたロビー活動家(DS)の利権構造が壊れる法案が決められたことが大きな原因となっているといえます。それは、銀行家から、王族への資産償還を推進したことです。そのために、かつての300人委員会は、勢いをなくし、その結果、王族グループへ資産償還が進んだことになります。

 

そうなれば、ワシントンにおける資産管理の法則は、一部の銀行家グループの世界から、完全に王族へ償還され、王族グループが、ゴールド資産を管理して、米大統領予算管理局が監査をして、送金手配は、連邦準備制度が行うという仕組みになりました。つまり、ゴールド資産の管理者が、第二次世界大戦で勝利したことで、銀行家グループが、王族グループから50年間の管理権を得ましたが、更新時期に、王族グループによる返還依頼により、継続して、管理権を得ることができなくなったと言えます。つまり、かつて、連邦制度における栄光は、過去のものになったことで、同盟国である日本に目を向けるのは、当然の流れということになります。

 

つまり、本社が自由にできなくなったと判断して、本社(米国)での活動から勢力を弱め、残るは、残された支店である日本での活動を活発化させようと考えるのは、当然のことだと言えます。

 

今日本で起こっていることは、ある銀行家のロビー活動家グループによる日本ののっとり計画とでも言える。人口削減計画が推進されているのではないかと言われています。それらのことを象徴するものが、ワクチンの世界と言われており、2020年以降のパンデミックの結果、ワクチンの推進をしたことが関係性があるのか、人口は急激に削減されていっています。これは、予想より早く、人口減少が進んでいるということです。

 

ただ、この話に対して、政府の見解は因果関係はないとしていますが、薬害エイズ問題でも、後々、間違いが発覚することがありましたが、結論、その時はわからないにして、それから、何年か、何十年かすれば、明確な結果がでてくることになります。

 

ただ、言えることは人類の経験のないこと、また、人類の経験のないワクチン投与を推進したことは、リスク管理については、十分考慮されたのか?ということは、緊急であったので、仕方なかったという理由を後々から言えるように、しているのかなどの憶測をすると、パンデミックとワクチンの世界は、この世界がどの動きであるのかを見極めることはソレアゾレの人の判断となりますが、判断材料を持たない限り、事前淘汰される可能性があります。

 

つまり、サイレントキラーの世界といえます。つまり、銀行家グループと言われる連邦制度利権を作り上げてきたロビー組織、DSが、米国内での活動が難しくなり、米国内でのロビー活動から、日本に拠点を移しているという噂が流れているということは、都市伝説かもしれませんが、噂レベルのことであっても、自己判断をする自らの判断力が試される時代になったと言えます。

 

その話を聞いて、読者の皆様はどう感じるかは、このブログの話のネタとして聞いてほしいのですが、あくまでも噂レベルの話であるので、このようなことは、長い歴史が証明することであり、今、すぐに見える簡単な話ではありません。

 

つまり、サイレントキラーの世界は、誰もわからないうちに実現することを工作するのですから、明確にわかることであれば、サイレントキラーの世界でなく、自然災害以外に、自然淘汰される仕組み、つまり、人口削減計画が地球にとって重要であるということを唱えるロビー活動家がいるのではないかと噂されており、米国では話題になり、日本にもそのような情報が流れ、日本でも一部の人たちの間で社会運動の原因になっていると言えます。

 

いずれにしろ、終末期であるの事実であり、今まで利権構造が時代とともに、壊れそうになったということで、最後の活動をしていると言えるのかもしれません。



ある意味、最終戦争的なことが、預言書で言われていますが、それが近いと言われる所以は、第二次世界大戦で掴んだ、成功を収めたロビー活動家の最後の活動が、最終戦争への導きかもしれないということを、予測できます。

 

つまり、台湾有事のついてのことや、サイレントキラーとしての人口削減計画など、噂がつきません。また、世界が不安定な時期になっていることは、その裏には、かつてのロビー活動の成功者グループが米国ではうまく活動ができなくなったことが、日本に拠点を移して、その中での一連の動きがあるかもしれないことを予測すると、それぞれ、個人としての自立を持つ心と他人任せにしないという精神を芽生えさせることが生存するうえで大切なことかもしれません。

 

つまり、良い制度は受け入れて、悪い制度は断るということが、国民意識として必要な時代になっていると言えます。他人事にでなく自分ごととして国家、生き方を考えることがこれからの時代に求められる生き方だと言えるでしょう。

 

つまり、エスカレーターのように、生きられるという時代は終了して、常に、落とし穴が準備されている性悪説の中で生きていくということを考えれば、生き方、考え方も変わってくるでしょう。








 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。